様々な治療に役立つ血漿輸血とは何?

血漿を提供する血漿成分献血は、さまざまな病状の治療に役立つシンプルな行為の一つです。実際に献血をしたいと思ったらどうすればいいのでしょうか? 血漿成分の輸血によって恩恵を受けるのはどういった人でしょうか? 本記事で詳しく説明します。
様々な治療に役立つ血漿輸血とは何?

最後の更新: 13 4月, 2021

近年とても手軽に行うことができるようになった血漿成分献血ですが、血漿(プラズマ)とは何のことなのでしょうか? これは、血球などの有形成分を除いた、血球を含まない透明でわずかに黄色がかった液体です。

血漿は私たちの血液総量のほぼ55%です。他の部分は、赤血球、白血球、血小板などの細胞で構成されています。この液体には、体内で非常に重要な機能を果たすアルブミンをはじめとする多くのタンパク質が含まれています。

血漿輸血は出血や火傷などの多くの病状を治療することができますが、多くの人はこの事実に気づいていません。今回の記事では、血漿輸血の手順と内容、そして成分献血をはじめとする献血が非常に重要である理由について説明します。

血漿とは何ですか?

様々な治療に役立つ血漿輸血とは何ですか? 血液検査

前述のように、血漿は血液の液体部分であり、赤血球と白血球の両方、そして血小板と結合します。 2つの部分が分離されると、プラズマは透明な液体のように見えます。

血漿はほぼ90%が水ですが、その組成の残りの部分は、体が適切に機能するために不可欠なタンパク質と無機塩の混合物です。

免疫システムの一部である免疫グロブリンが含まれており、感染から私たちを保護します。さらに、特定の物質を組織に輸送する役割を担う分子であるアルブミンもあります。

同様に、血漿には凝固因子も含まれていることを覚えておくことが大切です。これは、体のどこかに出血があるときに血液が凝固し始めるのを助けるものです。

血漿輸血はどのように機能しますか?

実は、血漿輸血は非常に簡単です。まず、ドナーが必要ですが、献血をするドナーになることを希望する人は、献血とは、利他的で無私の行為である必要がある点に留意してください。ここでは、看護師がドナーから血液を抽出します。このプロセスは通常30〜45分続きます。

採血後、血球は血漿から分離されます。その後、液体を保存して保管します。血漿のみの寄付に関しては、血漿交換と呼ばれます。

成分献血では、赤血球が体内にも戻され、血漿のみを保持するという献血で、通常の献血とは異なります。また、回復に必要な期間が短く、15日ごとに献血することができます。

また、血漿提供を行うには、血液を提供する側と輸血を受ける側が同じ血液型である必要があることに注意してください。これは、血漿中に、献血された血液を体が拒絶する原因となる可能性のあるタンパク質が存在するためです。

何のために行いますか?

様々な治療に役立つ血漿輸血とは何ですか? 医師

医師が血漿輸血を行う理由はたくさんあります。たとえば、誰かが火傷や重大な事故に見舞われた場合、血漿輸血は失われた血液の量を取り戻すのに役立ちます。

さらに、血漿には凝固因子があるため、この作用により出血をより早く止めることができます。実際、これらの要因の欠如によって引き起こされる血友病などの病気に苦しむ人々に特に役立ちます。

肝移植にも使用されますが、すべての血漿を輸血する代わりに、必要な分子のみを使用する技術が開発されています。これは血液製剤と呼ばれます。

たとえば、血友病の人の場合、その人が必要とする凝固因子はすでに輸血されている可能性があります。血漿輸血は安全な技術ですが、血液製剤のみを輸血する場合よりも多くの欠点があります。

大切なのは、血漿輸血は多くの命を救うことができる簡単な手順であるという点です。つまり、簡単な献血によって、多くの人々を助けることができることを、私たち全員が意識することが大切だということです。

こちらの記事もおすすめです。
【知ってるようでしらなかった!】輸血の知識と正しい献血の手順
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【知ってるようでしらなかった!】輸血の知識と正しい献血の手順

輸血 は現在の医療を支える柱の1つであり、怪我で失った血液を補うことで多くの命を救うことができる 医療行為 です。私たちが現在「輸血」と呼ぶこの行為は、17世紀に初めて行われました。しかし、安全に行われるようになるのは、科学者が血液型を識別し始めた20世紀でした。あなたは 献血 をしたことあり...