成熟した女性たちの/素晴らしいメンタリティ

· 6月 28, 2016
ずっと先延ばしにしていた自分を幸せにすること、自分の成長を受け止め、自分自身を気にかけてあげることに、自分の中の時計が合図を送る時がくるでしょう。

シルビアという48歳の女性は、ある朝目覚めてきっぱりと決心しました。「我慢も何も、もうこれでおしまい。離婚するわ」

夫は自分のことばかり考え、二人の関係はもう行き詰ってしまっていると、彼女は確信していました。

彼女は、他人の世話をして人生の大半を過ごしてしまったことに気づきました。自分のことしか考えない人々を自分の周りにおいてしまっていました。手の届かなかったところを見えなくしていた霧が、突然彼女の前から消えました。

どういうわけか、何かが変わったのです。心の中に張り巡らされている糸のうちの一本がピーンと張って、今度こそ自分自身に構わなければならない時が来たのだ、と分かったのです。

うまく行かなくなっていることの大掃除をして、人生を生き直してみたいと思ったのです。

 

40歳を迎えた後の女性の心

2-hummingbird

40歳を過ぎた後の女性の心は、女性ホルモンの周期が最後になるため、まるで時限爆弾のようになっています。女性は人生の中で年ごとに、神経系の連結部分に水をやり肥料をあげ、豊かにしています。その結果、年を重ねるごとに、感情や思いはより新しくより強くなっていくのです。

女性の心は一生を通じて絶えず変化していきます。一般的に、女性の現実性は、男性の現実性ほど安定的なものではありません。男性の心はほとんど変化しないので、岩山に例えられることがあります。それに対して、女性の心は天気のように変化し、予測するのが難しいのです。一週間の間にも心が変わるなら、生涯を通じて、女性ホルモンのジェットコースターはいったいあなたをどこに連れて行ってくれるのでしょうか?

40歳を過ぎた成熟した女性が持つ素晴らしい才能

3-cat-on-beach

シルビアのように、多くの女性が、人生のある時点で自分の人生に疑問を持ち始めます。何を望んでいて、何を変えることが出来るのかについて考え始めるのです。

自分のしたいこと、興味や関心を犠牲にせずに、自らの責任や義務と折り合いをつけたい。そのために、リスクを背負うことも承知で、過去に手放した考えや道をもう一度見つめなおし始めます。

そういうわけで、一般的にはこの年齢の女性たちは、自分の意思をはっきりと自覚し、よりアクティブになり、自分を感情的に縛ってきた人生に不要なものを清算していくようになります。

つまり、特定の年齢に達すると、あなたの現実は変わり始め、全てがクリアに、簡単になっていくのです。ある年齢に達した女性が手にすることのできるこの能力について、オプラ・ウィンフリーの次の言葉がよく表しています。

”私は、この年になってもまだ成長し続けていることに驚いてしまう。新しいことを探し、もっと大きくなれるように自身の限界を超えていく。20歳の頃には、「大人になる」というある一定の不思議な年齢があって、それに達したら自分の「大人」への進化は終わるのだろう、と思っていた。昔はその年齢というのはたぶん35歳ぐらいなんじゃないかと思っていたのに、面白いことに、時が経つにつれてその年齢が変わってきて、社会的にそういう意味で大人とみなされている40歳を過ぎても、自分の思っていた意味での「大人になった」状態には達していない。今では、私が人生で期待していることは、私がかつて想像していたどんな夢や希望をも超えて大きくなり、なるべき自分になるために、進化や成長がずっと続いていくのだと確信できる。“

4-face-of-woman

女性の心(脳)に何が起こるのか?

女性ホルモンは、女性が現実を作りあげていくのに重要な役割を担っています。経験したことのとらえ方や価値観、希望に影響してきます。

特定の年齢を過ぎると、心へのホルモンの影響は安定的してきます。これは、あなたの邪魔をせず、あなたが優先したいものをはっきりとわかりやすくしてくれます。人生を通して、エストロゲンが濃い濃度で脳の中に出ていると、あなたは感情、コミュニケーション、感情移入の多くの範囲をより集中して感じることが出来ます。なぜなら、エストロゲンは、私たちがものを理解して感じる為の決定を後押ししてくれるからです。エストロゲンは、気分、考え、衝動、性的関心、ふるまい、幸福感を刺激します。

5-female-friends

女性ホルモン

女性が40歳代半ばごろに達すると、心が急激に変化し、感情面での人生のジェットコースターの最後の段階にかかると言われています。心(脳)に変化が起きるおとによって、自分自身を大切にする必要を感じ始めるのです。

自分自身の喜びと利益を求めるよう合図をする為に、あなたの体内時計は脳の中で必要なアラームを鳴らします。それはあなた自身を知り、あなたが怠っていたか先延ばしにしていた社会的または生物学的な問題の混合を通して、成長することをあなたに強制するようです。

シルビアのような女性の脳では、衝動につながるホルモンが、エストロゲンや黄体ホルモン(排卵直後から卵巣で作られる女性ホルモンの一つ)の産出において不安定であるのをやめ、この結果として、月経のサイクルは終わり始めます。

これを受けて、心の働きはより落ち着いて正確になってきます。その後、扁桃体(感情の中心をつかさどる部分)は、現実を見る際にあなたの客観的な視点にかかっていた霧の発生を止めてくれます。

同様に、これらの回路は、感情を処理する部分(扁桃体と辺縁系)と、意思決定をして(前頭葉前部皮質)分析をする部分とつながっており、同調しています。さらに、ドーパミンとオキシトシンが分泌され、あなたが自分自身の為に優先的に時間を使うことを許すと同時に、それ自体を管理します。

言い換えれば、人生の中でこの時期の女性は、自分の可能性に気づき、新しい方向の現実へと動き始めます。自由な感情の歌に耳を傾ける時、人生をより満足できると感じさせてくれる新しいバランスと、新たな認識の仕方や考えを見出すようになるのです。

6-companions

 

引用:“女性の脳”著ローアン・ブリゼンディーン、“脳と行動”著ニール・カールソン