ソシオパスとは? サイコパスとの違いは?

ソシオパスは環境によって作られ、サイコパスは生まれつきというのは本当でしょうか? 一方のパーソナリティ障害と他方のパーソナリティ障害の違いを判断するのは簡単ではありません。しかし、この記事で、このテーマに焦点を当てて詳しく見ていこうと思います。
ソシオパスとは? サイコパスとの違いは?

最後の更新: 15 11月, 2022

ソシオパシーとサイコパシーは同義語として使われることがあります。しかし、どちらの言葉も2つの異なる状態を指しているのです。一言で言えば、ソシオパスは環境により作られるのに対し、サイコパスは生まれながらと言えるでしょう。したがって、この2つの概念は、多くの人が考えるほど似ていないため、それぞれを別々に扱うのが正しいです。

両者の診断は、反社会的人格障害(APD)というカテゴリーに含まれるという点では一致しています。 MSDマニュアルでは、「他人の結果や権利を無視する一般的なパターン」 と定義され、後述するような理由で、特定の行動をとる人たちです。

壊れた子供時代と社会性障害

まず、ソシオパスである人の心理を理解することから始めましょう。そのために、ベス・トーマスという少女の実際のケースをご紹介します。

ソシオパスについては、いくつもの研究や調査が行われています。この少女は、弟とともに、父親から性的虐待を受けていました。ベスは里親のもとで暮らすことになったが、その頃から非常に奇妙な態度をとるようになったそうです。

少女は動物や自分の弟を傷つけた(自分の性器を傷つけることも)り、ほとんど常に反抗的で、人前で自慰行為をしていました。

ベスは、幼い頃から父親から受けた暴力によって、幼少期を打ち砕かれた幼い子供だったのです。これは、彼女の非常に明瞭なインタビューの映像です。(動画はスペイン語)

https://www.youtube.com/watch?v=u7mlPo36knw

しかし、ベス・トーマスは普通の生活を送ることができたのでしょうか? 答えはイエスです。

冒頭で述べたように、ソシオパシーは環境によって作られたものであり、治療することができます。ベスは現在看護師をしており、普通の生活を送っています。彼女は、他の人に対する挑戦的な態度や行動を管理する方法を学ぶために、セラピーに通う必要がありました。

ソシオパスは、やはり精神的な問題を抱えた人であり、それを治療することで、社会で問題なく生活することができます。このような行動の問題は、最初から治療すれば、成人してからも存在する必要はないのです。

セラピーは不可欠であり、ソシオパスであることを自覚することが重要です。

ソシオパスはどのような人なのか?

ソシオパスとは衝動的に行動する情緒不安定な人であると説明することができます。このような人は何も計画していません。また、他人や動物を傷つけるつもりもありません。

ほとんどのソシオパスは、ベス・トーマスのように幼少期にトラウマとなるような経験をしたためにソシオパスになリマス。したがって、このことは、すべての人間の成長において、幼年期がいかに重要であるかを示しています。

精神病質【脳が異なる場合】

社会病質者がどのようなものであるかはすでにお話ししましたが、サイコパスの場合はどうなるのでしょうか。このような状況では、異なる脳を持つ人々が見受けられます。

Brain Asymmetries in Psychopathy(精神病質における脳の非対称性)による研究・調査のように、サイコパスと診断された人々の脳の構造に著しい違いがあることが実証されているものもあります。

また、前頭前野にも問題があり、人間が生まれた瞬間から脳が異なっているのです。したがって、サイコパスは生まれつきのものであり、特定の特性を示すのは彼らの脳であるため、トラウマとなるような幼少期を過ごす必要はない、と言えるでしょう。

これが、ソシオパスとサイコパスの主な違いです。

脳の構造 ソシオパス
さまざまな研究からのMRI画像は、精神病質者の脳がその構造と機能の両方で異なることを証明しています。

サイコパスはどのように振る舞うのか?

これらのことから、サイコパスとは、共感性が著しく欠如している人だと判断することができます。したがって、自分の利益のために他人を利用します。

サイコパス性のある人は、本当の友情を築くことができません。さらに、自分の行動を細かく意識し、計画しているのです。認知行動療法はある程度有効ですが、治療法はありません。

ソシオパスとサイコパスは殺人者なのか?

一般的な知識不足のため、ソシオパスやサイコパスは、殺人を犯すことができる人と混同されがちです。しかし、これらの障害と診断されたからといって、この人が他の人間を殺す能力があるというわけではありません。ただ、起こりうるケースがないわけではありません。

ソシオパスの衝動性とサイコパスの共感性の欠如を考慮に入れてみましょう。これによって、特定の状況下で殺人を犯してしまうことがあるのです。しかし、すべてのソシオパスとサイコパスが殺人者であるわけではなく、すべての殺人者がこの2つの障害のどちらかを持っているわけでもありません。

ソシオパスとサイコパスについて恐れる必要はありません。この2つの障害のどちらも持っていない人でも、人を操り、共感性をほとんど持たず、衝動的で、動物や人に危害を加える人はいます。

このような反社会的パーソナリティ障害について知ることは、ある人がなぜある種の行動をとるのかを理解するのに役立ちます。

こちらの記事もおすすめです。
心理学におけるロゴセラピーとは何ですか?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
心理学におけるロゴセラピーとは何ですか?

調和のある生活を送ることがより困難な現代社会では、自分の人生がどこにも向かっていないように感じる機会が多くあるかもしれません。人生や自分の存在の意味がわからないと感じたことはありませんか?今回の記事では、ロゴセラピーの詳細についてご紹介します。



  • Cajal, M., Irurzún, JI., Nadal, Z., Solimena, N., Widensky, BS., Reyes, P., & Díaz Videla, M. (2018). Psicopatía, criminalidad y maltrato animal. Antrozoología, multidisciplinario campo de investigación, 112-133.
  • Ericksen, L., & do Nascimento, M. C. L. M. (2018). PSICOPATIA, INFÂNCIA E (IR) REVERSIBILIDADE. Revista FIDES9(1), 77-100.
  • Macedo, F. L., & Masnini, L. A. (2019). Psicopatia e sociopatia: uma revisão da literatura. Revista InterCiência-IMES Catanduva1(3), 52-52.