体内のコラーゲン生成を促進する方法

適切な食生活と少なくとも週に3回の運動習慣が、体内のコラーゲン生産を促すということをご存知でしたか?

昔から人類は、完璧を求め続けてきました。あらゆる側面で卓越性を達成するということは、世代を超えて受け継がれてきたものです。

具体的に肌の外観の面においては、人類は常に若々しく輝いていることを求めてきました

身体が社会の美の規範に沿うように無数の対策がなされてきました。実際、輝く肌を維持したいと願うなら、大切にし刺激すべき1つのたんぱく質があります。

それが肌の柔軟性とツヤを維持するコラーゲンで、美容に関連する最も大切なたんぱく質のうちの1つです。

体内のたんぱく質量の25%から30%を占め、結合組織全体の80%を占めます。体内のコラーゲン量を一定に保つことが重要なのはそのためです。

皮膚だけでなく、コラーゲンは身体を支える全ての要素の中に存在しています。例えば、

  • 筋肉
  • 靭帯
  • 軟骨

好むと好まざるとに関わらず、時に年齢は私たちの望まない結果をもたらします。年を経るとともに、体内でのコラーゲンの生成は減っていくのです。

しかし、美しい肌を保持するコラーゲン量を維持する方法はあります。そのポイントを見ていきましょう。

1. バランスのとれた食生活

サラダと巻き尺

バランスのとれた食生活を送ることは、必要不可欠です。全てのたんぱく質がそうであるように、コラーゲンの生成は摂取する食品と深く関係しています。

ですから適切な食品を選べば、コラーゲン量を維持することができるでしょう。

特におススメの食品は以下の通りです。

  • 大豆または大豆製品
  • ビタミンCが豊富なフルーツ
  • ゼラチン
  • 濃い緑の野菜(ホウレンソウ、キャベツ、アスパラガスなど)

また、次のような色とりどりの食品も適切です。

2. 自家製フェイスパック顔半分にパックをした女性

厳密な食事療法よりも自然療法に興味がある方は、コラーゲンの生成を維持するために役立つ材料がいくつかあります。

それらを使用すれば体内でより多くのコラーゲンが生成され、生き生きとした肌を保てるでしょう。必要なのは以下のような自家製パックです。

肌を若返らせる自家製フェイスパック

材料

  • ニンジンのすりおろし 1/2カップ(57g)
  • グアバ(生) 1/2個
  • ハチミツ 小さじ1(7.5g)
  • ビタミンEオイル 5滴

作り方

  • ニンジンとグアバを30秒間ミキサーにかけます。
  • 次にハチミツ、ビタミンEオイルを加え、さらによく混ぜます。

使い方

  • 顔の肌に、ある程度の厚めにパック剤をのせ、15分から20分間作用させます。
  • 時間がたったら、ぬるま湯で濡らした清潔なタオルでふきとります。
  • 最後に冷水で肌をひきしめ、清潔なタオルでやさしく水分を取ります。

3. ラジオ波

この技術は、電磁波の一種を利用するものです。真皮のより深いところに作用し、コラーゲンを生成する細胞を温めてより活性化させます。

  • エステティックサロンでは、異なる肌の層を温めるこの療法がセルライトやたるみの除去に使用されます。
  • この方法は、表皮を傷めることなく真皮を温める効果があります。

長期的にみると、古くなった細胞を新しい細胞に代わらせる再生をより深いところまで促します。同時に施術した部位の血行も改善します。

注意すべき点は、ラジオ波の照射後、その部位を日光に当てないようにすることと適切に水分補給をすることです。

4. 身体を清潔に保つ

禁煙マークを持つ女性

ここまでおすすめしてきた方法が、輝く肌を維持することにつながることは確かですが、もちろん清潔にも気を遣わなくてはなりません。

外部からの様々な汚れをしっかり取り除き清潔を維持しなければ、どんな方法を試してみても効果は見えないでしょう。

その他のアドバイス

このように、体内でのコラーゲンの生成を促進することは、地道で真面目な努力が必要です。

くり返しになりますが、健康的な生活スタイルを維持し、何事も過剰にならないようにすることが美しい肌を保つことにつながるでしょう。

カテゴリ: 美容 タグ:
あなたへおすすめ