新生児仮死につながる可能性のある危険因子

10月 24, 2019
周産期仮死または新生児仮死は非常に深刻な問題であり、赤ちゃんが死亡する可能性があります。今回の記事では、新生児仮死の原因と危険因子を探ります。

新生児仮死は、新生児に酸素が不足している場合に起こり、必然的に死に至る可能性がある状態です。

新生児仮死は、出産前、出産中、または出産後にさまざまな理由で発生します。

最近の研究のデータによると、新生児仮死になった新生児の約20%が死亡し、生存した場合でも、慢性的な神経系の問題を抱えることになる傾向があることがわかりました。

今回の記事では、新生児仮死に関する最新の研究や情報に焦点を当てます。

新生児の死亡の原因の一つである新生児仮死

新生児仮死とと死亡の関係

新生児仮死は、新生児死亡の主な原因の1つと考えられています。

世界保健機関(WHO)の発表においても、新生児の主な死因の1つとして新生児仮死が含まれています。

多くの場合、分娩時や出産直後に新生児が泣いたり動いたりしない場合、赤ちゃんに酸素が不足しています。

新生児仮死のもう一つの兆候は、生まれたばかりの赤ちゃんの体がぐったりしていることです。

どちらの状況においても、医師にはできる限り早い行動が求められます。

分娩前に赤ちゃんが酸素不足に陥っている場合は、緊急帝王切開になる場合があります。

新生児仮死の原因とは?

新生児仮死はいくつかの異なる要因によって引き起こされる可能性があり、前述したように、出生前、出産中、または出生後のいつ仮死が発生するかどうかによっても異なります。

出産前の新生児仮死

このタイプの仮死は、妊娠中のすべての段階で発生する可能性がありますが、最も一般的なのは出産予定日あたりです。

胎児と母体の両方が健康で、妊娠の経過が良好であることを確認する定期検診が必要なのはこのためです。

ここからは、新生児仮死を引き起こす可能性のある要因を、いくつかご紹介します。

  • 母親の貧血
  • 妊娠中の出血
  • 赤ちゃんの頭が正しい位置にない
  • 出産予定日を過ぎている(42週間以上)
  • 母親が感染症を発症

こちらもご参照を:妊娠中の出血が起きる原因:起こったときの対処法は?

出産中の新生児仮死

出産中に、特定の危険な状況が発生する場合があります。

医師はあらゆる状況に対処する準備ができていますが、新生児仮死を引き起こす原因となる状況を事前に把握することが大切です。

  • 臍帯巻絡またはある時点で起こる臍帯の圧迫
  • 子癇前症により母親の血圧が上昇
  • 母親の呼吸器系の問題
  • 鉗子を使った分娩
  • 通常よりも長い分娩時間

出産後の新生児仮死

新生児仮死が起こる原因

未熟児は、新生児仮死を発症するリスクが高くなります。

すでに生まれている場合でも、新生児仮死に苦しむリスクがあります。その原因のいくつかをご紹介します。

通常、赤ちゃんが軽度の仮死状態や酸素不足に苦しんでいる場合、いつもより多く泣くか、イライラするか、筋肉が緊張するなどの症状が現れますが、一般的には一日以上は続きません。

一方、より深刻な状況の場合、痙攣や母乳を与えた時の吸引反応の喪失、そして筋肉の緊張が極度に低下する可能性があります。

ご存知ですか?:妊娠中に泣くことが赤ちゃんに与える影響

新生児仮死による神経障害

新生児仮死の発作が起こった時間、また発作が起こってからどのくらい早く治療を開始したかなどの要因が、赤ちゃんが神経系のダメージを受ける可能性に大きく影響します。

神経へのダメージは損傷は、赤ちゃんが何らかの痙攣や発作を起こした場合や仮死状態が長期間続いた場合、そして他の要因が加わった場合などにその可能性が高まります。

例えば、赤ちゃんに何らかの心血管系または肺などの呼吸器系の障害がある場合、神経にダメージを与えるリスクは高くなります。

神経系へのダメージを与えるリスクを高める要因の一つが、血液中に過剰な酸が蓄積する酸性血症(アシドーシス)があるかどうかです。

妊娠中の経過を注意深く観察し、医師の定期検診を欠かさないようにすることで、新生児仮死の予防に役立ちますが、状況によってはコントロールや予防が不可能なケースもあります。

大切なのは、出産前や出産中に発生する可能性のあるさまざまな状況に精通した有能な医師やスタッフがいることです。

新生児仮死は、死に至る可能性がある症状なので、あらゆる予防措置と経験豊富な医療チームが必要です。

 

  • Borrero, J. C. M., Ortega, L. R., Alba, M. P., Duvergel, R. D., & Chacón, M. C. (2013). Algunos factores perinatales relacionados con la asfixia neonatal. Medisan17(02), 187-192.
  • General, C. de S. (2015). Diagnóstico y Tratamiento del Síndrome de Dificultad Respiratoria en el Recién Nacido. Catálogo Maestro de Guías de Práctica ClínicaIMSS1370, 1–5.
  • Tejerina Morató, H. (2007). Asfixia neonatal. Revista de la Sociedad Boliviana de Pediatría46(2), 145-150.