ソフトリフトについて知っておくべきすべてのこと

16 11月, 2020
ソフトリフトは、ボツリヌストキシンとヒアルロン酸を組み合わせた新しい顔の若返り法です。 ソフトリフトの手順や方法、そして効果など、本記事では知っておくべきすべてのことについて説明します。

ソフトリフトは、多くの女性にとって最新の美容の味方になる可能性がある若返り法の一つです。私たちの顔は、毎日の生活の中で「世界」に対して見せる部分であり、その見た目は重要な要素の一つです。つまり、顔を若く、そして自然に見えるようにしたいと願うのは一般的な考えと言えます。

幸いなことに、美容整形という分野における非侵襲的な施術であるソフトリフトは、自分の顔に大きな変化を与えず、また外科手術に頼ることなく老化に対処できるという利点があります。

ソフトリフトとは何ですか?

ソフトリフトは、性別や年齢を問わず、顔全体のバランスとかつての表情を取り戻すことで自然な効果を実現する方法です。現段階では禁忌がなく、見た目の若々しさを取り戻したいすべての人に適しています。

ソフトリフトは、専門医のクリニックで行われます。通常は1回の施術を受けた後、日常生活に戻ることができます。顔が著しく若く見えるという高い効果があり、ソフトリフトの効果は約4ヶ月持続します。

施術の侵襲性は最小限に抑えられていますが、必ず資格のある専門医が行う必要があります。また、専門医との事前の診察が、ソフトリフトが自分にとって合っている方法かどうか決めるのに役立つでしょう。

ソフトリフトについて知っておくべきすべてのこと 老化の兆候

ソフトリフトは、非外科的アンチエイジング技術で、一般的には、肌を若く健康に保つのに役立つ効果のある有力な若返り方法の一つだと考えられています。

自然なクロノエイジング

顔の老化は、動的シワ、静的シワ、コラーゲンとヒアルロン酸の喪失などにより、いくつかの変化が生じることで現れます。肌のたるみはその一例です。

顔の老化の他の兆候は次のとおりです。

  • 重力の影響による顔の輪郭の変化
  • 肌のハリがなくなる
  • ボリュームがなくなる
  • 肌の質感と色の変化

時間の経過とともに肌に現れる変化のすべてが、顔を老けさせ疲れさせます。ただし、ソフトリフトなどの手法は、これらの老化の兆候を軽減するのに役立ちます。

こちらもご参照を:首のお手入れに!首やデコルテに良いトリートメント

ソフトリフトを行う手順

ソフトリフトの手順では、次の2つの物質を使用します。

  • ボツリヌストキシンA型:顔面の筋肉の動きによって形成される動的シワの治療に適応されます。
  • ヒアルロン酸:永続的な静的シワを埋めるのがヒアルロン酸です。静的シワは表情が静止しているときに、より深く、より目立つことがあります。ヒアルロン酸は、顔と唇の輪郭の調和、または加齢によって変化した顔のボリュームの再構築に使われます。

International Journal of Biological Macromoleculesに掲載された研究によると、ヒアルロン酸は肌の見た目を改善するのに高い効果があります。

ソフトリフトについて知っておくべきすべてのこと シワが現れる場所

ソフトリフトでは、専門医がボツリヌストキシンA型とヒアルロン酸を注射します。

施術後の変化

ソフトリフトは、顔の老化の兆候と戦うのに役立つ非侵襲的かつ非外科的な若返り法です。より自然で、若々しく、そして自分が満足できる見た目になる効果があると言われています。ソフトリフトの最も良い点は、危険な手術を行う必要がないことと、美容整形手術に伴うダウンタイムと呼ばれる「休み」期間が必要ないことです。

ソフトリフティングは、最先のアンチエイジングトリートメント(ヒアルロン酸フィラーとボツリヌストキシンA型)を使用することで、顔全体の若返りを実現する高度な医療技術です。

施術が可能な場所

ソフトリフトは、老化の兆候を修正するために必要と思われる顔のあらゆる領域に使用できます。施術を行う場所や施術目的には、以下のものが含まれます。

  • 鼻の領域(隆鼻術とバニーライン)
  • 前頭領域(眉の隆起とおでこのしわ)
  • ほうれい線、目尻のしわ
  • 頬のボリュームの構築
  • 顔の輪郭の形成
  • 唇(ボリュームと輪郭と唇のしわ)

顔の若返りの最新のトレンドは、包括的な方法で顔を美しくしながら、自然で調和のとれた若返り効果を実現することを目指しています。

専門医による検診

ソフトリフトを行うと、顔のほぼすべての部分を改善することができます。1回目の施術からその効果を目にすることができるでしょう。

こちらもお見逃しなく:ヒアルロン酸で美しくなる

若返りの3つのR

従来の若返り技術は、専門医が顔の状態を評価するために2次元アプローチを行うため、これまでは単一のしわの治療だけを考慮する傾向がありました。

ソフトリフトは、若返りの治療法に革命をもたらしました。 ソフトリフトは顔を立体的に3Dで分析し、「顔の若返りの3 R」と呼ばれるものに関連する老化の兆候の全てに対応することを目的としています。

  • 筋肉のリラクゼーション(relaxation):ボツリヌストキシンA型を使用して動的シワを減らします。
  • 顔の輪郭再形成(Redefinition):ヒアルロン酸とボツリヌスを使用して静的シワを治療します。
  • ボリュームの再構築(replacement): ボリュームが失われた場所やバランスが保たれていない場所など、ヒアルロン酸を使って必要な場所にボリュームを再構築します。

これらのすべての理由からもわかるように、ソフトリフトは、最先端の顔の若返り技術を組み合わせた革新的な治療法だと要約することができるでしょう。

  • Small, R. (2014). Botulinum Toxin Injection for Facial Wrinkles. American Family Physician90(3), 168–175.
  • Sulamanidze M, Sulamanidze G. Facial lifting with Aptos Methods. J Cutan Aesthet Surg. 2008;1(1):7‐11. doi:10.4103/0974-2077.41149
  • Floyd, E. M., Sukato, D. C., & Perkins, S. W. (2019, May 1). Advances in Face-lift Techniques, 2013-2018: A Systematic Review. JAMA Facial Plastic Surgery. American Medical Association. https://doi.org/10.1001/jamafacial.2018.1472
  • Nigam, P., & Nigam, A. (2010, January 1). Botulinum toxin. Indian Journal of Dermatology. https://doi.org/10.4103/0019-5154.60343
  • Jankovic, J. (2010). Botulinum Toxin. In Encyclopedia of Movement Disorders (pp. 144–150). Elsevier Inc. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-374105-9.00098-8