ご存知ですか? 妊娠中でも服用できる薬5選

10月 31, 2019
妊娠中は、薬が胎児の健康や発達に影響を与えるリスクがあるため、自己判断で薬を服用しないようにしてください。今回の記事では、妊娠中の女性の多くが疑問と懸念を持つ、妊娠中の薬の使用について説明します。

赤ちゃんの健康に害を与えることなく必要な薬を服用するためには、かかりつけ医または産婦人科医に相談することが大切です。

ただし、妊娠中に服用可能な薬に関する理解を深めることも大切です。

女性の人生に大きな変化が訪れる妊娠は、受胎した瞬間から女性の体が大きく変化する自然なプロセスです。

吐き気、めまい、嘔吐、痛みなどに代表されるつわりと呼ばれる不快感をはじめとして、心身のさまざまな変化が現れます。

妊娠の初期はつわりが現れますが、それ以外にも、膣の感染症や腎臓の感染症、高血圧、妊娠糖尿病、子癇前症、早産などをはじめとするさまざまな合併症を発症するケースがあります。

この場合は、薬の服用が必要となるため、医師の指導と監督のもとで、正しい薬を正しい量服用することが大切です。

妊娠中に服用できる安全な薬

妊娠中に服用できる薬:痛みを感じる女性

妊娠中に服用できる安全な薬がありますが、必ず医師と薬剤師の監督のもとで服用してください。

妊娠中にはさまざまな不快感だけでなく、健康上の問題を発症することがあり、その症状を緩和するために投薬が必要となるケースがあります。

薬局には風邪、咳、下痢、便秘、吐き気を治療できる多くの市販薬がありますが、必ず医師に相談してから服用してください。

また、複数の症状を緩和する効果があると言われる市販薬は避けてください。

例えば、頭痛に効果があると言われる鎮痛剤の中には、抗ヒスタミン剤と充血除去剤が含まれているものがありますが、これは妊娠中には服用すべきではない薬です。

ここからは、妊娠中に服用できる一般的で安全な薬のいくつかについて説明します。

1. パラセタモールまたはアセトアミノフェン

鎮痛剤であるこれらの薬は、痛みを引き起こす炎症を軽減するために使われ、風邪の症状などを緩和する効果もあります。

ご存知ですか?:イブプロフェンについて知っておくべき事

2. クロトリマゾールまたはミコナゾール

これらの薬は抗真菌薬であり、真菌性膣感染症を治療するのに役立つ、妊娠中によく使われる薬です。

また、火傷や膣分泌物などの症状がある場合にも効果的です。

3. マグネシウムを含む制酸薬

マグネシウムを含む制酸薬は、胸焼けなどの不快な症状を緩和するのに効果的です。

胸焼けは、妊娠中、特に妊娠後期の中でも最後の数週間や分娩前に起こりやすいため、医師の指導のもとで服用してください。

4. ロラタジンまたはクロルフェニラミン

抗ヒスタミン剤として働くこれらの薬は、アレルギーを緩和する働きがあります。

妊娠中に母親がアレルゲンにさらされた場合など、どちらの薬にも鼻づまりを緩和するのに役立ちます。

5.  センナ

下剤であるセンナは、便秘の治療に効果的です。妊婦は便秘になりやすく、特に妊娠後期である最後の数ヶ月は便秘に悩まされる人が少なくありません。

安全な薬とビタミン

妊娠中に服用できる薬:健康的な食生活

妊娠中の女性は、食事にビタミンB12と葉酸を加えることが推奨されていますが、必ず医師の指示に従って摂取してください。

胎児が正しく発達するためには、適切なビタミンを摂取することが不可欠です。

医師や栄養士に相談の上、必要なビタミンを摂取するように心がけましょう。

  • 赤ちゃんの血管が正しく形成されるために必要な栄養素:ビタミンC
  • 赤血球の生産:葉酸
  • 健康な歯と骨の組織の生成:ビタミンD
  • 赤ちゃんと胎盤の発達に必要な栄養を与える:鉄分

薬局ではビタミン剤などが市販されていますが、自己判断で過剰に摂取してはいけません。

たくさん摂取したから効果が高まるわけではありませんし、お金の無駄になります。

豊富な食品から栄養素を補給することで、母子ともに健康に妊娠期を過ごすことができるでしょう。

自然療法について

ハーブとスパイス 妊娠中でも服用できる薬5選

自然療法は、不快感や痛みを緩和する自然な方法ですが、使用前には、必ず医師に相談してください。ここまででご紹介した医薬品とは異なり、自然療法にはさまざまな選択肢がありますが、口にするものの場合、自然なものだと言っても、もちろん妊娠中には禁忌なものがあります。

一方、妊娠中に現れる不快感は、ライフスタイルやちょっとした食生活や習慣の変更によって改善されるケースがあります。

もちろん、自然療法だけに頼るのではなく、必ず医師に相談の上で、妊娠中の不快感を緩和するためには健康的な生活習慣を身につけてください。

妊娠中、健康的なライフスタイルを送っていれば、薬物の服用は必要ありません。

できる限り活発に毎日を過ごし、運動だけでなく、リラックスする時間や睡眠時間を十分に確保してください。

こちらもご参考に:慢性疲労症候群(CFS)って何?/その対処法は?

自己判断で薬を飲んだり治療をしない

ネットでさまざまな情報を得ることができる現代社会では、妊娠中に服用できる安全な薬に関する情報を、すぐ手に入れることができます。

しかし、なんらかの合併症を発症した時に大切なのは、赤ちゃんと母体の健康を守ることであり、必ず医師の診察を受けて医師の処方による薬の服用と治療を行うことが先決です。

自己判断による投薬が効果を発揮することは滅多にありません。

また、無害に見えるサプリメントや市販薬でも、胎児の成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、必ず医師に相談してから服用を開始してください。

  • Gimeno, FJ Abad, et al. “Categorías de riesgo de los medicamentos utilizados durante el embarazo: Guía rápida de consulta.” Farm Aten Prim 3 (2005): 49-61.
  • Taboada Lugo, Noel, et al. “Uso de medicamentos durante el embarazo y su posible efecto teratogénico.” Revista Cubana de Medicina General Integral 20.4 (2004): 0-0.
  • Vergel Rivera, Germán, and Alicia Zapata Martínez. “Embarazo y medicamentos en un área de salud.” Revista Cubana de Medicina General Integral 15.3 (1999): 227-231.