精神疾患〜10の警告症状

12月 25, 2019
病気や疾患の中には、行動に影響を及ぼし、突然の気分の変化をもたらすものがあります

病気や疾患の中には、行動に影響を及ぼし、突然の気分の変化をもたらすものがあります。精神疾患の症状は、その理由によって様々です。一時的な状態である場合もありますが、健康に深刻な結果をもたらすこともあります。また、これらの症状は、早期に適切な対応をすることでコントロールできることもあります。

症状の中には、自身に影響を与えるだけのものもあります。ですが大半は、その行動や変化が第三者を巻き込むケースが多いでしょう。その多くは、恐れや痛み、対人関係、自立の損失、孤独などからきています。

精神疾患の警告症状10

精神疾患〜10の警告症状

次に、精神疾患を患っているかもしれないと言える症状をいくつか挙げましょう。

睡眠障害

ぐっすりと眠ることができない、というのは精神疾患のよくある症状の一つです。不眠や慢性的な疲れなどで現れます。また、悪夢を見たり、夢遊病などとして現れることもあるでしょう。

精神疾患と恐怖症

精神的な疾患のシグナルとして現れるものの一つに、恐怖症があります。よくあるのは、家を出るのが怖いという広場恐怖症です。他人と関わるのを怖れる社会恐怖症もあります。人ごみの中にいることを怖れるものです。特定の物や動物、状況に対する恐怖症もあります。

恐怖症は、その症状を抱えている人の周りの環境や行動に直接影響を与えてしまう、ということを覚えておきましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:強迫神経症(OCD)について知っておきたい事

 

明らかな理由もなく気分が変化する

人は誰も、悲しみや不安を感じたり、神経質になったり、イライラしたり、怒りを感じます。ですが、特に理由もないのに、そう感じるというのは、精神疾患の重要な症状でしょう。残念ながら、理由もなくマイナスの感情を抱えるということは、恋愛関係や夫婦、親子関係などに問題を引き起こすかもしれません。

現実の歪曲

自分の都合の良いように現実を歪曲してしまうという症状もあります。これは、性的なことや政治的、宗教的なこととは関係ありません。本当の機能不全なのです。極端な例を挙げれば、妄想や幻覚を見ることもあります(もちろん向精神薬なしで)。

食習慣の変化

ズッキーニを食べる女性

摂食障害もまた、精神疾患の症状です。体型や健康を害するにもかかわらず、突然コントロール不可能な食べ方をします。またその逆に、自分が太りすぎであると思い込み、食べるのを止めてしまうというケースもあります。拒食症や過食症はこのようにして始まります。また、上述した現実の歪曲という症状とも繋がっています。

中毒

薬物乱用や本人のコントロールの範囲を超えた活動などは精神疾患の症状です。

中毒状態に陥りやすい人、のめり込みやすいタイプの人にとって、自身の機能不全や疾患に気がつくのは難しいでしょう。薬物乱用、無茶食い、ギャンブル、サディズム、マゾヒズム、さらには、電子機器に対するアディクトも含まれるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:精神的健康のために避けるべき9つのタイプの人々

精神疾患と性的願望

性的欲求の減少は、うつなどの精神疾患と関連付けられることがよくあります。また、その他、性的な習慣も精神疾患と関連する場合があります。例えば、早漏、加虐被虐性愛(サドマゾヒズム、SM)、性的倒錯(パラフィリア)などが挙げられます。

認知または記憶障害

仕事やするべきことの関係性、人との関係、状況などを結びつけることができない、または理解できないという症状があります。進行性の記憶喪失も共に起こることがあります。

電気を消したかどうかを忘れてしまう、ということで気がつく人もいるでしょう。愛する人や身の回りのものが認識できない、という人もいるでしょう。その場合、すぐに専門機関を受診し、症状の悪化や精神的ダメージを防ぐべきでしょう。

過剰な敵対心や怒り

ストレスにうまく対処できずにいると、手に負えない怒りへと繋がります。結果、暴力的な行動に結びついてしまうことがあります。衝動がコントロールされないと、職場や家庭などでの深刻な事態を引き起こしてしまう怖れがあるでしょう。

自殺願望

自らの手で命を絶ってしまいたいという考えは、精神疾患の明らかな症状の一つです。特に、これまでずっと成功してきて、何かを失ったことや失敗した経験がない人に見られます。自分には不可能だと感じることや、自分は無意味だと感じることが自殺願望の要素となることはよくあります。死んでしまいたい、と感じる人は、自分の気持ちをその都度表現し、周りの人に助けを求めることが、孤立しないための重要点です。

精神疾患:覚えておきたいこと

グループの中央で話す女性
症状に影響を及ぼすようなリスクファクターはたくさんありますが、決定的ではありません。

  • 過去や現在にトラウマとなるような経験をした(している)
  • 暴力や放置の環境にある
  • 精神疾患歴がある
  • 脳にダメージを与えるような怪我
  • ストレスの多い状況

精神疾患は、あなたが思うよりもよくあることです。また、年齢を問わず、社会層や文化、職業も問わず、誰もが苦しむ可能性を持っているのです。症状のコントロールする方法、癒す方法を見つける手助けを求めることが大切だと言えるでしょう。

  • Héctor González Prado, Marino Pérez Álvarez. La invención de enfermedades mentales. Extraído de: http://www.asmi.es/arc/doc/La_invencion_de_enfermedades_mentales.pdf
  • Carolina Raheb. Universidad Autónoma de Barcelona. Conceptos de enfermedades mentales. Extraído de: http://www.paidopsiquiatria.cat/files/sistemas_clasificacion_dsm-iv_cie-10.pdf
  • Fundación ANAED. https://www.fundacionanaed.es/index.php/interesa-t/articulos-de-interes/89-articulos-de-interes/431-sexo-y-depresion-una-relacion-intima
  • Selvini, Matteo. (1996).Perturbaciones mentales graves y distorsión de la realidad. http://www.redesdigital.com.mx/index.php/redes/article/view/110