小児ネフローゼ症候群:原因と治療法

11 3月, 2020
浮腫と突然の体重増加は、小児のネフローゼ症候群の主な症状の一つです。この記事で詳細をご覧ください。
 

スペイン小児科学会によると、小児ネフローゼ症候群は、10万人ごとにおよそ15の症例があります。

小児ネフローゼ症候群について、考えられる原因や治療法などについて正しく理解していますか?

今回の記事では、小児ネフローゼについて詳しく説明します。

小児ネフローゼ症候群とは何ですか?

この症候群が何であるかを理解するには、まず腎臓の働きを説明する必要があります。

豆の形をした2つの臓器は、腰のすぐ上にあり、血液をろ過する働きがあります。

過剰な水分を含む排泄物を体外へと排出します。

カリウム、リン、ナトリウムなどの元素を回収し、血流に戻します。

各腎臓には約100万個のネフロンがあります。これらは糸球体と呼ばれるフィルターを持つ小さな器官です。

糸球体は、血液中の血漿の浄化とろ過を担当しますが、正常に機能しない場合、腎臓にタンパク質を過剰に送り込む可能性があります。

タンパク質、特にアルブミンの機能の1つは、流体を血流内に保持することです。

したがって、たんぱく質が尿(過剰な水と老廃物の混合物)を通過すると、液体は血液から「逃げ」て、手足、腕、脚、および他の身体部分に、浮腫を引き起こす可能性があります。

こちらもご参考に:食事で体液貯留を改善する6つの方法

小児ネフローゼ症候群の症状

小児ネフローゼ症候群:原因と治療法 お腹をおさえる子供

ネフローゼ症候群に苦しむ子供は、尿中の余分なタンパク質に加えて、腹部、顔(特に目の周り)、および四肢の急激な体重増加と浮腫を発症をします。

後者の場合、長時間立ったり座ったりした後、足首と​​足の指の腫れを引き起こします

 

これらは主な明らかな症状ですが、唯一の症状ではなく、以下のような症状が現れることもあります。

  • 下痢
  • 排尿のトラブル
  • 暗くて泡沫状の尿
  • 倦怠感
  • 腹痛
  • 爪の周りの皮膚の白さ
  • 食欲不振

詳細はこちらから:食欲がない子が自然に食べてくれるようになるために

小児のネフローゼ症候群の3つの原因

小児ネフローゼ症候群:原因と治療法 小児糖尿病

小児のネフローゼ症候群は特発性です。

特発性というのは、この病気に苦しんでいる2歳から12歳までの90%のケースで、何が原因であるかを医師が正確に判断できないことを意味します。

通常は、腎臓が正常に見えるため、顕微鏡の検査でも腎臓の何に問題があるのかわからないことがあり、原因を特定するのが不可能です。

2番目に多い原因は、若年性糖尿病です。これは糸球体に影響を与えて、何が無駄で何が有用かを決定できないようにすることで、腎臓に損傷を与える可能性があります。

3番目の原因は遺伝子変異です。一般的に、ネフローゼ症候群は遺伝的と考えられていますが、生後12か月未満の患者の場合は、先天性ネフローゼ症候群と見なされます。

治療法

小児ネフローゼ症候群:原因と治療法 小児科医
 

お子さんがネフローゼ症候群にかかっていると思われる場合は、医師にご相談ください。

医師はおそらく、尿検査を行なって尿内に過剰なタンパク質があるかどうかを確認します。

医師が原因を特定したら、可能な限り最良の治療法を選択するため、血液検査や腎生検の実施を推奨することがあります。

生検では、小さな組織サンプルの分析を行います。

通常、腎臓の専門医は先天性の場合を除き、副腎皮質ホルモンであるコルチコステロイドによる治療を推奨します。

コルチコステロイド薬に副作用がある場合、シクロフォスアミドやアンチカリン薬などの他の薬を試すことがあります。

さらに医師は利尿薬を使用して浮腫の治療を勧めることがあります。

同じ理由で、低ナトリウム食を実践することが推奨されています。

遺伝性ネフローゼ症候群の子供の多くは、通常の治療には反応しませんが、免疫抑制剤が特定の患者に効果があるかもしれないことを示唆する研究があります。

最終的には、医師と相談して子供の特定のニーズに合う最適な治療法を見つけてください。

お子さんがネフローゼ症候群にかかっていると思われる場合は、まずかかりつけの小児科医に相談してください。

腎臓の専門医の診断が必要かどうかは、かかりつけ医が判断します。

 
  • Román Ortiz, Elena. SÍNDROME NEFRÓTICO PEDIÁTRICO. Asociación Española de Pediatría. https://www.aeped.es/sites/default/files/documentos/18_sindrome_nefrotico.pdf
  • Kidshealth. Síndrome nefrótico. https://kidshealth.org/es/parents/nephrotic-syndrome-esp.html
  • Diaz Moreno, A., Delgado, N., Balbarrey, Z., Monteverde, M., & Gallo, G. (2006). Síndrome Nefrótico en el primer año de vida: Esclerosis mesangial difusa TT – Nephrotic síndrome in the first year of life. Diffuse mesangial sclerosis. Med. Infant.
  • American Kidney Fund. Síndrome nefrótico. http://www.kidneyfund.org/en-espanol/enfermedad-de-los-rinones/otros-problemas-renales/sindrome-nefrotico.html#que_causa_el_sindrome_nefrotico
  • Boletín Médico del Hospital Infantil de México. Tratamiento del síndrome nefrótico idiopático en niños. http://www.elsevier.es/es-revista-boletin-medico-del-hospital-infantil-401-articulo-tratamiento-del-sindrome-nefrotico-idiopatico-S1665114614000318