栄養と腎不全:知っておくべきすべてのこと

8月 3, 2020
腎不全を発症している場合の栄養管理は、栄養失調を防ぎ、病気の進行を遅らせるために重要です。今回の記事で、腎不全と栄養について詳しく学びましょう。

腎不全、特に慢性の腎不全の人は、健康を維持し、腎臓が取り除くことができない有毒物質が体内に蓄積されるのを軽減するために、食生活を変更する必要があります。

この記事では、栄養と腎不全について、知っておく必要があるすべてについて説明します。

栄養と腎不全

慢性腎不全の患者は、タンパク質の制限によりカロリー摂取量が減り、栄養失調になる傾向があります。栄養失調を防ぐには、腎不全患者が必要な栄養素を満たす食生活を実践することが大切です。

まず、病気の程度には個人差があることを理解してください。腎不全には、急性腎不全、慢性腎不全、腎代替療法(血液透析と腹膜透析)があります。今回の記事では、腎不全の一般的な栄養ガイドラインを紹介します。それぞれの食事は、必ず医師の指導にしたがって、患者の状態に応じた計画を立ててください。

こちらもご参考に:腎不全の初期症状かもしれない8つのサイン

腎不全と食事療法

腎不全の患者は、いくつかの食品群を制限または排除する必要があるため、腎不全の食事療法は厳しいと考えられています。ただし、患者が継続的に透析を受けている場合、食事はそれほど制限されません。

タンパク質の摂取量を制御

栄養と腎不全:知っておくべきすべてのこと タンパク質の摂取量

栄養士が、腎不全患者の食事に含まれるタンパク質の量を調整することが大切です。

中等度の腎不全患者がタンパク質の摂取を制限することで、疾患の進行を遅らせることができると言われています。タンパク質は腎臓を機能させますが、すべての人間はタンパク質を消化する必要があります。専門家は現在、患者が透析を受けていない場合は、1日あたり、0.8g / kg (高生物価の60%)の、中程度の低タンパク質食を推奨しています。患者が透析を受けている場合、より多くのタンパク質が必要です。

カリウムとリンの摂取量を減らす

カリウムが血中に蓄積されると、心臓異常のリスクが高まるため、専門家が血漿カリウム濃度を監視する必要があります。

一方、血中リン濃度が高い状態が続くと、骨に大きな影響を与えます。タンパク質の制限はリンの減少を意味します。したがって、腎臓に問題がある場合は、医師の指示に従ってカリウムとリンの摂取量を制限することが重要です。

カルシウムとビタミンDの適切な摂取を確保する

通常は、ビタミンDの減少により、腸の吸収においてカルシウム不足が生じます。これらの栄養素の欠乏には、アテローム性動脈硬化症、内皮機能障害、または心室肥大を引き起こす可能性があるため、ビタミンDを補充する必要があります。腎臓学で発表された研究では、専門家はビタミンDの補給には、血管への注射に利点があることを示唆しています。そのため、腎臓に問題がある人にとっては、注射による補充が良い方法の一つです。

塩分摂取量を管理する

腎不全と栄養に関して考慮しなければならないもう一つの要因は、ナトリウムのコントロールです。これは、腎臓では除去できない水分の保持が促進されるためです。患者が高血圧を患っていない場合でも、1日あたり1000〜2000 mgしか摂取できません。

ご存知ですか?:腎臓と膀胱を保護する7つの食品

水分の摂取量を制限する

栄養と腎不全:知っておくべきすべてのこと 水分の摂取量

腎不全の患者は、特に透析治療の場合、水分の摂取を制限する必要があります。

患者が透析を受けている場合は、通常この治療を受けている人は頻繁に排尿しないため、水分摂取量を監視する必要があります。

水分をたくさん飲んで排泄しないと、足首、さらには肺や心臓にも体液がたまります。また、透析を行う場合は、体重が増えないように患者は常に同じ体重計で体重を測定することをお勧めします。

腎不全の栄養の鍵

上記で説明したガイドラインを実行するためには、次にご紹介する栄養面の鍵に留意することが大切です。ただし、患者個人のニーズに応じたアドバイスを受けるためには、必ず医師や栄養士に、直接相談してください。

  • 肉、魚、乳製品、卵に含まれるタンパク質の摂取量は、患者ごとに調整する必要があります。
  • 患者は、カリウムが多く含まれる食品であるマメ科植物、野菜、果物、ナッツ、ココアの消費を管理する必要があります。これは、高カリウム血症を避けるために必要です。
  • 野菜、豆類、ジャガイモを摂取する場合、腎臓に問題のある人は調理前に3時間水に浸す必要があります。その次に数回沸騰させ、毎回茹で汁を捨てます。また、水分を減らすためにソテーをお勧めします。
  • 野菜を摂取するもう一つの方法は、冷凍して食べることです。缶詰または調理済みの果物を摂取することもできます。(1日2回まで)
  • 水分が少ない、トーストしたパンもお勧めです。
  • 全粒粉製品はリンとカリウムが豊富であるため、患者は消費を制限する必要があります。
  • ソフトドリンクも人工的に甘くされているため、避ける必要があります。このタイプの飲み物は、喉の渇きを正しく解消しないだけでなく、一般的に健康的ではない食品です。
  • 塩分の少ない食生活を送るためにも、加工食品、インスタントスープ、ソーセージ、燻製の肉や魚、そしてパッケージ化されたスナックは摂取しないでください。
  • すべての乳製品にはリンが豊富に含まれているため、適度に消費することを目指しましょう。

結論

ご覧のように、腎不全の患者は厳しい食事療法に従う必要があります。腎臓の問題を抱えている場合は、必要に応じた食事と治療に対応できる専門医の診察を受けましょう。

  • Aggarwal, H. K., et al. “Assessment of Malnutrition Inflammation Score in Different Stages of Chronic Kidney Disease.” prilozi 39.2-3 (2018): 51-61.
  • Assimon, Magdalene M., et al. “Nutritional vitamin D supplementation in haemodialysis: A potential vascular benefit?.” Nephrology 17.3 (2012): 237-242.
  • Serván, P. Riobó, and A. Ortíz Arduán. “Nutrición e insuficiencia renal crónica.” Nutrición Hospitalaria 5.1 (2012): 41-52.
  • Sociedad Andaluza de Nefrología. NEFROSAN.