高マグネシウム血症:血中のマグネシウム濃度が高い状態

14 9月, 2020
高マグネシウム血症は、深刻で致命的な結果を引き起こす可能性のある病状です。通常は、腎不全を経験している人に起こりますが、サプリメントや薬を介してマグネシウムを過剰に摂取している人にも現れることがあります。
 

高マグネシウム血症は、血中のマグネシウム濃度が高すぎる場合に発生します。成人の通常値は1.5〜2.5 mEq / Lです。医師は、臨床検査で上記の範囲を超えると、高マグネシウム血症だという診断を下します。

高マグネシウム血症を発症しているというのは、体内の水電解質のバランスが乱れていることを意味します。マグネシウムは体の電解質の1つです。電解液の働きは、体液に溶解したときに電荷を生成することですが、体内のマグネシウムのほとんどは電荷を帯びていません。

いずれにせよ、高マグネシウム血症はほとんどの場合、腎臓の健康問題に関連するまれな状態です。最も一般的なケースは腎不全を発症している人に起こる高マグネシウム血症です。

体内のマグネシウム

高マグネシウム血症:血中のマグネシウム濃度が高い状態 塩化マグネシウム

マグネシウムはすべての生物にとって基本的な要素であり、生命の維持に欠かせないミネラル栄養素です。さらに、マグネシウムはすべての体細胞に存在し、バランスと適切な機能を維持するために大切な役割を果たしています。

最も重要な機能のいくつかを実行するためにマグネシウムを必要とする酵素が300以上存在しています。原則として、細胞はマグネシウムの流れを調節し、そこから体内のさまざまな生化学反応を活性化して緩和します。

 

マグネシウム濃度を正常に保つことは、人間の健康を維持するために必要不可欠です。マグネシウムの不足や過剰なマグネシウム濃度は、心臓や神経系の問題を引き起こす可能性があります。これらの理由から、高マグネシウム血症は人間の健康に深刻な悪影響をもたらす可能性のある状態だということがわかるでしょう。

高マグネシウム血症の原因

腎臓はマグネシウムの排泄を担う体内器官です。腎臓に何か異常が生じたり損傷を受けた場合に、高マグネシウム血症を引き起こす可能性があります。

主な原因は次のとおりです。

発見:知らないとコワい!マグネシウム欠乏症と予防法

症状と診断

高マグネシウム血症:血中のマグネシウム濃度が高い状態 血中のイラスト

医師は血液検査を行って、高マグネシウム血症を診断します。マグネシウム濃度がわずかに上昇しているだけの場合は、通常は認識できる症状はありませんが、マグネシウム濃度が増加し続ける場合、次の症状が現れる可能性が非常に高くなります。

 
  • 筋力の低下
  • 嘔吐と吐き気
  • 頭痛
  • 不規則な脈拍または心拍数が遅い
  • 顔のほてりと赤み
  • 眠気
  • めまい、失神、反射の遅さ
  • 呼吸が遅い

筋麻痺

高マグネシウム血症の患者が、眠ったもののそこから起きることができなかったり、腕や脚を動かすのも困難な場合は、すぐに病院に連れて行く必要があります。また、呼吸や心拍数が遅くなっている場合や、眠気や筋力の低下を経験した場合も、できるだけ早く医師に相談する必要があります。

続きを読む:マグネシウム欠乏症とは

高マグネシウム血症の治療

血中のマグネシウム濃度が高くなる高マグネシウム血症の治療は、それを引き起こす原因によって異なります。最も影響を受けやすいと考えられている腎不全の患者の場合は、服用する薬に対して厳格な医学的管理を行う必要があります。実際、腎不全の患者には厳しい健康管理が必要な上、透析が必要なのが一般的です。

腎臓への人工透析は、腎臓が血液から一部の化学物質や老廃物を除去するのに役立つ治療法で、腎臓がこの機能を果たすことができない場合に主に使われる治療です。透析が不要で、薬理学的治療で症状を改善できる場合もあります。

通常、医師はグルコン酸カルシウムや利尿薬を処方します。患者は、医師の指示に従って厳密に服用しなくてはいけません。一般的に、患者は下剤やマグネシウムを含む制酸剤の使用は避けるべきだと考えられており、便秘になりやすい人は、食物繊維が豊富なバランスの取れた食事で症状を改善するように心がける必要があります。

また、たとえ市販薬であっても、使用する薬に関しては必ず医師に相談する必要があります。医師などの医学的な監督下で、マグネシウムを含むサプリメントだけを服用することが大切です。これまでと同様に、すべての薬は子供の手の届かないところに保管してください。

 
 
  • Crawford, A., & Harris, H. (2012). Un equilibrio necesario Hipomagnesemia e hipermagnesemia. Nursing (Ed. española), 30(2), 24-27.
  • Blanchard, A. (2007). Metabolismo normal y patológico del magnesio. EMC – Tratado de Medicina. https://doi.org/10.1016/s1636-5410(07)70616-5
  • Blanchard, A., & Vargas-Poussou, R. (2015). Alteraciones de la magnesemia. EMC – Tratado de Medicina. https://doi.org/10.1016/s1636-5410(15)74685-4