子宮頸がんに関連する7つの要因

· 8月 1, 2016
直接的な関連は分かっていませんが、身体をあまり動かさずに不健康なダイエットをしている生活は腫瘍細胞の生成を増加させる毒素の蓄積につながることがあります。

子宮頚がんは、悪性腫瘍を形成する細胞が子宮頚部で異常増殖することによって発症します。現代医学がこの形のがんを発見し治療する能力をもってしても、依然として30~59歳の女性で4番目に多い死因となっています。 

大多数のケースでヒトパピローマウイルス(HPV)が直接的に関係しています。ただし、他の原因も研究されています。

以下の7つの要因が子宮頸がんの進展に関係していることを、ここでお伝えしたいのです。ぜひご覧ください。

1. ヒトパピローマウイルス (HPV)

hpv-vaccine

子宮頸がんに進展する前がん症状の98%が、特定のタイプのヒトパピローマウイルスに関係しています。

男性はこのウイルスのキャリアであり性的交渉を通じて女性に伝染します。

いまのところ、感染を防ぐもっとも効果的な方法の一つがワクチンの接種です。ワクチンは9~45歳の間に3回にわたって接種されます。

HPVワクチンは日本でも2009年から導入されています。厚生労働省の助成などもあり一時は高い接種率でしたが、副作用を疑う声が出たため、現在は厚労省が積極的勧奨を見合わせており接種率は下がっています。ただし希望者は接種を受けることができます。

WHOは副作用を疑う根拠は乏しいとし、日本が接種勧告を停止していることを非難する見解を発表しています。

2.早い年齢でのセックス

早い年齢での性交渉は女性の健康にとって有害になることがあります。子宮がまだ十分に発達しておらず、ウイルスや他の疾患に対し敏感だからです。

女性の健康を害しかねないこの種のリスクや他の影響を知らせるために、早い段階での性教育が鍵となるでしょう。

3.タバコ

tobacco-use

喫煙は肺がんの主因となるだけでなく、他のタイプの腫瘍の発現にも重要な役割を演じます。

毎日喫煙する女性は、タバコに接しない女性に比べて子宮頚がん発症のリスクが4倍になっています。

タバコには、がんとなる細胞の成長を加速する有害物質が含まれているからです。

4. 経口避妊薬の長期にわたる使用

経口避妊薬は改善されてきているため、このリスクは小さいものですが、続けて5年以上使用すると、子宮頸がんのリスクが上昇します。この可能性は小さく、主因はHPVにあるということにはご注意ください。

5. 動かない生活

sedentary-lifestyle

太り過ぎで身体を動かさない生活を送る女性は成人した後、この病気にかかりやすい傾向があります。

動かない生活は循環器系に問題を生じ、また伝染病にかかるリスクを増やします。

さらに悪いことに、余分な脂肪や毒素が腫瘍細胞の成長を助長します。

6. クラミジア感染症

クラミジアは女性の生殖器官に感染するよく知られたバクテリアです。性的接触で伝搬され不妊の原因の一つにもなります。感染症が骨盤部に炎症をもたらし受胎能力に影響するからです。

血液分析によって、クラミジア感染症にかかったことのある女性は、感染歴のない女性に比べて子宮頚がんのリスクが高いことが分かっています。

ほとんどの場合、感染している女性は、その時点で明確な症状がありません。感染は通常、骨盤内診察で発見されます。

7. かかりやすい家系

family-history

他のタイプのがんと同様、子宮頚がんにも遺伝的影響がありえます。

子宮頸がんにかかりやすい家系の女性は、他の女性に比べて2倍から3倍この病気を発症しやすい傾向が見られます。

子宮頸がんに関する家系的なかかりやすさは、HPVに対抗する力が弱い免疫システムを構築してしまう遺伝的な疾患によるものではないかと考える専門家もいます。

定期的に検査を受けることが、この病気を防ぐ最良の方法です。

膣スミア(子宮頸部細胞診)やHPV検査が早期発見の鍵となります。