水槽を洗う正しい方法

1月 20, 2019
あなたの魚のために、健康的で清潔な環境を作る準備は良いですか?

一般的に、魚はあまりメンテナンスを必要としないペットです。魚が必要とするのは、少量のエサときれいな水、そして酸素です。この記事では、ペットの魚たちが健康で、リラックスして過ごせるように、水槽の正しい掃除の仕方をご説明します。

通常は、水槽は部屋の中の換気が良いところに置くべきです。水槽をどこに置いていても、大切なことはそれを常に清潔に保つことです。

水槽を掃除するために必要なもの

水槽 

まず、掃除を始める前に必要なものを全て揃えることが大切です。掃除をしている時に、水が水槽の外に飛ぶことがあるので、タオルも忘れずに用意してください。

もっとも気をつけなければならないのは、魚に与える影響を最小限に抑えることです。そのために、水は少量ずつ取り除いていきましょう。掃除に必要な道具のリストを紹介します。

・空のバケツ 1個

・清潔なタオル

・水槽掃除用のサイフォン

・藻類を掃除するスクレイパー

・水質調節剤

この記事もおすすめです。:ペットと面会が出来る病院

水槽を正しく洗う方法

水槽のある部屋

繰り返しますが、魚に与える影響を最小限に抑えることが最も大切です。

1、きれいなタオルを水槽の周りに置き、溢れた水を吸収できるようにします。タオルの量が十分でない場合は、その周りにさらにタオルを置いてください。

2、慎重に全ての装飾品を水槽から取り出して、スポンジを使い、お湯を流しながら掃除してください。

3、付着している藻類を全て洗い流すようにしてください。研磨剤のクレンザーは洗い残しがあると魚を傷つける可能性があるので、使用しないでください。また、掃除用の洗剤に含まれる化学物質は、魚に有毒です。

4、スクレイパーを使って、水槽の内側のガラスを綺麗にしてください。上下にゆっくりと動かしながら掃除してください。まず、スクレイパーの最も荒い部分を使用し、次に滑らかな面を使用します。

5、ネットを使って、水面に溜まった汚れを取り除いてください。

6、次にサイフォンを使って、水の一部を取り除きます。細い方を水槽の中に入れ、太い口の方をバケツの中に入れます。

7、水が出てくるまで、サイフォンを優しく、素早く動かします。ポンプがある人は、ポンプを使った方が簡単にできます。

8、サイフォンを汚れた砂利の上に置いて、汚れの一部を吸い取りましょう。サイフォンに詰まる可能性がある石を吸い取らないよう注意してください。

9、水槽に残っている水が15〜20%くらいになったら、サイフォンを取り出します。水槽内の全ての砂利を掃除する必要はありません。

10、綺麗にした装飾品を水槽の中に戻します。

11、蛇口から清潔な水を水槽の中に注いでください。この時、水が魚に当たらないよう、水槽の角からゆっくり注意をして水を入れましょう。

こちらもお読みください:岩塩ランプの5つの効能

水槽掃除に関する注意事項

水槽

・少なくとも1週間に一回は水槽を掃除しましょう。

魚に有害なので、漂白剤やあらゆる種類の洗剤を使用しないでください。

・魚に藻が成長している場合は、すぐに綺麗にする必要があります。

水槽の清掃用具を他のことには使用しないでください。そうしないと、魚にとって有害な細菌が繁殖してしまう危険性があります。

・水に浮かぶものを食べることで掃除をしてくれる魚(例小さなナマズ)がいますが、水槽に入れる場合は、必ずあなたの魚との相性を確認してください。

新しい水を入れる際は、その水温が水槽の中の水の水温を同じであることを確認してください。魚が水温の差によるショックを受けるのを防ぎます。

最後に、水槽内の魚の数が増えるほど水が汚れやすくなることを知っておいてください。

植物がある場合は、注意して取り除き、よく洗ってください。