慢性疲労症候群(CFS)って何?/その対処法は?

· 2月 26, 2016

慢性疲労症候群(CFS)とは近年よく見られる病気です。慢性疲労症候群に苦しむ人は常に疲れや倦怠感を感じており、日々の活動もこなすことが困難になります。どれほど眠ろうといつも疲れているのです。慢性疲労症候群は長期的に続くものあり、健康に害を及ぼします。今日はこの慢性疲労症候群について見ていきましょう。

慢性疲労症候群の原因と症状

慢性疲労症候群のよくある症状は次のようなものがあります。

  • 倦怠感
  • 絶え間ない頭痛
  • 喉の痛み
  • 全体的な筋肉痛
  • 体の一部が触れると敏感になる(脇の下、首など)
  • リンパ腺の腫れ
  • 関節の痛み
  • 青あざはないが肌にむくみや赤みがある
  • 記憶喪失
  • 記憶力の問題
  • 睡眠障害
  • 起床時の異常な疲れ
  • モチベーションの欠如
  • 異常な程に眠さを感じる
  • 食事障害
慢性疲労症候群1

これまでのところ、慢性疲労症候群の原因や引き金となるものが何かはわかっていません。しかし一般的には、弱った免疫系、ウイルス、ストレス、過剰な不安感や緊張感、長時間労働、プレッシャー、バランスの悪い食生活(ビタミン、タンパク質、鉄分の不足)、絶望感などが関連しているのではないかと考えられています。

慢性疲労症候群は、ケースによっては病気だと判断しにくい症状が多いため、診断が大変難しい病気です。気になる場合はまず専門家に相談して血液検査を受け、体に不足している栄養素が何かを知りましょう。

慢性疲労症候群の治療のポイントは2つです。一つ目は症状を和らげること、もう一つは免疫系を強化することです。

慢性疲労症候群のための食べ物

慢性疲労症候群に効く食べ物は以下です。

  • ショウガ:ショウガには慢性疲労症候群に効く抗ウイルス作用があります。カップ1杯のお湯とショウガの根小さじ1杯で作ったジンジャーティーを毎日飲むことをお勧めします。
慢性疲労症候群2

  • マカ:マカの根は免疫系には働きかけ、疲れを予防する効果があります。また元気を回復する気付薬の役目も果たします。マカパウダーを小さじ1杯、朝食と一緒に摂りましょう。チーズやトーストに振りかけても良いですし、牛乳に混ぜて摂取しても良いでしょう。
  • ヘンプシード:ヘンプシードに含まれているマグネシウムが慢性疲労症候群に効果があります。サラダ、スープ、だし汁、ソースなどに振りかけて食べましょう。
  • ビーポーレン(蜂花粉):ピーポーレンには活性化作用があります。身体能力を改善したり、排卵に良いとされています。ハチミツと混ぜて摂取すると、免疫系に働きかけます。1日小さじ1杯、空腹時に摂取しましょう。
  • チキンのだし汁(チキンブロス):チキンのだし汁は通常鶏肉の足で作ります。鶏肉の足にはカルノシンとアンセリンと呼ばれる物質が含まれており、この2つの物質は体の防御力を改善し、急激な気分の変動を正常化します。チキンのだし汁は何世紀にも渡り、身体的・精神的疲労の回復に利用されてきました。1日あたりカップもしくはスープボールに1杯飲むことを1ヶ月間続けましょう。
慢性疲労症候群3

慢性疲労症候群に効く自然療法

  • 沸騰したお湯カップ1杯に 大さじ2杯加えます。その後蓋をして冷まします。これを1日2回飲みましょう。免疫系が弱っている時に飲むと免疫系が強化されるでしょう。
  • カップ1杯分の水に 大さじ2杯加えて沸騰させます。沸騰したら火から下ろし、冷ましましょう。毎日カップ1杯飲みますが、4週間以上は続けてはいけません。体本来の防御力を高めます。ただし、妊娠中の方は飲まないでください。
  • 豆乳にピーナツ大さじ1杯加え、ブランダーにかけます。このシェイクを毎日飲みましょう。最高の天然エネルギー源なのですが、高カロリーですので、肥満の方、太り過ぎの方は飲まないでください。
慢性疲労症候群4

  • 沸騰したお湯カップ1杯にイチョウ大さじ2杯加え、蓋をして冷まします。記憶力や集中力を高めるよう、脳への循環を良くするため、1日カップ1杯飲みましょう。
  • シナモンスティックを少々、クローブ1つ、レモンの皮を瓶に入れ、しっかりと密封し10日間保存します。その後、ハチミツ410㎖と水1ℓを加えます。量が約半分になるまで火にかけ、半分になったら火を止め、冷ましてから飲みましょう。
  • 水1ℓを沸騰させ、粉末シナモン小さじ1杯、ショウガ大さじ1杯、カルダモンシードを一握り、ハチミツ大さじ1杯、マカパウダー大さじ2杯を加えます。火から下ろし冷まします。カップ1杯分は朝に、もう1杯は午後に分けて飲みましょう。慢性疲労症候群に苦しむ人々には最高の自然療法です。
慢性疲労症候群5

  • ニンジン2本、小さいリンゴ1個をジューサーにかけます。ボールにビーポーレン(蜂花粉)、ハチミツ小さじ1杯、ローズマリー小さじ1杯を入れ、ペースト状になるまで混ぜます。これをニンジンとリンゴのジュースに入れ、さらに小麦胚芽、ビール酵母を各大さじ1ずつ加えます。これを朝に飲みましょう。

慢性疲労症候群を予防するには

  • 普通とは違う疲労の症状を感じた時、疲労感が”いつものこと”だと感じるようになったらすぐに医師の診察を受けましょう。
  • 仕事と休みの区別をしっかりつけましょう。
  • エクササイズを始めましょう。最初は1週間に1日から始め、最終的には1週間に3日行いましょう。
  • お酒やカフェインを含む飲み物は避けましょう。(ソーダ、コーヒーなど)
  • ヨガ、瞑想、マッサージなどをして、ストレスを解消しましょう。
  • 毎日8時間は眠りましょう。
慢性疲労症候群6