早期発見に役立てよう!前立腺がん検査の実施方法

2月 9, 2020
特定の年齢に達した男性にとって、前立腺がん検査は不可欠です。この検査により、前立腺がんを早期に発見し、迅速に治療を開始することができます。

前立腺がん検査は、男性の間でしばしばタブーになることもある主題かもしれません。

多くの男性にとっては、プライバシーの侵害を意味したり、できれば避けたい検査でもありますが、医学の進歩によって、前立腺の検査が受け入れられるようになりました。

前立腺とは、男性だけが持つ臓器です。

膀胱の下にあり、尿道を囲んでいます。そして、精液になる液体を生成する機能があります。

加齢によって前立腺のサイズは徐々に大きくなりますが、これはすべての男性に起こる現象です。

80歳男性のおよそ70%が、異常な前立腺の成長をしていることがわかっています。

前立腺がんとは、男性の間で最も一般的ながんの1つですが、医学の進歩とともに羅漢率が高まっています。

女性の場合、子宮頸部細胞診とマンモグラフィが、女性特有のがんを早期に探知する検査であるのと同様に、前立腺がん検査は、男性にとっても予防ツールの一つと考えることができます。

前立腺がん検査は、PSA(前立腺特異抗原)検査と直腸診です。

どちらかの検査でがんの疑いがあるとなった場合、画像診断と前立腺生検検査を伴う第2の診断段階に進みます。

それぞれの前立腺がん検査の詳細を説明する前に、その検査を行うべき対象となる人について説明します。

前立腺がん検査の対象となる人

前立腺がん検査は、すべての男性を対象とするものではないことを明確にすることが重要です。

一般的に、どの年齢の人やどのような条件の人が前立がん検査を受けるべきなのかという指針があります。

主な指針は、患者の年齢と密接に関連しています。

  • 50歳以上:毎年または2年ごとに前立腺がん検査を受けなければなりません。
  • 45〜50歳:前立腺がんの危険因子がある場合、この年齢層はこの検査を受けなければなりません。たとえば、黒人種の子孫や、家族に前立腺がんを発症した人がいる場合です。
  • 40歳未満:40歳未満の人が前立腺がん検査を受ける必要は、ほとんどありません。ただし、前立腺がんと診断された近親者が複数いる男性の場合は、専門医が前立腺がん検査を推奨することがあります。

前立腺がん検査が必要だと医師が判断すると、PSA検査と直腸診が行われます。

これは、血液サンプルと診察室での直腸診による検査です。

検査結果が正常である場合、患者は1年以内に再検査を受ける必要があります。

危険因子がない場合、患者は2年ごとにPSA検査を受けるように推奨されるでしょう。

早期発見に役立てよう!前立腺がん検査の実施方法 異常を感じる男性

前立腺の問題の発生率は年齢とともに増加します

PSA(前立腺特異抗原)検査とは

PSA(前立腺特異抗原)検査が、前立腺検査の主な構成要素となります。

これは、前立腺で生成された物質の血中濃度を測定する検査で、患者が前立腺がんを発症している場合にPSA値が上昇します。

ただし、がん以外の理由によってPSA値が上昇することもあります。

前立腺がん以外で、PSA値の上昇を引き起こす可能性がある理由をご紹介します。

  • 経直腸的超音波検査
  • 前立腺炎:前立腺炎はPSA値を上昇させます
  • 前立腺肥大–良性前立腺過形成とも呼ばれPSA値を変化させますが、がんほどの上昇ではないと考えられます

男性のPSAの標準参照値4 ng / mL未満です。

4〜10 ng / mLでは前立腺がんの可能性があります。

PSA値が10ngを超える場合、がんの可能性は非常に高くなります。

こちらもご参考に:J&J、ベビーパウダー使用によるがん患者に455億円の賠償義務

直腸診(DRE)

直腸診は前立腺検査のもう一つの構成要素です。この検査では、患者の直腸に指を挿入して前立腺を触診します。

患者の不快感を軽減するために、手袋と潤滑剤を使って行われます。

医師や検査医師は、直腸に近い前立腺を触診し、しこりや硬化の有無を確認します。

何か異常が検出された場合は、別の検査が必要となる可能性があります。

PSA検査の結果が高い場合は、より精度の高い検査が必要です。

早期発見に役立てよう!前立腺がん検査の実施方法 診察を受ける男性

発見:前立腺肥大症の治療について

前立腺がん検査で異常が発見された場合

前立腺がん検査で何か異常が見つかった場合は、超音波検査などの画像検査が行われます。

そして必要に応じて生検が行われることもあります。

前立腺がんは、早期発見が不可欠です。

非常に早期に発見された場合、前立腺がんは予後の良い治療やコントロールが可能なタイプのがんです。

専門医は、前立腺がん検査の有効性の高さから、ぜひこの検査を受けることを推奨しています。

毎年の健康診断と前立腺がん検査が、その後の長い人生に大きな影響を与えるかもしれません。

  • Pow-Sang, Mariela, et al. “Cáncer de próstata en Latinoamérica.” Actas urológicas españolas 33.10 (2009): 1057-1061.
  • González Vidal, Elsie, et al. “Índice PSA libre/PSA total: una herramienta para la detección precoz del cáncer de próstata.” Revista Archivo Médico de Camagüey 11.6 (2007): 0-0.
  • Torres, Patricia Erazo. “Ecografía transrectal y cáncer de próstata.” Acta Médica del Centro 9.3 (2015): 61-64.