3週間でぺったんこのお腹に!椅子を使った6つのエクササイズ

· 4月 3, 2018
今日はお腹の筋肉を強化し、ウエストを引き締め、脂肪を燃焼するステップバイステップエクササイズをご紹介します。

ぺったんこのお腹を手にいれるということは簡単なことではありませんし、一晩でできることでもありません。ですが、今日ご紹介するエクササイズをコツコツ行うことで、目標とするぺったんこのお腹に早く近づけるでしょう。

今すぐ始め、継続しましょう。違いが見えてくるはずですよ。

1. 膝を胸に引き寄せる

このエクササイズにはお腹の筋肉を強化し、消化を改善し、脂肪を燃焼する働きがあります。

やり方:

  • 背中を真っ直ぐにして椅子に腰掛けます。背もたれに持たれないように気をつけましょう。
  • 足は腰幅に開いてしっかりと床につけます。背中は真っ直ぐにしましょう。右膝を上げ、胸に近づけます。この間、お腹を引っ張り上げるように意識しましょう。
  • 手を脚に置き、下腹部をストレッチさせます。20〜30回繰り返したら逆の脚を行いましょう。

2. 両膝を持ち上げる

エクササイズをする女性

お腹の筋肉により効果的なのがこのポジションです。以下のステップに従いましょう。

やり方:

  • 椅子に座ります。両脚は付けましょう。
  • このエクササイズ中は背中は真っ直ぐにキープすることを心がけましょう。膝を胸に向かって持ち上げ、お腹の筋肉をキュッと引き締めます。
  • を戻します。脚は床につけないでください。これを10〜20回繰り返しましょう。

3. 膝を持ち上げサイドに傾ける

ウエストラインを引き締めるエクササイズです。お腹にフォーカスしたエクササイズですので、お腹に蓄積された脂肪を除去することができるでしょう。

やり方:

  • 背中を真っ直ぐにして椅子に座ります。手は椅子の座席にしっかりと押しましょう。
  • 体を片側に傾けます。片側のお尻が椅子から浮くようにしましょう。膝は揃え、胸に向けて持ち上げます。その後最初のポジションに戻しましょう。反対側も行います。
  • これを片側10〜20回ずつ行いましょう。

4. 床に向かったエクササイズ

4つ目のエクササイズは床に向けて手を伸ばす運動です。ウエスト周りやお尻の脂肪を燃焼してくれるでしょう。

やり方:

  • 足を床にしっかりとつけます。腕を横に伸ばします。肩の高で伸ばしましょう。
  • 上半身を右に向けてひねります。前方へ傾けましょう。右手で左足をタッチします。この状態を数秒維持しましょう。
  • 背中を真っ直ぐに戻し、反対側も同じように行います。右足を左手でタッチしましょう。
  • これを20〜30回繰り返します。

5. チェアリフト

このエクササイズを行えば、簡単にお腹や背中、肩の筋肉が引き締められ、脂肪の燃焼にもつながるでしょう。より効果を得たい人は肘置きのある椅子を使うと良いでしょう。

やり方:

  • 椅子に座ります。手は肘置きに置いて体をサポートしましょう。体を持ち上げます。お尻を椅子から離し、足は床から離します。膝は胸に引き寄せましょう。
  • この姿勢を15〜20秒維持します。ゆっくりと最初に位置に戻してリラックスしましょう。これを4回行います。

こちらも参照『スリムなお腹のために食べるべきフルーツ』

6. 膝と肘を寄せるエクササイズ

床の上でエクササイズをする女性

ウエストラインを引き締め、側筋、下腹部に効果的なエクササイズです。このエクササイズでは、膝は逆の方の肘につくようにしなくてはいけないということを覚えておきましょう。

やり方:

  • 背中を真っ直ぐにして椅子に腰掛けます。背もたれに持たれないように気をつけましょう。手は頭の後ろに置きます。
  • 右膝を持ち上げ、胸に引き寄せます。同時に左の肘を近づけ右膝と触れるようにしましょう。その後最初の姿勢に戻します。これを15回繰り返します。
  • 今度は左膝と右肘で行います。同じように15回繰り返しましょう。両側15回ずつを1セットとし、4セット行いましょう。