食欲がない子が自然に食べてくれるようになるために

· 4月 26, 2018
まずは我が子の食欲のなさが何らかの病気によるものでないことを確認することが大切です。疑いがある場合は医師と相談し、病気の可能性を最初に排除しましょう。

子供が小食だと、親にとってどのように解決すればよいか分からない問題だけに常に悩みの種となり得ます。また、食べたくないと言っているのに無理に食べさせようとすると、子供にストレスを与えてしまいます。鍵は、子供の食欲不振を自然に解決することです。

この記事では、子供の食欲を刺激し、無理に食べさせなくても体が必要としているものを子供が全て食べてくれるような方法をご紹介したいと思います。

子供が食べない理由

たいしてお腹が空かないという時期を幼少期に過ごす子供は多くいます。場合によっては、それは一過性のものであって、あまり長く続かなかったりします。しかし、時に、その時期が長引き、体重の減少につながったりして、親を非常に悩ませます

子供の食欲があまりわかない理由には以下のようなものがあります。

  • 食べ物への不耐症:子供の食欲不振がある特定の食べ物が出てきた時だけに起こるのであれば、それは子供がその食べ物に耐性がないということかもしれません。

不耐症は例えば、牛乳や小麦粉、ドライフルーツなどで起こります。また、子供が消化器の病気などの問題を抱えていないかを考慮することも必要です。

  • 貧血:子供が小食なのは、鉄分欠乏症が理由かもしれません。この場合、子供の食事はバランスが取れた適量のものでなければなりません。

また、鉄分が豊富な食べ物を食事に添えてもいいでしょう。

  • 腸内寄生虫:子供は自分の手をよく口に入れてしまうことから、寄生虫にかかったりします。しかし、その症状はあまり気づかれることがなく、他の病気や問題だとして見過ごされてしまったりします。

寄生虫の症状には、落ち着きのなさ、瞳孔が大きく開く、鼻や肛門のかゆみなどがあります。

  • 感情面での問題:食欲不振の原因として、感情面での問題を排除してはいけません。例えば、複雑な家庭環境や子供の身の周りで起こった問題などが食欲に関係したりします。
  • 他の病気:もしもすぐに食欲が回復しなかったり、逆に過度に食欲があるようであれば、医師にかかって、必要な検査を受けましょう。そうすることで、原因として病気を排除することができます。

子供に薬を与える前に、薬によっては有害な副作用があることを頭に入れておきましょう。このような理由から、バランスの取れた食事と生活を送ることと共に、まずは自然療法を試すことがおすすめです。

 

子供の食欲がない時のための秘訣

1.花粉

花粉

花粉は貧血など子供の栄養不足を解消できるスーパーフードです。

その効能を最大限に生かすには、食べる前に粉末状にし、年齢に適した量を摂取しましょう。(ただし、花粉症など花粉に対してアレルギーがある人は摂取する前に医師に相談しましょう。)

 

2.栄養豊富な酵母菌

栄養豊富な酵母菌は、ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富で、食欲を増加させるのにうってつけです。更に、心身の健康的な発育を促すのに理想的なサプリメントでもあります。

 

3.ノコギリソウ

お茶

ノコギリソウは、食欲を増進させ消化を助ける薬草です。

また、食欲減退の元になっている腸内寄生虫を除去したり予防するのに使われます

 

4.アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)

アルファルファは、アルカリ性が高く、様々な病気を防ぐのに理想的な健康食品です。

  • 食欲を刺激する上、胸やけを解消したり、胃潰瘍を予防したりします。

 

5.自家製オリジナルレシピ

ひよこ豆

子供が食べてみようと思うような見た目にも魅力的な食べ物を作るようにしましょう。キャラ弁のようにかわいい形を作ったり、芸術的な作品を作ったりすると子供が喜びます。

子供が豆や魚、野菜などを食べたがらない場合は、そうした原料を使った練り物や詰め物を作っても良いでしょう。

 

6.台所仕事を手伝わせる

年齢に応じて、子供も台所に立たせ、料理などを手伝わせるとよいでしょう。

そうすることで、子供は自分の作ったものを食べたくなり、食欲が増すでしょう。

 

7.スポーツ

仲良し家族

最近の子供が直面している大きな問題に、以前より座っている時間が長い生活スタイルがあります。

これは新しいテクノロジーや都会での生活、または過労状態の親がその原因としてあります。子供が毎日遊び、体を大きく動かすアクティビティに参加することが重要不可欠です。