人工呼吸器による治療

10月 7, 2019
重度の火傷と吸入性損傷を負った患者への治療アプローチは、挿管と人工呼吸を使って気道の透過性を確保することです。

人工呼吸器は、重度の吸入性傷害を負った火傷患者などへの治療に使われます。

重度の火傷を負った患者は、呼吸器系への火傷を伴い吸入性損傷を併発していることが多くあります。

吸入性損傷は、身体の多くの器官系に影響を与える外傷が原因で起こり、火傷だけでなく、一酸化炭素およびシアン化物中毒が含まれる場合がありますが、火災などによる、非常に高温のガスを吸入することに起因すると考えられます。

火傷患者の2%が吸入性損傷を負い、火傷の体表面積が大きいほど吸入性損傷を併発している可能性が高くなります。

火傷を負った患者にとって、吸入性損傷は生死に関わる要因であり、残念ながら、火傷患者の死亡原因の約半分は吸入性損傷によるものです。

気道と肺への損傷は、吸入した煙の成分、暴露の程度、およびそれに対する人体反応によって異なります。

ご存知ですか?:火傷をしたらするべきこと

呼吸器損傷

火傷患者の人工呼吸器

熱と有毒ガスによる外傷は、上気道の損傷と閉塞を引き起こす傾向があります。

患者の年齢が若くなればなるほど、症状はより重症化します。

症状は通常、最初の12〜18時間に現れますが、最大72時間かかる場合もあります。

呼吸器の損傷は、火傷を負った人が即死する主な原因です。

火傷にはいくつかの異なるタイプがあります。

  • 熱損傷:高温による損傷は中咽頭に限定されますが、これは声門が反射的な閉じる事と、これらの組織の熱放散能力が高いためです。
  • 気道熱傷と吸入性損傷:水溶性ガスは粘膜からの水に反応し、強酸が放出され、呼吸性アルカローシス、浮腫、気管支痙攣が生じます。溶解性の低いガスは呼吸器系の最も遠い点に到達し、そこで外傷を引き起こす可能性があります。主な毒素は一酸化炭素ですが、火傷の原因となる別の有毒ガスはシアン化水素です。
  • 内因性の肺損傷:広範囲の火傷を負った患者は、進行性の呼吸不全を発症する場合があります。気道への直接的な損傷がない場合でも、呼吸不全を発生する可能性があります。

呼吸器系損傷の診断

吸入性損傷では、臨床的な診断が行われ、全体として、火事や閉鎖された空間で高温のガス漏れが発生して意識を失った場合は、医師は呼吸器系の損傷を疑います。

吸入性損傷を発症している可能性のある兆候には、鼻毛が焼けている、濃い色の唾液、顔面および鼻孔の火傷、咳、かすれ声、喘鳴が含まれます。

また、口腔咽頭の粘膜の変化を調べることで、補完的な診断として、肺および全身の損傷の診断に役立ちます。

こちらもご参考に:やっかいな痰を取り除くための植物療法ってなに?

人工呼吸器による治療

手術室での人工呼吸器の使用

肺への損傷がある場合、その症状は数時間後に現れます。

このため、火傷の被害者に肺外傷の疑いがある場合、医師はすぐに人工呼吸器を使用する必要があります。

ただし、吸入性損傷を負った重度の火傷患者に対する具体的な治療法はなく、医師は挿管と人工呼吸器を使って、気道透過性を確保することに集中します。

重症の場合、専門医たちは患者の肺をきれいにし、感染があれば抗生物質を投与します。

挿管と人工呼吸器

挿管は、吸入性損傷のある患者の最大50%までが必要とします。

重度の症例では、大口径のチューブを使用した早期挿管が必要です。

重度の気道浮腫のある患者に対して挿管が間に合わない場合、気管の切開が最後の手段となります。

人工呼吸器の目的は、酸素を体内に送り呼吸を維持することです。

医師が使用する呼吸器の種類は、肺の損傷度合いによって異なりますが、許容性の高炭酸ガス、一酸化窒素吸入、高周波換気、および体外膜酸素化を伴う従来の呼吸器などがあります。

その他の治療

残念ながら、コルチコイドや抗生物質の投与を含む予防措置は有用ではなく、いくつかの研究は、コルチコイドには、肺感染症と死亡のリスク増加に関連があると示しています。

重篤な状態の患者に吸入損傷がある場合は、体液を拡張させる必要性が高まります。

  • Gutiérrez Muñoz, F. (2011). Ventilación mecánica. Acta Médica Peruana.
  • González-Cavero, J., Arévalo, J. M., & Lorente, J. A. (1999). Tratamiento prehospitalario del paciente quemado crítico Revisión. emergencias.
  • Cachafeiro Fuciños, L., Sánchez Sánchez, M., & García de Lorenzo y Mateos, A. (2019). Ventilación mecánica en el paciente quemado crítico con inhalación: ¿podemos evitarla? Medicina Intensiva. https://doi.org/10.1016/j.medin.2019.02.008