知っておきたい/レモンの皮の効能と利用法

· 2月 29, 2016
レモンは、薄切りにして紅茶に入れたりその果汁を料理や自然療法に活用できる万能な果物ですが、実はその皮には果汁の5~10倍のビタミンが含まれており、多くの健康効果が期待できます。

レモンをはじめとする柑橘類の健康効果について耳にしたことはありますか?

レモンや柑橘類が、私たちの健康に高い効果を発揮すると知っていても皮を捨てる人が多くいますが、これはレモンの貴重な効能の半分を無駄にしていることになります。

本記事では、捨てるのがもったいないレモンの皮の持つ効能とその利用法をご紹介します。

レモンの皮の効能

  • レモンの皮には非常に重要な薬用物質が含まれています:精油・シトロネラ—ル・フェランドレン・ビタミンC・クエン酸・リンゴ酸・蟻酸・ヘスペリジン・ペクチンなどです。
  • 体内から毒素を排出します:老化予防や若返り効果が期待できます。
  • 腸内のガスを軽減し、腹部膨満を緩和します
  • クレンズ作用があります:体内の毒素や老廃物の排出をうながすため、肝臓の浄化を助けます。
  • 消化を促進して、便秘などの消化器系の問題を予防します。
  • 免疫システムを強化します:ビタミンCをはじめとする多くのビタミンを含むレモンは、免疫力を高めることで感染症、風邪、インフルエンザ、呼吸器系の問題の予防に役立ちます。
  • 血液を弱アルカリ性にします
  • 高血圧の症状を緩和するのに役立ちます
  • 緊張を緩和します。
  • 消毒作用があります。
  • 収斂作用があります:過剰な皮脂の分泌を抑制します。
  • 肌のシミや歯の黄ばみをを目立たなくするのに役立ちます。
  • 抗酸化物質が含まれていることから、強力な抗がん効果があると言われているため、悪性腫瘍の治療に役立つ効果が期待されています。

こちらの記事もご参考に:レモンの効能と自然療法レシピ

レモンの皮を活用する方法

レモンの皮をおろしたもの

レモンの皮には多少の苦味があるため、デザートか独特の苦みを活用できる料理にのみ使用されがちです。

ここからは、毎日の食生活にレモンの皮を積極的に取り入れてその効能を活用する方法をご紹介します。

  • レモンをきれいに洗い、冷凍庫に入れて完全に凍らせます。凍った状態のまま皮をすりおろし、そのまま利用するか、スープやサラダ、パスタ、ソース、そして寿司や魚料理などに薬味としてふりかけたり、生ジュースや料理にのせて風味を加えることができます。
  • レモネードをつくるときは、皮ごと全部ミキサーにかけるのがおすすめです。味は多少異なりますが、レモンの効能を100%活用できる方法です。
  • ウイスキーやワイン、ウォッカのカクテルに加えると、いつもの飲み物に新たな風味が加わります。

レモンピール茶

レモンピール茶

レモンの皮から作るレモンピール茶は、レモンの持つ効能を100%活用できる、健康的で美味しい飲み物です。

体内に蓄積された毒素を体外に排出することで、私たちの体をクレンズするのに役立つことに加えて、環境汚染、化学製品、タバコの煙、乱れた食生活などによって体内に蓄積されるフリーラジカルによるダメージを軽減するのにも効果があると言われています。

また、ビタミンCの含有量が高く優れた抗菌作用のあるレモンから作るこのお茶は、かぜの予防にも役立ちます。

ご存知ですか?:レモンウォーターを飲むことで得られる効能

材料

  • 水 1リットル
  • レモンの皮と果汁 2個分
  • ハチミツまたはステビア

作り方

  • 1リットルの水にレモン2個分の皮を入れて強火にかけ、15分間沸騰させます。
  • 15分たったら火からおろし、レモン2個分のしぼり汁を加えます。
  • 最後に、ハチミツまたはステビア少々で甘味をつけましょう。

摂取方法

  • 冷たい状態でも温かい状態でもその効能が満喫できるレモンピール茶は、朝食後を除く食後に飲んでください。
  • 朝は食後ではなく空腹時に飲んでください。