知っておきたい!尿道下裂の症状と治療について

08 4月, 2020
尿道下裂は先天性の欠損症であり、治療を行わないと排尿、そして性的能力や生殖能力に問題が起こる可能性があります。

男性の先天性欠損症である尿​​道下裂は、尿道の開口部が陰茎の先端にない状態です。尿道開口部の異常は、陰茎の先端のすぐ下から陰嚢まで、どこにでも存在する可能性があります。

一般的に、この先天性異常は妊娠8週から14週の間に発生します。

尿道下裂の種類

尿道下裂にはその程度が異なる様々なタイプがあり、他の人よりも欠損が深刻な人がいます。尿道下裂の種類は、尿道の開口部がある場所によって異なります。

  • 遠位型:開口部が陰茎の中央より先にあります
  • 近位型:陰茎の根元に近い場所にあります
  • 陰茎陰嚢型:開口部は陰茎と陰嚢の結合領域にあります。

治療せずに放置すると、排尿の困難やセックスなどの問題が発生する可能性があります。

原因と危険因子

知っておきたい!尿道下裂の症状と治療について 新生児と母親

尿道下裂の原因は通常不明ですが、ほとんどの場合は、遺伝子と環境要因の組み合わせが原因であると考えられています。

これらの要因のいくつかは、母親が過ごしている環境要素、母親の食生活、そして母親が妊娠中に服用した特定の薬などです。

さらに、尿道下裂のリスクは次のような面に関連しています。

  • 家族の病歴
  • 遺伝:特定の遺伝的変異は、男性生殖器の形成を刺激するホルモンを変化させる役割を果たす可能性があります。
  • 母親の年齢:一部の研究では、35歳以上の母親から生まれた赤ちゃんは、尿道下裂のリスクが高い可能性があることを示唆しています。

続きを読む:サイズって大事? 男性器のサイズコンプレックス

症状

ほとんどの場合、開口部は陰茎の亀頭内にあります。頻度は低いですが、陰茎の中央または基部の場合もあります。尿道下裂の症状には次のものがあります。

  • ペニスの先端より外側にある尿道の開口部
  • ペニスの下向きの湾曲
  • 包皮で覆われているのは上半分だけなので、陰茎は皮を被っているように見える
  • 排尿の異常

通常、尿道下裂のある赤ちゃんのほとんどは、出生直後に診断されます。ただし、開口部のずれがわずかな場合は、診断が難しくなることがあります。

尿道下裂の治療

おむつ 尿道下裂

尿道下裂の治療は、欠損の種類によって異なります。ほとんどの場合、患者は欠損を修正するための手術が必要です。一般的にこの手術は、生後3か月から3歳までの間に行われますが、医師は段階的に手術を行う方法を選択することもあります。

次のようなさまざまな外科的修復方法があります。

  • 開口部を適切な場所に配置します。
  • ペニスの湾曲を修正します。
  • 尿道口周囲の皮膚を修復します。

医師が修復のために包皮を必要とする場合があるため、新生児に割礼を行うのが一般的に行われている国であっても、専門家は尿道下裂のある赤ちゃんの割礼を推奨していません。

手術は通常、外来で行われ、子供が病院で一晩を過ごす必要はめったにありません。

この問題が、立って排尿する能力、性機能、または精液の蓄積に影響を与えない場合は、手術の必要はありません。

詳しくはこちらから:男性器を傷つけてしまうかもしれないセックスの体位

手順

外科医は、他の領域の包皮または組織の一部を使用して、尿道を長くするためのチューブを作成し、尿道が陰茎の先端につながるようにします。手術中、医師は尿道にプローブを配置し、尿道が新しい形状を維持するようにします。

通常、医師は2週間後にこのプローブを取り外します。問題が修復されない場合、次のような問題が発生する可能性があります。

  • 尿の流れのコントロールとまっすぐに向けることが困難
  • 勃起時に陰茎が曲がる
  • 受精率の低下
  • ペニスの見た目が原因の個人的な問題

ほとんどの場合、ペニスが正常に機能するため、手術後の予後は良好です。また同様に、手術によって外観も改善されます。

手術後は泌尿器科医が経過観察を行う診察の継続をお勧めします。子供が思春期に達したら、全てが問題なく順調であることを確認するために、受診することをお勧めします。

  • Serrano Durbá, A., Cortés Sáez, J., Domínguez Hinarejos, C., & García Ibarra, F. (2012). Hipospadias. Revista Espanola de Pediatria.

  • Gorduza, D., Vigier, S., Mure, P.-Y., Demede, D., & Mouriquand, P. (2012). Cirugía del hipospadias. EMC – Urología. https://doi.org/10.1016/s1761-3310(11)71194-x

  • Pacheco-Mendoza, B. A., & Rendón-Macías, M. E. (2016). Hipospadias, un problema pediátrico. Revista Mexicana de Pediatria.