心理テスト:あなたは6つの家どれを選びますか  

· 2月 25, 2016
あなたが選んだ理想的な家は、自分自身や感情について教えてくれます。

6つの家で心理テストを行います。夢の家を想像してください。とても居心地良く、凝った設計やディテールがあり、あなたがこだわるドア、窓、フレームなどがある夢の家を選んでください。この心理テストでは、将来の一部を示すだけでなく、あなたの人生や人格の重要な側面を反映しているのです

心理学者や専門家によると、希望する家のタイプは、直接家族に対する関心、自分の感情、そして考え方につながっています。あなたが子供のころ描いた最初の家でもわかり、あなたが中年になって夢の家を作るため考えているときにも続いているのです。

あなた自身を映す理想の家の性格タイプを心理テストで調べてみましょう。夢の家を6つの家から1つ選んでください。それから以下を読んでみてください。

心理テスト1番目の家

心理テスト:冒険心

この家を選ぶ人々は、一般的にプライドが高く、熱心で、面白く、冒険への情熱を持っています。このタイプの人は毎日の日課から逃れようとし、旅行、スポーツ、またはなにか楽しくなるようなことが好きです。

またちょっと衝動的で、時々無責任な行動をします。素晴らしい冒険を計画し、素敵な時間を過ごしますが、楽しいことが日常の現実の妨げにならないようにするとよいでしょう。この家を選ぶ人々は、ただ単に日々を過ごすということはなく、一日一日すべての瞬間を楽しみます。

心理テスト2番目の家

2番目の家は、責任感のある情熱的な人を表しています。何よりも、この家を選んだ人はいつも親切で、正直です。このタイプの人の特徴の1つは共感であり、他人事がまるで自分の問題であるかのように感じてしまい、それが欠点になることもあります。

また、自分の将来の事を心配し、時々とても不安になります。このタイプの人に対するアドバイスは、流れに乗ることも覚えて、毎日一瞬一瞬の平静を装って、自分は大丈夫だと自覚することです。

心理テスト3番目の家

心理テスト:クリエイティブ

この家を選ぶ人は、自分に自信を持ち、ゴールに向かって効率的に一生懸命働いて、あらゆるチャレンジに立ち向かいます。

このタイプは自分で決めた目標を達成するため、自力で努力して勝ちたいと思う人です。それでも感情をコントロールする方法を学ぶことが重要です。人生というのは、いつも自分の思い通りにならず、失敗に対処する方法を学ばなければいけないからです。

こちらの記事もお勧めです:心身の健康バランスを保つ10のアドバイス

3番目の家を好む人は、疲れきるまで働くのは、いつでもベストではないことを覚えておいてください。バランスをとりながら、仕事をしたり、健康を損なうストレスの多い状況を避けるとよいでしょう。

また、自分の時間をよく見直すとよいでしょう。自分で設定したスケジュールを大事にして、お友達やご家族との時間を過ごすことを覚えておきましょう。

心理テスト4番目の家

4番目の家は、周りの人やいろいろな物事に対し調和をとるように努力する、寛容で正直な人を表しています。このタイプの人はけんかや対立の状況を回避しようとする傾向があります。このタイプの人は親しい人たちに囲まれることが喜びである穏やかな人です。

穏やかな人生を生きることはこのタイプの人の美徳の一つですが、自分を前へ押し出せす方法を学ぶ必要があります。不健康な状態が自然に改善されるのを待っていると、もっと悪い状況になり兼ねません。

こちらも参考にして下さい:自分を尊重する

心理テスト5番目の家

心理テスト:志向を表す家

5番目の家を選んだ人は、自分や他人の痛みと喜びの両方の感情を経験し、その感情を通して世界を見ます。このタイプの人はとても感情的であるため、外的要因によって引き起こされた状況と経験に関連づいた感情と、自分自身の感情の違いを学ぶことが課題です。結論に飛びつかないために、よく話し合うことをお勧めします。

心理テスト6番目の家

6番目の家は、寛大で、効率的で、才能豊かな、さまざまな分野や活動において秀でている人に好まれます。6番目の家を選んだ人は、忍耐強さにしばしば欠けたり、世の中の半分の人が自分と同じ考え方で行動しないという理由で落胆することもあるでしょう。

このタイプの人は他人を助けるために忍耐と寛容の技術をマスターし、自分の才能を有効に使うとよいでしょう。この方法で対人関係が改善され、より豊かな人生になるでしょう。