新生児黄疸について:症状と治療法を学んでみよう!

8月 8, 2019
新生児黄疸は、新生児の肌と目の結膜が黄色みを帯びていることによって特定することができます。一般的に深刻な症状ではありませんが、医者に診断してもらうべきでしょう。

新生児黄疸は、肌や目の結膜(白目の部分)が黄色みを帯びることよって特徴付けられる症状です。これは、血液中のビリンビンが過剰に生産されることによって起こります。

ビリンビンは赤血球が壊れたときにできる黄色の色素です。通常この物質は、肝臓を通過し胆汁として腸に排出されます。

黄疸は病気とはみなされていないですが、未診断の症状を示すことがあるので、警告サインとして捉えるべきでしょう。

なぜ新生児に黄疸が発生するのでしょうか?どうやって見分けることができるのでしょうか?

親としては、これらの質問に答えられることが重要です。本日は、新生児黄疸の原因、症状、そして治療法についておさらいしてみましょう。

新生児黄疸の原因

新生児黄疸 症状 治療法

産後に高いビリンビル値を持っていることは、新生児にとって珍しいことではありません。実際には、ほとんどの新生児が黄色みを帯びた肌を持っています。未熟児の赤ちゃんの80%、生産期で産まれた赤ちゃんの60%にこの症状が見られます。

しかし、ずっとこの症状が続くわけではなく、2週間後には自然に消えます。

主な原因は、過剰なビリンビンを適切に処理することができない未熟な肝臓機能によるものです。また、赤血球をより頻繁に更新するために、新生児は通常よりも多くのビリンビンを生成しているようです。

他にも次の原因が考えられます。

  • 黄疸の家族歴
  • 母乳を飲んでいない
  • 内出血
  • 血液感染症(敗血症)
  • ウイルスや細菌感染
  • 母親と赤ちゃんの血液型不適合
  • 肝不全
  • 異常な赤血球

新生児黄疸の症状

新生児黄疸の主な症状は、黄色みを帯びた肌と目の結膜です。

一般的に産後2日目~4日目に目立つようになります。色の変化は顔から始まり、腹部、足、そして足の裏へと広がっていきます。

症状が深刻な場合、下記の症状も伴うことがあります。

  • 食欲減退
  • 低体重
  • 激しく泣く
  • 疲れた見た目

こちらもご参考に:病院に行かずに熱を下げる方法

診断

新生児黄疸

赤ちゃんの外観から、医者は黄疸を診断することができます。しかし、血液中のビリンビル値を計測するために他のテストも必要とされます。

そのため、身体的な診断に加え、下記の検査についても提案されることが多いです。

  • 血液サンプル(全血球数)
  • 経皮的ビリンビン測定器による分析
  • クームス試験
  • 網状赤血球数

新生児黄疸のための治療

新生児黄疸は、一般的に治療なしで2~3週間後には消えます。しかし、症状が深刻な場合には、数日間入院が必要な場合もあります。

治療方法は、血液中のビリンビン値、赤ちゃんの年齢、または未熟児であるかどうかによって異なってきます。ビリンビン値が非常に高かったり、急速に上昇しているようであれば、治療が必要となるでしょう。

治療方法には次のようなものがあります。

光線療法

新生児黄疸 症状 治療法

この治療では、青色のスペクトル光線を発する特別なランプに赤ちゃんを当てます。この光線は、ビリンビン分子を分解するのに役立ち、尿を通してビリンビンを体外へ排出してくれます。これは紫外線ではなく、フィルターとして機能するプラスチック製の保護板があります。

この治療中、赤ちゃんはおむつと目を保護するマスクだけ着用します。光を放つマットレスを使用する病院もあります。

ご存知ですか?妊娠中の高血圧:症状と治療法

免疫グロブリン療法(IVIG)

母親と赤ちゃんの血液型不適合によって新生児黄疸が発生した場合、免疫グロブリン療法が使用されます。この治療は、黄疸や輸血の必要性を減少します。

輸血

他の治療に全く反応がない場合、まれに輸血が求められることがあります。

これは、母親から受け継いだビリンビル値と抗体を薄めるために、血液を少しづつ繰り返し除去します。その後、血液は赤ちゃんに戻されます。

食習慣

母乳 新生児黄疸 症状 治療法

黄疸が深刻な症状でなければ、赤ちゃんの食生活の簡単な変更を提案されるかもしれません。母乳に問題がある場合には、サポートが必要な場合もあります。

黄疸を減らすことができるヒント!

  • 腸の動きを促進させるために、より頻繁に母乳をあげる。
  • 母乳が難しい場合には、粉ミルクなどの補完的な栄養源を使用する。赤ちゃんの体重が減少している、または水分不足の場合には、特に必要となります。
  • 数日間粉ミルクの使用を試してみて、母乳を再開する。(医者の指導のもとのみ)

医者の診察はいつ受ける?

産後5日間の間は、黄疸があるかどうかを診断するために全ての新生児が専門家によって検査されるべきです。黄色み帯びた肌や結膜に加えて熱、食欲減少、無気力さを伴う場合には、緊急治療室に行くことが重要です。

生産期に生まれた赤ちゃんおよび他の病気を持っていない赤ちゃんにとっては、黄疸は危険ではありません。しかし、未熟児である場合には、特別な注意が必要となるかもしれません。

Gill, K. (2016). Newborn Jaundice: Causes, Symptoms, Treatment, and Prevention. Retrieved from https://www.healthline.com/health/newborn-jaundice

Mayo Clinic. (2018, August 30). Infant jaundice. Retrieved from https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/infant-jaundice/symptoms-causes/syc-20373865