ウコンを活用して血液循環を改善する方法

6月 28, 2019
ウコンは、自然な方法で効果的に血液循環を改善するのに役立ちます。すでに循環器系の病気などで医師による治療を受けている場合は、現在の治療を変更したり何か新しい自然療法を試すときは、必ず医師に相談してください。

体内で最も大切な機能の一つが血液の循環で、これは健康維持と促進に不可欠な機能です。

私たちの体は血液の流れにより体の様々な場所に、酸素、栄養素、そしてミネラルなどを運びます、

加齢や座りがちなライフスタイルや乱れた生活習慣は、血液の循環に悪影響を及ぼします。

また、妊娠、高血圧、神経系の疾患、貧血、または食物アレルギーなども血液循環に影響を及ぼすと考えられています。

血液の循環が滞っているように感じたら、ライフスタイルや食生活の変更に加えて、血液循環の改善に効果があると言われる自然療法を試しましょう。

循環器系の病気にかかっている場合や病気を発症している疑いのある場合は、必ず医師の診察を受けてください

また、すでに治療を行なっている人も、必ず医師に相談してください。

複数の利点を持つウコン

ウコンは、様々な健康上の問題の予防と治癒に役立つ特性を持つ香辛料です。

多くの特性の中でも、抗炎作用、抗酸化作用、浄化作用、そして解毒作用が人気です。

以下のような利点があります:

  • 炎症性疾患が原因の慢性および急性の痛みを和らげるのに役立ちます。
  • 皮膚と歯茎の炎症を緩和します。
  • 胃酸の逆流を予防するのに役立ちます。
  • 便秘や消化器系の問題を軽減するのに役立ちます。
  • 下痢を緩和します。
  • 腫れを軽減します。
  • 吐き気を和らげます。
  • のどの痛みを緩和します。
  • アルツハイマー病による認知機能の喪失を食い止めるサポートをします。
  • 胃粘膜を保護します。
  • 胃潰瘍を起こす殺菌を撃退するのに役立ちます。
  • 血液や臓器(胆嚢、肝臓など)をはじめとする全身の浄化作用が期待できます。
  • 血液循環をの改善効果があります。
  • 免疫システムを強化します。
  • 糖尿病と緩和とコレステロール値を正常に保つのに役立ちます。

「本当の富とは金と銀ではなく健康だ」

-マハトマ・ガンジー-

こちらもご参考に:ターメリックを使った朝食と昼食のレシピ3選

血液循環を改善するためのウコンを使った自然療法

血行不良は、全身に悪い影響を与えて、他のさまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。

血液循環の悪さから生じる問題や不快感をいくつかご紹介します:

  • 体の一部のしびれやかゆみ
  • 手足の冷え
  • 疲労
  • めまい
  • 脱毛
  • 乾燥肌
  • 浮腫
  • 頭痛
  • 筋肉のけいれん
  • 下肢痛
  • 不整脈

ウコンは血行を良くするのに役立つ自然で効果的な方法の一つです。

ウコンに含まれているクルクミンは、血行を促進する効果のある抗酸化物質です。

ウコンは一般的に料理に使われますが、今回は「ゴールデンミルク」を作る方法をご紹介します。

まず最初にウコンペーストを作り、これを植物性ミルクと組み合わせることで、血液の循環を改善する最高のレシピが出来上がります。

こちらもご参照を:ターメリックを使った5つの抗炎症療法

ウコンペーストの材料

血液の循環

  • ウコンパウダー 1/4カップ(30g)
  • コショウ 小さじ1/2(2.5g)
  • 濾過した水 1/2カップ(125ml)

ウコンペーストの作り方

  • 鍋に材料を入れます。
  • ウコンやクルクミンを体が吸収し、その効果を向上させるためにはコショウが必要です。
  • コショウに含まれるピペリンがウコンのクルクミンを活性化し、その効果を強化するため、コショウは必ず加えてください。
  • 濃いペースト状になるまで、低温で数分間加熱します。
  • 最後に出来上がったペーストを冷まし、冷蔵庫で保管してください。
ウコンを使った自然療法

ウコンで作るゴールデンミルクの材料

  • 植物性ミルク(アーモンドミルク、ライスミルク、ココナッツミルクなど好きな種類)1カップ(250ml)
  • ウコンペースト 大さじ1/2(8g)
  • ハチミツ 小さじ1杯(7.5g)

ゴールデンミルクの作り方

  • 鍋の中に、ハチミツ以外のすべての材料を入れて加熱します。
  • 沸騰しないように注意しながら全てをしっかりと混ぜ合わせます。
  • 最後にハチミツを加えたら出来上がりです。
  • 毎朝飲んでください。

ウコンには数え切れないほどの利点がありますが、その摂取には注意が必要です。

現在医師の治療を受けている人は、特に注意が必要で、使用前には必ずかかりつけ医か専門医に相談してください。