更年期がもたらす変化を迎えるためのアドバイス

11月 29, 2019
年齢とともに、体に変化が見られます。更年期障害の身体的・心理的変化を緩和するためのヒントは、可能な限り最良の方法で更年期を迎えるのに役立ちます。

「気が動揺して、落ち込むし、いらいらするんです」というのは、更年期に差し掛かる女性が口にする典型的なフレーズの1つです。閉経を迎える女性は、どうしたらいいのかわからない心身の変化を経験することがよくあります。

更年期では、ホルモンのバランスが乱れることがあります。また、生理学的変化は顕著です。

この記事では、更年期障害のがもたらす変化をどうやったら最善方法で迎えることができるか、を見ていきます。

閉経移行期と閉経

ほてり 更年期がもたらす変化
ホルモンの変化は、感情的および心理的な変化を引き起こす可能性があります。

更年期は、平均的に、最後の月経周期の1年後に現れます。閉経移行期は、体がエストロゲンとプロゲステロンの生産量を減らし始める段階であり、これにより女性の妊娠能力が低下します。これは通常、50歳頃に起こります。

この期間中に、更年期障害の症状が現れ始めます。ほてりや寝汗が一般的によく見られます。また、睡眠困難、尿路感染症の増加、失禁、および腰周りの体脂肪量の増加なども起こる場合があります。

孤独感、気分変動、悲しみや怒りの感情が繰り返し襲ったりと、予告なしに現れる症状ばかりです。場合によっては、自尊心が低下することがあります。これらは、身体の物理的な変化に関連する感情的な変化です。さらに、記憶力や集中力に問題を感じることもあります。

憂鬱で、いらいらしたり、抑うつ状態に元々ある場合、こういった感情は更年期の間に悪化します。中には、更年期でも大きな変化は感じない女性もいます。個人によっては、それほど変化を辛くは感じない人もいるでしょう。

こちらもお読みください:更年期の人のためのスキンケア8選

副作用とホルモンの関係

エストロゲンと女性ホルモンの関係は、ドーパミン、セロトニン、オキシトシンの合成に影響を及ぼします。これらの神経伝達物質は、感情を司り、精神障害に関連しています。

これにより、いらいら感、健康状態の低下、悲しみ、ストレス、不安の間に明確なつながりが生まれます。これら感情は、更年期の女性の70%に影響を及ぼし、半年から2年も続くことがあります。

更年期障害の症状を緩和するためのヒント

更年期がもたらす変化
更年期では、健康的な習慣が必須です。

日焼け止めと衛生状態

更年期障害に見られる多くの変化の1つである、エストロゲン量の減少が皮膚に与える影響に対処するために、いくつかの対処法があります。

まず第一に、お肌に合った日焼け止めを使用しましょう

さらに、毎日の衛生管理はもちろん、皮膚バリア機能を損なわない製品の使用も不可欠です。これにより、しわ、お肌の乾燥、たるみが最小限に抑えられます。

皮膚の老化は、遺伝的要因および環境的要因とも関連しています。したがって、更年期に対処するためには、食生活を改善し、汚染、日光、タバコの煙にさらされることを避けることがお勧めです。

体はどのように変化するの?

更年期では通常、体脂肪の再分配が行われます。腰周りの肉付きが変わり、中には腰回りの脂肪が増える女性もいます。一方で、体重が減る女性もいます。

果物、野菜、豆類が豊富なバランスの取れた食事と、毎日の運動は、不健康な体重増加の防止に役立ちます。

更年期にしばしば見られる問題の1つは骨粗鬆症です。骨の脆弱性は、特に脊椎、腰、手首で高まり、骨折したり日々が入る可能性があります。

そのため、乳製品でカルシウム摂取を行い、少なくとも1日に20分は歩くことをお勧めします。

食事をより管理し、塩分を減らす

塩分 更年期がもたらす変化
定期的に健康診断を受けて健康的なライフスタイルを送ることで、閉経期に起こる変化を緩和することができます。

閉経移行期に行う予防処置は不可欠です。そうしないと、心血管系因子のリスクが高まり、高血圧を引き起こす可能性があるためです。さらに、コレステロール値が上昇し、糖尿病にかかる可能性もあります。また、心臓発作や脳血管障害のリスクも高くなります。

食塩、アルコール飲料、揚げ物、スナック、ファーストフードを食べる量を減らしてください。

一方、水分の摂取は不可欠です。また、禁煙し、ストレス、コレステロール、血糖値の定期検査を受けることを強くお勧めします。

こちらもお読みください:健康で幸せな更年期を送る5つの方法

助けを求める

閉経期に起こる身体的な変化は、多くの場合、感情に影響を及ぼします。自尊心の低下、疲労感、泣きたい気分、気分の移り変わりは非常に一般的な症状です。性的欲求も低下する場合があります。

いずれにせよ、専門家の助けを求めてください。婦人科医は、更年期障害を軽減し、異常を治療するための相談に乗ってくれます。

さらに、カウンセラーと話をすることは、繰り返し起こる不安や抑うつを克服するために、人生のあらゆる段階で役立ちます。

美しい変化を受け入れる

更年期
喜びと熱意をもって、この新しい人生の1ページを迎えましょう。

最後に、更年期障がもたらす変化を、人生の中で自然に起こる美しい面として受け入れることが重要です。

より健康的なライフスタイルを送るために更年期を利用してください。適度な運動、豆類、果物、野菜を豊富に含む食事、そして不健康な習慣を取り除くことは、更年期がもたらす変化を減らすのに役立ちます。

さらに、前向きな人たちに囲まれ、愛する人と時間を過ごし、社交的になりましょう。これは、人生に対する前向きな姿勢を保ち、自尊心と自信を築くための最良の方法です。

更年期が当たり前に起こることだと理解し、変化を受け入れることができれば、人生を最大限に楽しむことができます。

  • Sociedad Española de Ginecología y Obstetricia. 2004. Guía práctica menopausia. Extraído de: http://www.infodoctor.org/rafabravo/guiamenopausia.pdf
  • Jorge Salvador. 2008. Sociedad peruana de obstetricia. CliMatErio Y MENoPaUSia: EPidEMiología Y fiSioPatología. Extraído de: http://www.spog.org.pe/web/revista/index.php/RPGO/article/viewFile/1092/pdf_115
  • María José Alonso Osorio. Colegio farmacéuticos de Barcelona. Hábitos saludables menopausia. Extraído de: https://www.mgc.es/downloads/PDF/setmanes/setmana_ca_201004.pdf