寄生虫感染の6つの症状

9月 30, 2018
本記事では寄生虫感染が疑われる6つの症状をご紹介しています。2つ以上の症状が見られるときは、専門医に診断を受けることをおすすめします。

体内に寄生虫がいるというと、多くの人が気持ちが悪いと思ったり怖いと感じるかもしれません。しかし、寄生虫は、かなり一般的な感染であり、発展途上国にだけ起こるものではありません。

早期快復のため医師の診察を受け、その指示に従いましょう。今回は、体内に寄生虫が発生している可能性のある症状をご紹介します。

寄生虫とは?

寄生虫とは、他の動物の体内または体外に付着して栄養をとり,生活する動物のことを言います。感染経路は様々ありますが、最も一般的なのは口から感染する経口感染です。

幼虫は、牛や豚の生肉に隠れている場合があります。水や調理されていない野菜、フルーツに寄生している場合もあります。動物と接することによって感染することもあり、ネコ、イヌ、鳥類などのペットからの感染も珍しくありません。

寄生虫には多くの種類があり、様々な俗称や学名で知られています。それぞれ大きさや形も異なり、現れる症状も違ってきます。

 

寄生虫感染が疑われる症状

下痢

寄生虫感染の症状に苦しむ女性

下痢は多くの病気の一般的な症状であり、寄生虫によるものだけではありません。新鮮でない食品を食べた場合や、心臓や呼吸器の感染症など、多様な原因から下痢は起こります。しかし体内に寄生虫がいる場合も、非常に高い確率で下痢になります。

腹痛

寄生虫による腹痛は、断続的でかなり強いものなので、けいれんと勘違いする人も多いです。強い生理痛に似ているため、寄生虫による症状を無視してしまう女性もいます。

  • 寄生虫が原因の腹痛は、胃ではなく足に近い下部が痛みます。
  • 腸の壁が食べられ末梢神経を損傷された場合、強い痛みが感じられます。

こちらもご覧ください:
寄生虫駆除に効く2つの食べ物

発育の遅れ

トイレに座る子供

この症状は、子供や若者に一般的な症状です。寄生虫は人間の栄養を食べて生きるので、成長に必要なビタミンやミネラルを奪ってしまいます。

寄生虫感染している子供は背が低く痩せている傾向があります。また、日々生活するのに必要なエネルギーが不足しているようにも見受けられます。

もしもお子さんが毎日長時間睡眠をとっているのに起きた時に疲れているようであれば、寄生虫に感染している疑いがあるかもしれません。

疲労

疲労は、寄生虫に感染することによって起こる栄養不良の症状であると言えます。体内の寄生虫が栄養を奪ってしまっている場合、身体が弱っているような常に眠たい感覚を覚えます。これらの症状を感じた場合は、他の症状が現れないか注意しましょう。

乾いた咳

寄生虫感染の症状に苦しむ男性

腸内に棲みついて生きる寄生虫はたくさんいます。しかし、幼虫の時点では体内の他の部分で育つことがあります。

  • 幼虫の時期に肺や食道へ移動する寄生虫もいます。これにより繊細な細胞組織の炎症を引き起こすこともあります。
  • 風邪薬や喉の薬で治まらない乾いた咳は、寄生虫が原因かもしれません。
  • この症状はかなり辛く、痛みがある場合もあります。

ご存知ですか?:
寄生虫に対する自然療法

食欲の変化

寄生虫というのは身体にとって体内に棲む異物ですから、その存在を感じなくても身体は継続的に刺激を受けています。

この刺激が消化中の食べ物によるものか寄生虫によるものか脳は判断できないため、腸が満たされているサインだと誤解してしまいます。

こうして食欲に変化が起こり、少量の食事で満足するようになってしまう可能性があります。

また一方で、非常に多くの栄養を必要とする寄生虫もいて、この場合は栄養不足が起こります。すると以前より頻繁に空腹感を覚え、食事の量が増えるケースもあります。

今回挙げたいずれかの症状が出たときは、よく注意しなければなりません。2つ以上の症状が同時に現れた場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。

  • Aparicio Rodrigo, M., & Tajada Alegre, P. (2007). Parasitosis intestinales. Pediatria Integral. https://doi.org/10.1016/S1696-2818(11)70035-X
  • Agirrezabala, J., Iñigo, P., Miren, A., Iciar, A., Armendáriz, M., Barrondo, S., … Valverde, E. (2009). Parasitosis intestinales. Información Farmacoterapéutica de La Comarca.
  • Fumadó, V. (2015). Parásitos intestinales. Pediatria Integral.
  • Haque Rashidul. Human Intestinal Parasites. Scientist and Head of Parasitology Laboratory. J Health Popul Nutr. 2007 Dec; 25(4): 387–391. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2754014/
  • Miguel, E., & Kremer, M. (2004). Worms: Identifying impacts on education and health in the presence of treatment externalities. Econometrica. https://doi.org/10.1111/j.1468-0262.2004.00481.x
  • Morhouse, C. H. (1952). Intestinal Worms. British Medical Journal. https://doi.org/10.1136/bmj.2.4794.1152-a
  • Tabares, L. F., & González, L. (2008). Prevalencia de parasitosis intestinales en niños menores de 12 años, hábitos higiénicos, características de las viviendas y presencia de bacterias en el agua en una vereda de Sabaneta, Antioquia, Colombia. Iatreia.
  • Webster, P., & Kapel, C. M. O. (2005). Intestinal establishment and reproduction of adult Trichinella spp. in single and mixed species infections in foxes (Vulpes vulpes). Veterinary Parasitology. https://doi.org/10.1016/j.vetpar.2005.03.030