オキシトシンというホルモンについて

· 2月 1, 2019
オキシトシンは妊娠、出産、そしてオーガズムのホルモンという名前でも知られています。しかし、このホルモンのどのプロセスにそのような力があるのでしょう?

オキシトシンというホルモンは何なのでしょうか?

このホルモンは陣痛や母乳を促すことで知られています。全体的に、9種類のアミノ酸で構成されており、その中にはシステイン、チロシン、イソロイシン、グリシン、プロリン、アスパラギンなどが挙げられます。これは脳下垂体後葉に位置し、様々な精神的プロセスと高く関連があります。

また、その化学構成はパソプレシンという、脳下垂体前葉に位置し、様々な機能を持ったホルモンと似ています。

他の有機物と同様で、オキシトシンは様々な受容体を持っており、主に以下のような場所で見つけられます。

  • 子宮
  • 腎臓
  • 心臓
  • 卵巣
  • 乳腺

特に、オキシトシンは生理的なレベルのプロセスにおいてある役割があり、その機能的特徴から妊娠ホルモンと呼ばれるようになりました。

オキシトシンの役割

再生

再生 オキシトシン

まず、このホルモンは女性の生殖器系において優れた機能を持っています。それは、実際に陣痛の速度を増加、そして減少させるのです。

通常、陣痛や出産のプロセスにおいて人の体は大量のオキシトシンを放出します。また、陣痛中の女性へ刺激がある場合、その量はさらに高くなります。オキシトシンの量が多いと、子宮筋層の収縮を生み、胎児が出てくるのを促進するのです。

一方、このホルモンは男性の陰茎海綿体と尿道海綿体の両方の勃起組織に直接作用します。ですので、このホルモンは射精管や尿道を通る射精にも関連していると言えるのです。

 

こちらもオススメです:

35歳を過ぎてからの妊娠と出産

乳腺

さらに、オキシトシンは乳腺の筋上皮細胞の収縮も促します。これはモンゴメトリー腺通して、母乳の生成に繋がるのです。ですので、新生児による刺激からくる全体的な母乳生成のプロセスを促しているのです。

腎臓

尿意 オキシトシン

さらに、オキシトシンによって引き起こされる尿の貯留は、腎臓の基底側方膜の分子にとても近い関連があります。

一般的に、兆候となるこの低ナトリウム血症はオキシトシンによって促進された陣痛を持つ女性により多く見られると言われています。

こちらもお読みください:腎臓を健康にしてくれるパセリの成分

陣痛

子宮にあるオキシトシンの受容体はこのホルモンの量に直接的に依存しますが、これは自然なことです。陣痛の初期段階では1から6mU/minの量ですが、15から60mU/minに上昇するのです。

その瞬間から受容体はオキシトシンに対してより大きな親和性を持ち始めます。ですので、出産の収縮を改善し、その労力を和らげてくれるのです。

母との関係

母子の関係は出産後と同時に始まります。信じられないかもしれませんが、オキシトシンの自然合成と人工合成の両方がこの関係を生み出すのです。

全体的に、オキシトシンは母子関係を強化します。不思議なことに、この同じような物質が女性に出産の痛みを忘れさせてくれるそうです。そうすることで、女性が次の出産を怖がらなくなるのです。

オキシトシンの副作用

オキシトシン

他の合成ホルモンのように、オキシトシンに害がないわけではなく、次のような症状を引き起こす原因になる可能性もあります。

  • 動脈高血圧
  • 激しい気分の変調
  • 母子の頻脈(心拍数が増加する状態)
  • 産後の子宮筋の異常な収縮

医師も妊婦の体にある大量のオキシトシンが持つ副作用に気づいていますが、このホルモンは出産時に子宮筋の収縮を助けるなど、様々な役割を果たしてくれるのです。

  • Bustos M Martín. Núcleo accumbens y el sistema motivacional a cargo del apego. Rev. chil. neuro-psiquiatr.  [Internet]. 2008  Sep [citado  2018  Nov  07] ;  46( 3 ): 207-215. Disponible en: https://scielo.conicyt.cl/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0717-92272008000300006&lng=es.  http://dx.doi.org/10.4067/S0717-92272008000300006.
  • Flores, G. La fórmula química de cupido. Revista digital universitaria [Internet] 2008 Nov [cit 2018 Nov 07]  11 (9). Disponible en: http://www.revista.unam.mx/vol.9/num11/art90/art90.pdf
  • University of Birmingham. "The dark side of the 'love hormone:' Similarities with the effects of alcohol." ScienceDaily. ScienceDaily, 19 May 2015. <www.sciencedaily.com/releases/2015/05/150519210251.htm>.