子宮がんの6割は予防できる

9月 3, 2015

最近の研究によれば、子宮がんの予防に必要なことは、日々の運動、健康な食生活の維持、コーヒーを毎日飲むことなど、非常に簡単なことばかりです。

アメリカがん研究協会世界がん研究基金が発表した報告書によれば、子宮体がんの約59%は、女性が毎日30分の運動をし、飽和脂肪酸の多い食事を摂らないことで、予防することができます。

子宮体がんは、アメリカでは最も患者数の多い子宮がんであり、乳がん、肺がん、大腸がんに続き、女性では4番目に多いがんです。子宮がんには、子宮肉腫と呼ばれるもう1種類のがんもありますが、発生する頻度はそれほど多くありません。これら2種類のがんは女性の生殖器で最も頻繁に起こるがんで、女性のがんの6%を占めています。

科学的な研究が示さなければいけないこととは?

上に示した機関の研究者たちが研究のデータを再検討した後に、研究者たちは「毎日適切な食べ物を選ぶことが、身体からがんを追い出すために重要な要素である。」という結論に達しました。ですから、1日1杯のコーヒーを飲むことで、リスクをおよそ7%低下させることができます。一方で、糖分や精製された穀物が豊富な食べ物をたくさん食べると、がんに罹患するリスクをかなり増加させることになります。

なぜ起こるのか?

子宮体がんは、エストロゲンやインスリンなどのホルモンの機能と直接的につながりがあると、考えられています。これらのホルモンは、肥満や脂肪の過剰摂取と密接な関係にあります。だからこそ、免疫システムや消化システムを強くすることの他に、日常的な運動を行い、健康的な体重を維持し、エストロゲンやインスリンの数値を下げることが推奨されているのです。

また、クロロゲン酸のような抗酸化成分を含むため、コーヒーはDNAへのダメージを予防することができます。これらの方法によって、インスリンへの感受性が大きく高まり、グルコースが小腸から吸収されることを防いでくれます。ですから、GI値を増加させてしまうあらゆる食べ物は、子宮体がんやその他の病気にかかるリスクを高めるため、避けた方が良いのです。

どんな症状があるのか?

可能性のある病気に関する警告となるため、注意すべき兆候を知っておくことが重要です。
可能性のある病気に対する警告になるため、注意すべき兆候を知っておくことが重要です。

子宮体がんに早く気づいたり、予防したりすることができるようになるためにも、以下の症状を覚えておいてください。

  • 閉経後におこる性器からの出血
  • 月経以外の時期の出血
  • 下腹部の痛み
  • 性交中の痛み

女性の中には、急激な体重減少を経験する人がいることもありますが、この症状は他の病気に関係があったり、がんと直接関係がなかったりすることもあるので、警戒しすぎることはありません。いずれにしても、これらの症状のいずれかがある場合には、医師の診察を受けましょう。

あなたへおすすめ