身体症状だけじゃない!ガンの心の健康への影響

他の慢性変性疾患と同様に、ガンは著しく感情面などの心の健康に影響を与えます。詳細については、本記事をこのまま読み続けてください。
身体症状だけじゃない!ガンの心の健康への影響

最後の更新: 06 4月, 2021

ガンは、世界中に最も蔓延している病気の1つです。 2018年だけでも、1,810万の新たな症例がありました。さらに、患者の数は今後数十年で増加し、2040年には新しく診断される患者が2,950万人に達すると推定されています。今回の記事では、ガン患者の身体面の健康だけでなく、精神面など心の健康にどう影響するかについて説明します。

ガンの発症にはさまざまな原因があると考えられています。その一例は、たとえば、遺伝、感染症、放射線や化学的な発がん物質への曝露などがあります。また、ライフスタイルがガンを発症する原因となるケースも多くあります。

タバコ、アルコール、座りがちな生活などの生活習慣、慢性ストレス、肥満、および十分な栄養を摂取しない食生活は、悪性腫瘍を発症するリスクを直接的または間接的に増加させる要因です。

ガンは時間の経過とともに発症し、死亡率が高い他の病気と同様に、非常に深刻な方法で私たちの感情面である心の健康に影響を与えます。

ガンの診断に対する患者の反応

ガンという診断に直面したとき、人々は非常に異なる方法で診断結果に反応します。この反応は、患者の性格とガンが彼らにとってどのような意味を持つかによって異なりますMoorey とGreer(1989)の研究よると、患者は自分の適応スタイルに従って反応します。よくある反応の中から最も多い5つをご紹介します。

  1. 戦う:病気に対して積極的な態度で情報を求め、治療に関与します。
  2. 拒否:ガンの診断を受けたという問題について話さず、まるでガンと診断されていないかのように行動します。
  3. 宿命論:自分の考えを裏付ける客観的なデータがあるかどうかにかかわらず、考えられる最悪のシナリオに自分の身を置きます。
  4. 絶望:憂鬱な状況を助長する過度に否定的な考えを持っています。
  5. 不安:患者は、病気が原因で起こる不確実性の管理に苦労します。
    身体症状だけじゃない!ガンの心の健康への影響 診察中

    こちらもご参照を:乳がんについて知っておくべきこと

患者の感情は時間とともに変化しますか?

患者は、病気のさまざまな身体的な症状の段階を経験するのと同様に、考え、意識、そして感情が変化します。

治療により治癒の可能性がある場合と部分寛解の場合では、患者の感情が大きく異なります。また、再発、転移、または末期である場合など、ケースごとに感情が異なるでしょう。

つまり、患者の性格とガンの病期によって、患者がどう適応するかが決まります。

ガン患者の不安障害とうつ病

不安障害とうつ病は、ガン患者の最も一般的な心理的反応です。

うつ病

さまざまな研究によると、うつ病の有病率は、研究対象となる人と患者の病期に応じて、患者の4%から58%の間で変動する可能性があります。

平均は約40%で、一般の人と比べて非常に高い割合です。

うつ病のエピソードは、ガンの症状の管理が困難になる可能性があり、患者はより頻繁に治療を拒否するかもしれません。

このため、周囲の人々がうつ症状に精通することが大切です。また、精神腫瘍専門医や患者に感情面のサポートを提供する人とコミュニケーションをとる必要があります。

身体症状だけじゃない!ガンの心の健康への影響 治療中の患者


不安障害

ガンにより患者が神経質になり、激しい恐怖を感じる多くの状況を引き起こす可能性があります。最も一般的な原因のいくつかは次のとおりです。

  • 診断時の反応性の不安障害
  • 不確実性を管理することの難しさ
  • 以前に発症した不安障害の再活性化:恐怖症、パニック発作、全般性不安障害または心的外傷後ストレス
  • 肉体的苦痛と痛みへの恐れ
  • コントロールの喪失感
  • 実存的苦悩
  • 薬理学的治療そのものによって増大する不安障害
  • 家庭環境に関連する痛みに苦しむ
  • 治療への恐れ(副作用、手術、身体的および心理的影響)
  • 死への恐れ

続きはこちらから:がん治療の副作用について

感情的なサポートが重要

近年、様々なガンの種類においてガンの生存率が改善されていますが、それでも多くの患者にとって致命的な病気だと言われています。

多くの場合、友人や家族は検査結果や生検に重点を置いており、ガンが感情面の健康に影響を与えることを忘れがちです。また様々な研究は、患者の苦しみが非常に深刻になる可能性があることを示しています。

最後に、家族や友人が、患者の感情面をどのようにサポートできるのかを学ぶことが大切です。セラピストや精神腫瘍学の専門家と相談して、特定のトレーニングを受けることも可能です。

それはあなたに興味があるかもしれません...
無視してしまいがちなガンの兆候8つ
みんな健康Read it in みんな健康
無視してしまいがちなガンの兆候8つ

ガンは深刻な病気ですが、早期発見すれば治すことができます。ガンには多くの人が無視してしまいがちな一般的な症状がたくさんあることをご存知でしたか? だからこそ、予防をすることや自分の体に耳を傾けることがとても大切なのです。体の状態によく注意することは、手遅れになる前に発見するための唯一の方法です。



  • García-Fabela, R. Prevalencia de depresión en una población de pacientes con cáncer (2010). Gaceta mexicana de oncología, Vol. 9 (3), 89-93. [último acceso el 10/05/20]. Disponible en: http://www.gamo-smeo.com/temp/GAMO%20V9%20No%20%203%20mayo-junio%202010.PDF#page=6
  • Gil, F.L., Costa, G., Pérez, F.J., Salamero, M., Sánchez, N. & Sirgo, A. (2008).  Adaptación psicológica y prevalencia de trastornos mentales en pacientes con cáncer.  Medicina clínica, Vol. 130, (3), 90-92. doi: 10.1157/13115354
  • Matías, J., Manzano, J.M., Montejo, A.L., Llorca, G. & Carrasco, J.L. (1995). Psicooncología: ansiedad. Actas luso-españolas de neurología, psiquiatría y ciencias afines, Vol. 23, (6), 305-309. [último acceso el 10/05/20]. Disponible en: https://www.researchgate.net/publication/329718399_1995_Actas_Psicooncologiaansiedad
  • Mota, C., Aldana, E., Bohórquez, L.M., Martínez, S. & Peralta, J.R. (2018). Ansiedad y calidad de vida en mujeres con cáncer de mama: una revisión teórica. Psicología y Salud, Vol. 28, (2) 155-165. doi: 10.25009/pys.v28i2.2551
  • Sociedad Española de Oncología Médica (2020). Las cifras del cáncer en España 2020. [último acceso el 10/05/20]. Disponible en: https://seom.org/seomcms/images/stories/recursos/Cifras_del_cancer_2020.pdf
  • Niedzwiedz CL, Knifton L, Robb KA, Katikireddi SV, Smith DJ. Depression and anxiety among people living with and beyond cancer: a growing clinical and research priority. BMC Cancer. 2019;19(1):943. Published 2019 Oct 11. doi:10.1186/s12885-019-6181-4