酸素療法って何?その目的は?

6月 26, 2020
酸素療法は、慢性の呼吸器系疾患の治療に使われています。ですが、近年では美容業界でも使用されています。

酸素療法は、酸素を高濃度で与える治療です。その目的は、低酸素症や血液や組織の酸素欠乏症を治療することです。また、専門家は主に、慢性の呼吸器系疾患の治療としても指摘しています。さらに、近年では、美容業界での使用も成功を収めているようです。

酸素療法って何?

酸素呼吸器をもつ医療関係者

酸素療法は、組織への酸素の供給量を増やしますため、ヘモグロビンの運搬能力が最大まで増します。慢性気管支炎やCOPDなどの病気や特定の疾患の状態を和らげてくれ、また、肥満からくる肺胞の換気低下やひどい喘息にも良いでしょう。

現在では、このタイプの治療は美容目的でも使われています。特に乾燥肌やオイリー肌、疲れやシワが気になる肌に使われます。また。目の下のクマやシミなどを減らす効果も期待されています。一方で、必要とする水分を肌に与えてくれますコラーゲンの生成を刺激し、肌が若々しくなります。ですが、まずは、酸素療法がどのように働くかを知っておきましょう。

酸素療法の種類

酸素療法の利用は、呼吸器系の疾患治療の鍵です。だから多くの医師がこの方法を処方しているのです。最も一般的なタイプをご紹介しましょう。

平圧酸素療法

平圧酸素療法は、異なる濃度で酸素を投与します。普通、この療法は21〜100%の濃度で行われます。よくある投与方法は、鼻カニューラやマスクです。

こちらも合わせてどうぞ:急性の重症喘息:その症状と治療法

高気圧酸素療法

このタイプの酸素療法では、100%の酸素を運びます。高気圧酸素療法では、患者は圧力室に入り、ヘルメットやマスクが使われます。

この療法の目的は、ヘモグロビンを通して組織への酸素供給を増やすことです。体に酸素がたくさん入ると、肺胞内により圧力がかかり、ヘモグロビンのサチュレーションを引き起こします。したがって、肺胞気酸素圧は上がり、呼吸器系や心臓の働きが下がります。その結果、体は酸素の圧力を維持できるのです。

起こりうる合併症

他の治療と同じで、酸素療法から合併症が起こることがあります。不適切な酸素濃度から起こるのが典型的です。ですが、治療時間が過剰であることが原因となることもあります。

主な症状は次のようなものです。

  • 気管支炎
  • 粘膜繊毛クリアランスの損傷
  • 急性肺損傷
  • 気管支肺異形成症

さらに、冷たく乾燥したガスの中で呼吸をすることによって、粘膜の乾燥や涙が出ることもあります。また、粘液線毛輸送機能の低下や痰貯留、痰密度が高くなるなどの症状がでることもあります。

こちらも合わせてどうぞ:気管支炎を自然に治す方法

投与経路

酸素呼吸器 酸素療法って何?その目的は?

患者が自発呼吸をしている場合、酸素療法は鼻カニューラか酸素マスクを使って行われるでしょう。酸素マスクには次のようなものがあります。

  • ベンチュリーマスク:ベンチュリーマスクは、一定の酵素濃度を維持できる。装着中は、食事や話すことはできない。また、患者は熱を感じたり、皮膚が炎症を起こすこともある。
  • 簡易酸素マスク:口と鼻を覆うタイプの柔らかいプラスチック製のデバイス。吐き出した空気が出て行く側面開口部がある。漏れを防ぐためにはゴムバンドの位置が正しくなくてはいけない。

またその他、低流量システムというものもあります。このシステムは、最低限の酸素を必要とする人向けです。また、高流量システムと高圧室が使われることもあります。ですが、自発呼吸できない患者は、人工呼吸器を用いて治療されるべきでしょう。

まとめ

このタイプの療法は、医師の処方に従って行われるものです。また、現在では、健康問題を解決するためだけでなく、美容目的でも使われているということを知っておきましょう。

  • Ortega Ruiz, F., Díaz Lobato, S., Galdiz Iturri, J. B., García Rio, F., Güell Rous, R., Morante Velez, F., … Tàrrega Camarasa, J. (2014). Oxigenoterapia continua domiciliaria. Archivos de Bronconeumología. https://doi.org/10.1016/j.arbres.2013.11.025

  • Desola, J. (2009). Indicaciones actuales de la oxigenoterapia hiperbárica. FMC – Formación Médica Continuada En Atención Primaria. https://doi.org/10.1016/s1134-2072(09)72308-4

  • Donaire, E. C. V. J. G. (2014). Sistemas de oxigenoterapia. Manual Separ De Procedimientos.