サイズって大事? 男性器のサイズコンプレックス

9月 8, 2019
ペニスの小ささは、心理的なトラウマや自信の低さの原因となります。そのため、ペニスのサイズの違いが起こる原因や、大きさを気にするべきかどうかについて理解することが大切です。

ペニスのサイズは、性生活において多くの男性が気になる問題です。

マーク・トウェインの言葉によると、「喧嘩をしている犬のサイズではなく、その喧嘩の大きさ」が大切です。

女性にとって胸のサイズが気になるように、男性のペニスのサイズは文化的圧力が原因だと考えられます。

大きな胸と太いペニスは、昔から出産に深く関わると考えられてきたため、本来よりもより重要視される傾向があります。

現実には、生殖能力と性生活における喜びは、パートナー間の親密さの質やパートナー同士の健康状態によっても大きく異なります。

そして男らしさはペニスのサイズ以外の要因でも「測定」されることがあります。

これを念頭に置いて考えると、ペニスの小ささは本当に深刻な問題なのでしょうか?

勃起する前のペニスのサイズは、気温や男性の精神状態、つまりストレスや不安にも影響を受けます。

またこれらのストレスや不安に加えて努力が勃起時の大きさにも影響を与えますが、普段のサイズと勃起時のサイズには関係がないことに注意してください。

つまり、ジムのシャワー室やロッカー、そして銭湯や温泉などで見る通常サイズのペニスは、実は勃起した時のペニスのサイズとは異なることに留意してください。

男性器のサイズコンプレックス

陰茎コンプレックス

まず、自分の見た目に過度にこだわる身体醜形障害について説明します。

この障害は、自分の見た目の美醜により、不安感やうつ症状を発症することがある障害です。

一般的にこの心理状態はペニスの大きさとは関係なく、この病気を患っているの人のペニスは通常サイズである場合がほとんどです。

またペニスのサイズが小さくても精神状態が安定している人は、そのサイズを気にすることはありません。

ペニスの小ささが気になったりコンプレックスを感じる場合は、それを克服するために、更衣室や温泉などの公共の場で衣服を脱ぐ機会をできるだけ少なくすることが大切です。

ご存知ですか?:男性の不妊症を改善するためのヒント

ペニスのサイズに関する条件

自分のペニスが小さいと感じる男性は通常のサイズのペニスを持っていることがほとんどですが、ペニスの大きさに影響を与える病気も稀に存在します。

頻繁に見られるペニスの異常の一つが、ペロニー病と呼ばれるペニスの湾曲です。

ペロニー病では、ペニスの湾曲が下向きに過度に傾くため、性行為の際の挿入を妨げることがあります。

ただし、手術や薬剤治療によって修正することが可能です。

先天性障害である尿道下裂は、尿道とも呼ばれる外尿道口で起こります。

一般的には深刻な問題ではなく、排尿や射精ができない場合を除いては、手術の必要はありません。

停留精巣とは陰嚢の中に精巣(睾丸とも呼ぶ)が入ってない状態ですが、徐々に降りてくると言われています。降りてこない場合は、医師による診断と治療が必要になります。

最後に、ペニスが平均よりも著しく小さい小陰茎症(または マイクロペニス)という病気があります。

成人男性でも勃起した時の大きさが7cm未満の場合に小陰茎と呼ばれます。

ただし、これはとても稀な症状です。

こちらもご参考に:勃起不全:診断から治療まで

男性器のサイズコンプレックス

ペニスのサイズが与える心理的影響

ペニスの大きさは、男性に心理的な影響を与えてトラウマを引き起こす可能性があります。

ペニスのサイズによる心理的影響の一部をご紹介します:

  • ワードローブ症候群:多くの男性が自分のペニスと他人のペニスのサイズを比較しようとしますが、自分のサイズが小さいことを改めて認識するだけの結果となるだけなので、公共の場で自分の衣類を脱いだり、また誰かのペニスを見る機会を極力減らしましょう。
  • 人と関係を持つことへの恐怖:ペニスのサイズが原因で男女関係になれないかもしれない、または自分が拒否されるかもしれないという恐怖心から、誰かと関係を持つことや恋人になることへの恐怖を感じます。
  • 自己評価の低さ
  • 不眠症やその他の睡眠障害
  • 笑われることへの恐怖や屈辱感

ペニスにとって大切なこと

ペニスをいかに大きく見せるかというテクニックばかりを考えるのではなく、ペニスの大きさは性生活の快適さには関係がなく、それ以前に健康的なライフスタイルの維持が何よりも大切であることを覚えておきましょう。

注意事項をご紹介します。

  • 肥満:毎日の食事のバランスを取り、包装された加工食品やジュースなど飲み物の過剰な消費を避けます。代わりに新鮮な食品や水分を十分に摂取してください。
  • 喫煙と飲酒:血管の拡大と海綿体への血流を妨げる生活習慣なのでできる限り控えてください。
  • 麻薬や薬物:ドラッグなどの薬はペニスのサイズを小さくするリスクがあります。
  • ペニスに悪影響を与える特定の運動:陰部への打撃の可能性があるものや、サイクリングなど生殖器領域の動きを伴う運動は、陰茎組織にダメージを与える可能性があります。
  • タイトなズボンなどの過度の圧力や不自然な姿勢や位置の強要

自分自身を受け入れることが、私たちの心身の健康にとって大切であり、より良い生活を送る第一歩となります。

周りからの影響や過剰な宣伝広告により、自分の外観を必要以上に気にして、効果のない製品などを購入してしまうことがありますが、決して騙されないでください。

ペニスの大きさに疑問や懸念がある場合は、専門医に相談をして、自分のペニスの大きさや形について専門家の診断を受けましょう。

これがコンプレックスを克服する第一歩になることもあります。

  • Wylie, K. R., & Eardley, I. (2007). Penile size and the “small penis syndrome.” BJU International. https://doi.org/10.1111/j.1464-410X.2007.06806.x
  • Lever, J., Frederick, D. A., & Peplau, L. A. (2006). Does size matter? Men’s and women’s views on penis size across the lifespan. Psychology of Men and Masculinity. https://doi.org/10.1037/1524-9220.7.3.129
  • Veale, D., Miles, S., Bramley, S., Muir, G., & Hodsoll, J. (2015). Am i normal? A systematic review and construction of nomograms for flaccid and erect penis length and circumference in up to 15 521 men. BJU International. https://doi.org/10.1111/bju.13010