血液検査を受ける頻度の目安とは?

現在は、手軽に血液検査を受けることができるようになりました。今回の記事では、血液検査を受ける必要がある人やどの程度の頻度で受けるべきかについてご紹介します。
血液検査を受ける頻度の目安とは?

最後の更新: 11 1月, 2020

自分は健康だから、血液検査を受ける必要はないと考えていませんか?

血液検査は、病気の早期発見や自分の健康状態を毎年確認するためにも、定期的に受ける必要がある検査です。

医師が血液検査を行うときには、それぞれの年齢ごとに共通する病気の兆候を見つける目的があります。

一部の血液成分には、病気の症状が現れる前に病気によって変化するものがあるため、病気の予防や血液検査が、早期発見に大きな利点をもたらします。

慢性疾患を発症している場合は、定期的に血液検査を受けることで、現在行なっている治療の効果や有効性を観察できます。

現在の血液検査は安価ながら、その有用性は科学的に証明されています。

一般的に「健康」だと定義される人は、1年に1回血液検査を受ける必要があります。

慢性疾患を発症している患者は、治療の開始時に1回行なった後、医師の指示に従って血液検査を受けて、治療の経過を確認する必要があります。

血液検査からわかること

血液検査とは、血液組織の生化学検査のことです。

血液は、静脈や動脈を通って循環系を移動する液体組織で、次のもので構成されています。

  • 固体:血液の固体部分は、赤血球、白血球、血小板などの形成要素として知られています。
  • 液体:血液の液体部分は血漿です。
血液検査を受ける頻度の目安とは? 検査内容
病気の兆候の早期発見や、既存の病気の進化や経過を観察するために血液検査を行います。

血液検査では、血液の固形部分に焦点を当てて血液細胞を分析します。

たとえば、赤血球の数は、指定された量の血液中の細胞数を決定し、白血球と血小板の数も測定できます。さらに、顕微鏡では、形成された血液要素の形状を見ることができます。

一方、血液の分析を細かく行う研究所では、血液の液体部分を測定するための多数のパラメータがあります。

最も一般的なものは、糖、クレアチニン、尿素、尿酸、脂質の血漿濃度ですが、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどのイオンの濃度も測定できます。

血液検査を行うと、体内のホルモン濃度に関する情報がわかります。

医師は甲状腺機能の検査を行い、甲状腺で産生されるホルモンの数を決定します。

また、血清学を使用すると、感染症の存在や抗体の存在を検出することが可能です。

年齢ごとに必要な血液検査

医師は、患者の年齢に基づいて、最も適切な生化学検査を推奨します。

年齢ごとに必要な血液検査を行うことで、致死的な疾患や生活の質を変えるリスクのある多くの病気を検出できると言われています。

年齢ごとに、血液検査が重要である理由を見ていきましょう。

20歳~35歳

この年齢ではほとんどの病気は現れませんが、将来的な病気の発症を予防するためにも毎年の血液検査は欠かせません。

また、万が一何か病気を発症している場合でも、早期の発見が早期の治療開始につながります。

この年齢層の定期的な検査の一例は、全血球数、腎機能、肝臓の状態、血糖値、脂質などの検査が含まれます。

妊婦の血液検査

出産可能な年齢になると、女性は妊娠する可能性があります。

妊婦は、妊娠が中期に入った時に血液検査が必要です。

トキソプラズマ症、梅毒、B型肝炎、HIVなど、胎児に影響を与える可能性のある感染症の検査に加えて、一般的な血液検査が必要です。

35〜55歳

この年齢層では、40歳を過ぎると慢性疾患の有病率が増加するため、様々な検査を行う必要があります。

血液検査に加えて、マンモグラフィなどの画像検査、パパニコロウ塗抹などの病理検査、大腸内視鏡検査などの検査が行われます。

また、更年期障害の症状を発症している女性には、ホルモンバランスの乱れを見つけるための検査を行うことがあります。

60歳以降

高齢者の病気の有病率は。他の年齢と比べてはるかに高いです。

60歳以上の多くの人々は、すでに慢性疾患や慢性の健康問題に苦しんでいる人が多いため、頻繁に血液検査を受ける必要があります。

血液検査を受ける頻度の目安とは? 分析
年齢ごとに必要な血液検査が異なります。これは、年齢ごとに発症しやすい病気を早期に探知することが目的です。

結論

血液検査を受けることは、健康維持に欠かせない日常生活の一部と考えることができるでしょう。

また何か病気を発症している場合も、病気の進行を予防する目的で、定期的に生化学検査を受ける必要があります。

健康診断と共に、医師は年齢や体調に応じて適切な健康診断を推奨します。

年齢に合う血液検査を健康診断と組み合わせれば、早期に深刻な問題を検出して、健康に悪影響を及ぼす可能性のある不可逆的な状況を防ぐことができます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
血液をより健康にし、体が喜ぶ食べ物5つ
みんな健康Read it in みんな健康
血液をより健康にし、体が喜ぶ食べ物5つ

血液の質を上げるには、白血球、赤血球、血小板の生成を良いものにしなくてはいけません。



  • Bush, B., and Encuadernación Cartoné. Interpretación de los Análisis de Laboratorio. Harcourt. Madrid, España, 1999.
  • Vives Corrons J., capítulo 3, Examen morfológico de las células sanguíneas, Vives Corrons J., Aguilar J., Manual de Técnicas de laboratorio en Hematología, 4a edición, Barcelona, Editorial Masson, 2014: p.59.
  • Becker, K. “Interpretación del hemograma.” Revista chilena de pediatría 72.5 (2001): 460-465.
  • Wine Y, Horton AP, Ippolito GC, Georgiou G. Serology in the 21st century: the molecular-level analysis of the serum antibody repertoire. Curr Opin Immunol. 2015;35:89–97. doi:10.1016/j.coi.2015.06.009
  • P., MT (2015). INTERPRETACIÓN CLÍNICA DEL HEMOGRAMA. Revista Médica Clínica Las Condes, 26 (6), 713–725. https://doi.org/10.1016/j.rmclc.2015.11.001
  • Mías, C., Jürschik, P., Massoni, T., Sadurní, M., Aguilà, J. J., Solá, R., Nuin, C., & Torres, J.. (2003). Evaluación del estado nutricional de los pacientes mayores atendidos en una unidad de hospitalización a domicilio. Nutrición Hospitalaria18(1), 6-14. Recuperado en 31 de julio de 2020, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0212-16112003000100002&lng=es&tlng=es.
  • Osvaldo Padilla , MD, MPH, Texas Tech Health Science Center (2018). Pruebas de Sangre: valores normales. Merck and Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA. https://www.msdmanuals.com/es/professional/recursos/valores-normales-de-laboratorio/pruebas-de-sangre-valores-normales