慢性的な心配性:健康への3つの影響と対処法

· 2月 23, 2018
慢性的な心配は精神面に影響を与えるだけでなく、私たちの健康にも悪影響を与えて免疫システムを弱らせます。

慢性的に心配事があるのは、現代社会では一般的な精神状態で、毎日のストレスやプレッシャーなどがその原因となっています。

また慢性の心配性は不安障害にも似ており、心配が続くことで多くの身体的および精神的な疲労を引き起こします。

慢性の心配性は、精神的な「嵐」や底なし沼のようなもので、毎日の生活で起こること、または起こっていないこと、あるいは過去の一部に過ぎない特定の事柄について考えずにはいられない状態です。

心がある特定のものに苦しみ、執着するような状況では、生産性と生活の質が低下します。

心配をしても問題の解決にはなりません。

心配をしすぎると、否定的な考えに支配されて何の解決策も見つからず、出口のない迷路に迷い込んだような錯覚に陥ります。その結果、生産的な考え方や実践的な戦略に目を向けることを忘れがちになります。

そして特に大切なのは、慢性の心配性は私たちの健康に非常に大きな影響を与えるということです。

本記事では心配性が私たちに与える影響と、その対処法をご紹介します。

1. 慢性の心配性による筋肉の緊張

筋肉の緊張

ほとんどの人が筋肉の緊張を経験したことがあるのではないでしょうか?

疲れた日やストレスの多い1日の終わりに、首や顎の筋肉が痛みを伴って緊張していることがあります。

慢性的な緊張感や疲れではない場合、この生物学的な反応を認識せずに終わる場合がほとんどですが、一日中心配をして過ごすと、脳はストレスホルモンであるコルチゾールを血液中に分泌し始めます。

このコルチゾールは、戦いなどに備える役目を果たすホルモンなので、これが分泌されると、脳は再びエネルギーと血を筋肉に送り始めることで、次の「戦い」に備えます。

その結果、筋肉や関節の緊張、頭痛、腹痛、めまいを引き起こします。

こちらの記事もぜひ:ストレスによる頭痛の症状とアドバイス

筋肉の緊張を軽減する方法

 

前述したように、過度の心配が身体の緊張を引き起こすことは明らかです。 したがって、強迫観念や実りのない負の思考回路を改めることが大切です。

不安、心配、ストレスの影響を軽減するには、以下の方法を実践してください。

  • 高強度で短時間の運動を行いましょう。 心を落ち着かせるためには、体内のエネルギーを放出し、身体を運動などで疲れさせる必要があります。
  • 自分に合う適切な運動を選びましょう。筋肉の緊張が悪化しているときは、体を傷つけないような運動を選んでください。
  • 腹筋運動、トレッドミルなどのマシン、またはズンバなどのグループクラスがお勧めです。

2.慢性の疲労と心配性

慢性ストレス

自分一人ではどう対処したらよいかわからない精神的な苦痛、心配、そして不安などが慢性疲労の原因となります

元気に1日を過ごしたい、やるべき行動を行いたいと考えているにもかかわらず、私たちの心や精神容態が、私たちのエネルギーをすべて消費して疲労感が私たちを支配します。

心配が続くと、この疲労感が続く毎日が続き、まるで身体疲労と慢性の心配性の檻の中に囚われたように何も手につかなくなります。

心配性が原因の疲労感を対処するためには?

心配性に対処する肯定的な方法は、「心配事を対処する時間」を毎日の予定に組み込むことです。

  • 1日の中で、心配事への解決策を見つける時間を設定してください。
  • 日常生活を妨害するような思考回路が現れたときは、自分自身にこう話しかけてください。「今は心配事に支配される時間ではない。仕事が終わったら考えてることにする」
  • すべての心配事には解決策があります。解決策のない物事について長期にわたって心配し続けているときは、自分の時間やエネルギーを費やす価値のないことだと考えて心配するのをやめてください。
  • 就寝前にすべての心配事を解決してください。決して寝るときまでその心配事を抱えないでください。

こちらの記事でさらに詳しく: 7つの不安障害とその症状

3. 慢性の心配症が免疫システムを弱くする

免疫システム

職場での大きなプロジェクトや面接、また会議が始まる前に不安になり心配するのは、自然で理解できる心理状態です。

問題となるのは、「心配する」という精神状態が日常生活の一部となり、私たちの考えをすべて占めてしまうときです。

心配性が原因で、私たちの健康に直接的な悪影響を与える危険性もあります。

慢性的に心配事を抱えていると、コルチゾール値だけでなく、アドレナリンも上昇します

ここで私たちの脳は「脅威がある」と判断して、私たちの身体を「警戒モード」に設定します。

この状態になると、体に入るすべての生物学的資源とエネルギーを筋肉と脳に供給し、免疫システムをはじめとする他のシステムは、無視されています。

つまり自己免疫システムが低下するため、ウイルスや細菌から自分の体を保護できず、感染症、風邪、アレルギーなどを発症するリスクが高まります。

免疫システムを強化するためにできることは?

  • 今日の心配事を明日まで持ち越してはいけません。雪だるまのように心配が大きくなり、解決策があるのにも関わらず見つからないという悪循環に陥る危険があります。
  • ストレスや不安に苦しんでいるときは、新鮮な天然素材の食品を食べてください。飽和脂肪酸が多く含まれたジャンクフードや加工品は避けてください。
  • 社交的になりましょう。心配事を周りの人に相談してアイディアを得ることで、自分の心をさえぎる物事は他人の目を通して見ると、大したことではないと感じることができます。
  • 毎日少なくとも30分以上は外に出て運動をしてください。 呼吸器系や循環器系の機能を活性化し、筋肉の緊張を和らげながら、心を解放する効果があります。

私たちは、慢性的な心配に直面することが多くありますが、自分に合う方法を見つけて心配事を解消し、より幸せで健康的な生活を送りましょう。