白い便の原因

· 2月 27, 2018
白い便が出たときは、病気の可能性を疑いましょう。本記事では、注意が必要な白い便が出る原因をご紹介します。

便の色や形は多様で、茶色や黒、そして緑色をしていることもあります。しかし、白い便が出たときは注意が必要です。

私たちは、便の形状や色から腸内と消化器官の状態を知ることができます。つまり便の色の変化は感染症や疾患を発症している兆候だと考えることができます。

白い便

便が白または薄い色である場合、胆道系(膵臓、肝臓、または胆嚢)に何らかの問題が生じている兆候を示しています。

便が茶色いのは、肝臓が分泌する胆汁酸塩によります。

便が白い場合は、肝臓が何らかの細菌やウイルスに感染して胆汁の生成を遅らせているか、胆管が閉塞している可能性があります。また、 消化器系が脂肪を正常に吸収できていない可能性も考えられます。

その一方で、便が黄色や灰色などの明るい色で)で油っぽい場合は「大腸炎」の症状です。

人生の中で何らかの便の変化や問題を経験するのは一般的で、シンプルなものから一時的なものまで、体からの警報から、命を脅かすものまでさまざまな便の変化を経験するでしょう。

便の硬さやニオイだけでなく、便の色からも様々なことがわかります。

こちらの記事もご覧ください:マグネシウムオイル:絶対に知っておくべき10の効能

白い便が出る原因

白い便に気づいたら次の原因を疑いましょう:

1. 薬

薬

 

ある特定の薬を服用すると、便の色が変わることがあります。

例えば結核などの感染症や下痢のような腸の病気の治療に使用される抗生物質は特に危険です。また抗炎症薬や経口避妊薬も白い便を引き起こす可能性があります。

筋肉増強剤として使われることがあるアナボリックステロイドは投薬誘発性肝炎を引き起こし、白い便の原因となります。

これらの症状は、投薬を中止してから数週間後に消えることがほとんどです。

2. 肝炎

肝炎はウイルスによって起こりますが、肝臓が炎症を起こしてA型、B型、C型肝炎を引き起こします。この中でもC型肝炎は非常に危険で、治療を開始しないと命の危険があります。

これらの肝炎の症状の1つに、肝機能不全に起因する淡白色の便があります。

3. アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は、アルコールの過剰摂取が原因で発症します。肝臓の炎症を誘発しますが、症状が現れるまでに要する時間は、アルコールの消費量により個人差があります。

アルコール性肝炎の症状は、疲労、浮腫、肝性脳症、黄疸などが含まれ、アルコール性肝炎またはウイルス性肝炎は、白い便を伴う肝硬変を引き起こす原因となります。

4. 胆汁性肝硬変

 

胆汁性肝硬変は、肝細胞が破壊された時に起こる、終末期における慢性および不可逆性肝疾患で、肝臓の胆管の炎症および炎症を引き起こします。

胆汁の流れが止まり、肝臓細胞に損傷を与えることが原因で 肝硬変などが起こります。そして肝硬変の症状の一つが白い便です。

5. ガン

ガン

いくつかの疲労感を伴うガンは白い便を引き起こします。

また膵臓ガン、胆道ガン、胆管を閉塞する胆道ガン(胆管がんや胆嚢がん)は、膵臓からの酵素が欠乏するため、便を明るい黄色または粘土色に変えます。

また食べ物が体内で完全に消化されず、栄養素が正しく吸収されないため、栄養失調や疲労感の原因となります。

6. 胆石

胆石とは胆汁の流れを妨げる胆嚢内で固化した老廃物で、硬化したコレステロールまたはビリルビンでできています。 胆石が非常に大きいと胆管を塞ぐため、便の色が薄くなります。

投薬による治療で胆石がなくならない場合は、手術で取り除く必要があります。

7. 原発性硬化性胆管炎

原発性硬化性胆管炎は、胆管に炎症を起こしたり、瘢痕組織を形成する疾患で、胆汁流が減少することで便の色が薄くなります。

しかしこの疾患は、投薬または手術によって治療が可能です。

白い便の診断と治療法

治療法

白い便は深刻な病気や健康状態を起こしている可能性が高いため、必ず医師の診断を受けて、その原因がわかったら必ず医師の指導に従いましょう。

正しい診断を受けるためには次の検査やテストが必要です:

  • 血液検査:体内にある種の異常が発生しているかを判断
  • CTスキャン:身体の内部イメージを生成して診断
  • 内視鏡逆行性胆管造影(ERCP):胆管系の詳細な画像を撮影する特別なMRI
  • 腹部の超音波検査:臓器の画像を生成し、すべてが正常であることを確認
  • 肝機能検査
  • 胆道の欠陥を特定するための手術

白い便の原因を治療すれば、便は通常の色に戻りますが、慢性病など変色の原因が完治不可能な場合は、白い色が続きます。

こちらの記事もご覧ください:腸内寄生虫が疑われる6つの症状

子供の白い便

子供の腸の状態を理解することは、健康状態や病気の特定に役立ちます。

白い便または下痢は、牛乳や体に合わない食品を摂取した時に子供によくみられることがある症状です。

子供の白い便の原因

  • 子供の食事の品質、量、調理法
  • 冷たい食品の摂取
  • 腸に損傷を与える寄生虫が原因の消化不良
  • 胆汁産生が正常に機能しない肝炎を発症
  • ウイルス

子供の白い便の治療法

子供の便が白くなったら、必ず医者に行きましょう。

白い便や下痢が続くと体内で脱水症状を起こし、水とミネラル塩などを必要とするため、脱水を避けるための水分補給を欠かさないようにしてください。

ノロウイルスなど、白い便を引き起こすウイルスや細菌が、抗生物質による治療が必要な場合もありますが、医者の診断と処方箋なしにロペラミドを含む抗下痢薬を子供に絶対に投与しないでください