ラジオ波を使ったフェイシャルケアの利点

28 2月, 2020
高周波を使った皮膚の引き締めやフェイシャルケアの人気が高まっています。新しい手法ではありませんが、徐々に改良されてその効果が高まっていると言われています。今回はラジオ波を使ったフェイシャルケアとその効果について説明します。

ラジオ波を使った高周波による肌の引き締めの利点が、様々な場所で語られています。

もちろん、ラジオ波による施術に対する批判もありますが、最近ではその手法が進化しています。

ラジオ波によるフェイシャルは、美容整形とは異なるアプローチですが、安価な上、短時間で効果が得られるため、美容整形の競争相手として考えられることもあります。

外科的な手法とは異なり、麻酔を必要しないラジオ波は、美容整形よりは副作用が少ない手法だと考えられています。

ラジオ波によるフェイシャルは、ラジオ波による温熱が真皮層にまで到達することでコラーゲンの生成と再生を刺激します。

温熱が皮膚に存在する細胞の一種である線維芽細胞を誘導して、新しいコラーゲンを生成することで効果が得られると考えられています。

これは顔だけでなく、首、臀部、腹部など、体のすべての場所で使うことができますが、ラジオ波による皮膚の引き締め効果は、特にフェイシャルケアで人気です。

一般的に、患者は1回ではなく、6回程度の施術が必要です。

ラジオ波を使った機器

ラジオ波を使った皮膚への引き締め効果を活用した、マッサージ、引き締め、刺激などの機能がある機器があります。

施術を行う前には、皮膚を清潔にすることが大切です。

特に温熱の作用を妨げる可能性のある化粧や、その他の物質を皮膚からすべて取り除いてください。

医師は、温熱の通過を可能にする物質である導電性ジェルを皮膚に塗ります。

ラジオ波による施術とヒアルロン酸を組み合わせて肌の引き締めを行うと、その効果が高まりますが、これは一般的な方法ではありません。

ラジオ波のシステムには3種類あります。

  • 単極:真皮深層に存在する脂肪組織を対象する
  • 双極:皮膚の表面層に作用する
  • 三極:単極と双極を組み合わせて、コラーゲンとエラスチンの生産を刺激し脂肪を取り除く、現在、最も推奨される有効性があると言われるシステム
ラジオ波を使ったフェイシャルケアの利点 施術を受ける女性

高周波デバイスに加えて、導電性ゲルが使用されます。

続きを読む:コラーゲンの生成を自然に増やす方法

副作用と禁忌

前述した様に、ラジオ波とは、高周波を体内に送り込むことで、体の深部の発熱が起こり様々な効果を生み出しますが、ラジオ波による引き締めの副作用は、皮膚に伝わる熱と関連があります。

痛みを伴う手法ではありませんが、真皮を膨らませて刺激するため、極端な場合は一時的にあざができ、その後消えることがあります。ただし、これは一般的ではありません。

一部の国では、ラジオ波による施術の後に顔面および三叉神経において伝導率が変化したことが報告されています。

この報告により、厳しい基準に基づいた使用法と使用すべきではない患者の明確な定義が生まれました。

ラジオ波の使用に関しては、国際的な合意に基づいた禁忌があります。

  • 妊娠中と授乳中の女性:ラジオ波を使った施術によって除去されるた脂肪細胞はリンパ系を通過し、授乳中の女性の胚や妊娠中の女性の胎児に到達します。
  • 腫瘍患者:腫瘍専門医は寛解から5年後まで、施術を待つように推奨します。
    ペースメーカーを装着している患者:ラジオ波からの温熱は、ペースメーカーの機能を変える可能性があります。
  • 深刻な心臓病の患者:ラジオ波による温熱は血管拡張を引き起こし、除去された脂肪は血液中を循環します。この状況は、心臓病を発症している患者にとっては危険です。心臓病を発症している患者は、ラジオ波による皮膚の引き締めを行う前に、必ず心臓の専門医に相談してそのリスクと効果を話し合う必要があります。
ラジオ波を使ったフェイシャルケアの利点 肌の若返り

コラーゲンの再生は、顔の高周波皮膚の引き締めの主な利点です。

詳細はこちらから:シワやたるみを予防するフェイシャルエクササイズ7選

肌の引き締め効果

世界中の専門家が、ラジオ波による肌への効果に関する科学的な研究を実施しています。

現時点では、ラジオ波によるコラーゲンの再生効果が証明されています。

ラジオ波によって新しいコラーゲンが生成され、肌が弾性を取り戻し、肌の引き締め効果やシワの解消効果が期待できるでしょう。

温度刺激により、ラジオ波が適用される患部の循環が増加します。これは、血液循環だけでなく、リンパの流れを促進することで老廃物の排出を可能にします。

研究から以下のことが明らかになりました。

  • 3か月の施術後、眉が最大1 mm上に持ちあがった
  • 治療を受けた患者の50%に、ほうれい線の改善としわの減少が見られた
  • 患者の60%の頬の輪郭が改善された
  • ラジオ波による施術を受けたユーザーの満足度が高い。

いずれにしても、ラジオ波によるフェイシャルを開始する前には、必ず専門医の診察を受け、治療は専門医の手によって行われることを確認してください。

  • Mayoral F. A. Skin Tightening With a Combined Unipolar and Bipolar Radiofrecuency Device. Journal of Drugs in Dermatology. 2007.
  • Fernández, R. Rodríguez, and M. Mayo Ávila. “La radiofrecuencia contra el envejecimiento de la piel.” Cuestiones de fisioterapia: revista universitaria de información e investigación en Fisioterapia 34 (2007): 70-74.
  • Pumarino Santofimia, R. García, and A. Sanchez Olaso. “Láser, luz pulsada, radiofrecuencia y otras fuentes de energía:¿ complemento ocasional a la Cirugía Plástica?.” Cirugía Plástica Ibero-Latinoamericana 34.1 (2008).