ゼラチンを食生活に加えるメリット

1月 7, 2018
ゼラチンを食生活に加えると、骨関係の健康に良いってご存知でしたか? タンパク質のおかげで関節炎などを患うリスクが減ります。

ゼラチンは、料理でデザートやお菓子、その他様々なレシピでよく使われます。無色で半固形のこの物質、その成分のおかげで実は身体にも様々な利益をもたらしてくれます。

動物の結合組織から抽出され、コラーゲン、アミノ酸、ビタミン、ミネラルに富んでいます。

昔から治癒目的でも使われていますが、ほとんどの人には単なるお菓子のゼリーと思われていることでしょう。

そこで今回は、ゼラチンを日常的に食生活に加えると得られる6つのメリットについてご紹介していきます。お見逃しなく!

1.消化を助ける

へそ周りに両手をあててハートマーク

ゼラチンは親水性の食物です。つまり水に混ざりやすい、水分を保ちやすい性質を持っているということで、調理した後でも水分を含みます。

  • この性質が、胃酸を抑え消化を助けます。
  • 腸の蠕動を促し便秘などを防ぎます。
  • 含まれているグリシンが胃粘膜の再生を助けます。

 

2.肝臓の毒素を排出

肝臓をきれいにしてくれる食物というのはたくさんありますが、ゼラチンもその一つだと知っておいて損はないでしょう。

  • 必須アミノ酸の一つグリシンは、肝臓の組織に影響しうまく機能するのを阻む毒素を取り除くのを助けてくれます。
  • この物質はあらゆる排泄器官の働きを助けるため、血をきれいにする助けともなります。
  • フリーラジカルの悪影響を抑え、細胞へのダメージを修復します。

 

3.むくみを抑える

脚のむくみ

グリシンの必須アミノ酸が体のむくみのプロセスのバランスを良くしてくれ、慢性的な痛みなどを防いでくれます。

  • グリシンのアミノ酸は抗炎症性であり、感染などの影響を下げてくれます。
  • この物質が抗酸化成分と合わさり、ダメージを受けた組織を修復し細菌などの攻撃から守ります。
  • 質の高いタンパク質を多く含んでいることから骨や関節にまつわる痛みを軽減します。
  • 関節炎や変形性膝関節症などを予防します。

 

4.エネルギーレベルを上げる

カロリーが低い食べ物であるにも関わらず、ゼラチンはエネルギーを与えてくれるという性質があります。身体や頭脳活動をする際の私たちのエネルギーレベルを上げてくれます。特に疲れを感じたときに最適です。

  • ゼラチンを構成する90パーセントが質の高いタンパク質なので、エネルギーレベルを上げてくれます。
  • 筋肉を作ってくれ、スポーツをする際の生産性が上がります。
  • 含まれるアミノ酸は身体に吸収しやすいため、細胞がより簡単にその利益を受けやすくなります。

 

5.睡眠を助ける

眠っている女性

眠れないという問題を抱える人たちには、ゼラチンを日常的にとることが、問題解決への手助けとなってくれるかもしれません。

  • 睡眠の質と深く関わるホルモンの一種メラトニンの生産を助けてくれます。
  • 筋肉がリラックスしやすくなるミネラルも含んでいます。夜間の筋肉の痙攣などを抑えてくれます。

 

6.免疫システムを強くする

ゼラチンは、病院で病人の回復を助ける食物として使われやすい食材です。というのも、免疫システムを強くしてくれるからです。

  • ビタミンCとDを多く含んでいます。カルシウムやリンといったミネラルも含んでおり、免疫機能を強くしてくれます。
  • こうした成分が、タンパク質に加えて抗体の生成を助け病原体と闘ってくれます。
  • 脂肪もコレステロールも心配しなくて良いので、風邪やインフルエンザなど体の抵抗が弱っているときにかかりやすい疾患時に摂るのに最適です。

こうしたゼラチンの効能、ご存知でしたか? ゼラチンなんてただのデザートのゼリーと思っていたとしたら、これからはここでご紹介した身体へのメリットを心にとめておいてください。定期的に食べるとメリットがたくさんありますよ。

あなたへおすすめ