衣類の白さを取り戻す8つの方法

· 3月 19, 2018
衣服を本来の白さに戻して白く輝かせるためには、成分が強すぎない自然な方法を利用するのが理想的です。

衣服の品質にかかわらず、さまざまな理由で元の白さが失われてしまうことがあります。

今回は、黄ばんだり白さが失われても、白い服を元の色調に戻し、新しい白い衣服を長持ちさせる方法をご紹介します。汚れが気になるからと白い服を敬遠していた人も、これを読んで白に挑戦してみてください!

1. 過酸化水素と重曹

白い衣類の白さを取り戻す
材料

使用方法

  • 材料を混ぜてペーストを作ります。
  • 白くしたい場所にブラシを使って塗ります。
  • 通常通り洗濯をします。
  • 衣服を全体的に白くしたいときは、今回の材料に水2リットルを加えた液体を作り、そこに衣服を2時間つけてください。
  • 2時間が経過したら洗濯機で洗います。

こちらの記事もご覧ください:洗濯機のクリーニングのための4つの方法

2.過酸化水素とアンモニア

アンモニアには強力な洗浄成分があり、なかなか落ちない強い汚れさえも取り除きます。この方法で作った洗剤を使用する場合は、換気の良い場所でゴム手袋を着用してください。

材料

  • アンモニア 4 滴
  • 過酸化水素 大さじ1 (10 ml)
  • 水 2 リットル (8 カップ)

使用方法

  • 洋服全体を白くしたいときは、バケツの中でこの洗剤を作り衣類をそこに数時間入れて浸します。
  • その後、通常の洗濯用洗剤を使って洗います。

3. 油汚れを落とすガス

油汚れや血などは、衣服についた汚れの中でも最も落ちにくいと言われています。これらの汚れを落とすときはライターなどのガスを活用します。

使用方法

  • シミや汚れの上にガスを流して蒸発させます。汚れが完全に落ちるまで続けてください。
  • 終了したら普段と同じように洗濯を行なってください。

4. アスピリン

アスピリン

 

白い衣類の黄ばみを予防するときや落としたいときは、アスピリン3~4錠を洗濯槽の中に入れます。また汗ジミなども取り除く効果があります。

使用方法

  • 汗染みを取るときは、アスピリンと水を加えたものの中に衣類を入れて数時間浸透させます。
  • 時間になったら普段と同じように洗濯をします。

5. 化粧品の汚れにはパン

白い洋服によくついて取れなくなる汚れの一つが化粧品です。化粧品による汚れを取り除くのに最も効果が高いのが食パンです。

使用方法

  • パン一枚を丸めてボール状にします。
  • 汚れの上にパンをのせて軽く押します。
  • この時に汚れを広げないように気をつけてください。
  • 洗濯機で通常通り洗います。

ご存知でしたか?:
家庭でできる/ナチュラルな材料を使った洗濯ワザ

6. インクの汚れにはガラス用洗剤

インク、ペン、そして蛍光ペンなどの汚れにはガラスクリーナーを使いましょう。

使用方法

  • 汚れの下にナプキンを敷き、洋服の裏側が汚れたり濡れないようにします。
  • ガラスクリーナーをシミや汚れに吹きかけたら5分間そのままにします。
  • その後、通常通り洗濯を行なってください

7. レモン

レモン
レモンは衣類の漂白に高い効果を発揮します。

材料

  • 水 1カップ(200 ml)
  • レモン果汁 1個
  • 過酸化水素 小さじ1  (5 ml)

使用方法

  • 洗濯機に衣服を入れます。
  • 洗濯機の中に、水、レモン果汁、そして過酸化水素水を混ぜ合わせたものを入れ、1時間ほど浸します。
  • 1時間が経過した後、通常通り洗うと驚きの白さを実感します。

8. 汗ジミに効果を発揮するホウ酸

ホウ酸は衣服についた汚れ、特に汗ジミをとり元の白さを保つのに役立ちます。

材料

  • ホウ酸  (10 g)
  • 水  (必要に応じて)

使用方法

  • 汗ジミにはホウ酸と水で作るペーストが高い効果を発揮します。
  • 洋服に塗ったら15~20分そのままにして浸透させます。
  • その後、通常通りに洗濯機で洗います。
  • 衣類の下の白さを取り戻すもう一つの方法は、大さじ一杯のホウ酸に強力な洗剤を組み合わせたものを洗濯洗剤として洗濯機の中に入れる方法です。
  • ただしホウ酸を頻繁に使用してはいけません。最大でも3回に1回程度の頻度を心がけてください。