生姜とウコンで関節痛を緩和する方法

6月 22, 2019
生姜とウコンに含まれる成分が、関節痛を和らげるのに役立つ自然療法として作用するのをご存知ですか?

関節痛の緩和に役立つ製品が数多く販売されていますが、市販の抗炎症薬に頼らず、自然な方法で関節痛の緩和を促進する方法があります。

関節痛は高齢者だけに発症するのではなく、若い人も発症する可能性があります。

市販品を使わず関節痛を自然に緩和する時には、生姜とウコンの特性を活用した自然療法をお試しください。

生姜の効能

生姜の効能

生姜と呼ばれるのは一般的にこの植物の茎の部分で、その強い香りと風味から料理によく使われています。

どんな料理にも合う万能な香辛料として働く生姜ですが、実は私たちの健康を促進・改善するための自然療法に多く用いられるほどの効能を持っています。

例えば、消化機能の促進や改善、そして血液の循環を改善するのに生姜は役立ちます。

しかし、生姜の素晴らしい効能はそれだけではありません。

生姜を継続して摂取することで、関節に様々な良い効果をもたらします。

こちらもご参照を:血行を良くする5つの植物

ウコンの効能

ウコンの効能

ターメリックと呼ばれることもあるウコンは、生姜と同様に料理の世界で人気の香辛料の一つです。

インド原産のウコンは、およそ90cmの高さにもなる長方形の葉を持つ植物ですが、私たちがウコンとして活用しているのは根の部分です。

ウコンの根の部分に触れると、手が黄色になることからもわかるように、料理の色付けにも使われ、一部では「インドのサフラン」とも言われています。

ターメリックには多くの薬効があり、その中でも消化器系の問題に効果を発揮することで知られています。

ガスの発生や胃のムカつきの緩和などがよく知られているウコンには、抗炎症剤としての働きがあるため、関節炎に罹患しているすべての人にとってすばらしい味方となる薬用植物です。

関節が痛む理由と痛みを和らげる方法

痛みが起こる原因

不快な症状を伴う関節痛は、膝、肘、肩、手首、足首などをはじめとする様々な場所で発生します。

そして関節の痛みが激しい主な原因は、関節炎だと考えられています

それ以外にも滑液包炎や腱炎などの疾患が関節痛を引き起こすこともよくあります。

肉体を酷使した場合や過度の運動、または何らかの病気によって関節痛が起こりますが、通常は自然療法などで症状を緩和できると言われており、今回ご紹介する生姜とウコンを使った方法も、お勧めの自然療法の一つです。

生姜とウコンのお茶

関節痛を緩和するお茶

生姜とウコンの特性を最大限に生かすこのお茶を、継続して飲むことが大切です

生姜とウコンの組み合わせはとても強力ですが、さらにレモン果汁とシナモンを少量加えることで、関節への効果が高まります。

お好みでハチミツを加えると甘味だけでなく効能も高まるでしょう。

材料

  • ウコン 小さじ1杯
  • 生姜 大さじ1
  • 水 3カップ
  • おろしたシナモン 小さじ1
  • レモン果汁 半個

こちらもお試しください:不要な液体を排除する5つの天然利尿薬

作り方

  • 水を沸かして湯を作ります。
  • 沸騰したら、生姜、ウコン、そしてシナモンを加えます。
  • 30分程度火にかけ続けてしっかりと抽出させてください。
  • 火から下ろした後、数分間そのままにしてください。
  • レモン果汁を加えたら、濾してから飲んでください。

摂取方法

  • 朝起きてすぐこのお茶を飲みましょう。
  • 毎朝、数週間続けてください。

関節症、関節炎、または関節痛などの様々な関節の問題に悩んでいるのであれば、今回ご紹介した自然療法をお試しください。

ただし、症状が緩和されない場合や、不安がある場合は、必ず医師の診察を受けて適切な治療を開始することが大切です。

  • Mashhadi, Nafiseh Shokri et al. “Anti-oxidative and anti-inflammatory effects of ginger in health and physical activity: review of current evidence” International journal of preventive medicine vol. 4,Suppl 1 (2013): S36-42. Jurenka, J. S. (2009). Anti-inflammatory Properties of Curcumin, a Major Constituent of. Alternative Medicine Review, 14(2).