種類別:チーズを切るときのヒントとコツ

23 12月, 2019
チーズの種類や形状によって、その切り方が異なるのをご存知ですか? チーズの切り方について深く考えたことがないなら、間違った方法でチーズ切っているかもしれません! 今回の記事では、チーズを切るときのヒントとコツをご紹介します。

チーズを切るためのコツやヒントが多くあります。

チーズを切るのは、一見すると簡単に思えるかもしれませんが、チーズの種類とその形状によって切る方法が異なるため、正しく切るためのヒントや多くのコツを理解する必要があります。

チーズの種類や形状によっては、切るのが難しいものがあります。

特に、正しい方法で切らないとバラバラになったり、ナイフについたり、形が崩れてしまうものがあります。

種類に応じた、正しい切り方でチーズを切る方法を学ぶのが大切なのはこのためです。

チーズを切るためのヒント

切り方によってチーズ形状が崩れてしまうと、料理そのものを台無しにすることがあります。

ここからは、種類や形状にあった切り方を学んでいきましょう。

丸くて小さい平らなチーズ

丸く小さい平らなチーズ

カマンベールチーズなどの丸くて小さい平らなチーズは、ケーキを切るように三角に切りましょう

切れ味の良い鋭い包丁やナイフを使って、中央から切り始めて端まで進んでください。

チーズが包丁につかないようには、切る前に包丁をお湯に浸します。ただし、切る前に水分は全て乾かしてください。

こちらもご参考に:野菜とソフトチーズの美味しいキッシュの作り方

ブリーチーズ

ブリーチーズや他の丸いチーズは、大きな三角に切り分けてから、半分に切ります。

このタイプのチーズには、ワイヤーカッターまたはチーズナイフを使用してください。

一つ目の方法を使ってブリーチーズを切ることができますが、別の方法を試してみたい場合は、切る前にナイフをオイルに浸してください。

ログチーズ

ヤギのチーズなど、丸太状のチーズは、サラダやトーストによく使用されます

ヤギのチーズをはじめとする丸太状のログチーズはとても美味しく、厚めに切るのが良い方法です。

ここでのコツは、切れ味の鋭い包丁やナイフを使用することです。1回切るたびに、お湯にナイフを浸しましょう。

ハードチーズ

種類別:チーズを切るときのヒントとコツ ハードチーズ

ハードチーズと呼ばれる硬めのチーズは、室温に戻した状態で三角形に切るのが理想の方法です。

ハードチーズとは、コンパクトな形状を維持するために圧力を加えたチーズです。

チーズの年齢によってその硬さなどが決まります。

硬いチーズは、室温に戻した後、チーズ用のダブルハンドルナイフで切ることをお勧めします。

  • チーズを半分に切ります。
  • 三角形に切ります。
  • 最後に、小さな三角形に切りましょう。

パルメザンチーズ

パルメザンチーズは、パスタやラザニアをはじめとする典型的なイタリア料理に使われるチーズです。

パルメザンチーズは非常に硬いチーズですが、すりおろし器などですりおろすか、パルメザン専用のナイフを使いましょう。

必要なだけ切り取るか、すりおろしたものを料理に上からふりかけてください。

発見:ヘルシーなチーズの種類

ブルーチーズ

ロックフォールチーズやカブラレスチーズなどのブルーチーズは半固形で、脂肪分が多く含まれているためカットが難しいタイプのチーズです。

完璧に切りたい場合は、ワイヤーチーズカッターを使用しましょう。

ワイヤーチーズカッターで垂直にスライスをして、扇形の三角に切ります。

あらゆる種類のチーズを切るコツ

最後に、あらゆる種類のチーズを切るときに活用できるヒントをご紹介します。

包丁や専用のチーズナイフなどは必要ありません。

必要なのは未使用の(風味などがついていない)デンタルフロスです。

  • チーズよりも長くデンタルフロスを切ります。
  • デンタルフロスでチーズを切ります。

今回ご紹介したヒントやコツを活用することで、チーズを正しく切り美味しく楽しむことができますよ!