軽度の火傷:浅達性熱傷の治療方法

2月 3, 2020
自宅での小さな事故や太陽への過度の露出による日焼けは、浅達性熱傷と呼ばれる表面的な火傷を引き起こす可能性があります。軽度の火傷と考えられているため、救急外来に行く必要はなく、自宅で治療することができます。

多くの人がキッチンなどで、軽度の火傷を経験しています。

また、十分な紫外線対策をせずに太陽のもとで長時間過ごすと、日焼けよりもひどい軽度の火傷である浅達性熱傷を起こすことがあります。

それ以外には以下のケースが考えられます。

  • 熱い鉄との接触
  • コーヒーなど熱い食品がこぼれるとき
  • 誤って排気管などに触れるときなど

通常、軽度の火傷は自宅で簡単に治療できるため、救急外来を訪れる必要はありません。

火傷は、1度(表皮)、2度(真皮)、3度(皮下組織)の3段階に分類されます。

深刻なものは必ず医師の診察を受ける必要がありますが、浅達性熱傷と呼ばれるものの中でも、特に軽度の表面的な火傷に関しては、皮膚とその痛みを和らげるために使用できる多くの自然療法があります。

火傷の分類

軽度の火傷:浅達性熱傷の治療方法 火傷をした手

火傷が到達する皮膚の層に応じて、3つに分類されます。

前述のように、損傷の度合いと到達する皮膚層によって、1度、2度、そして3度に分類されます。

家庭で起こる軽度の火傷のほとんどは、1度に分類されます。

この火傷は表面的なものであり、表皮と呼ばれる皮膚の外相にのみ損傷があることです。

2度に分類される火傷は、損傷が表皮だけでなく2番目の層である真皮に到達します。

3度の火傷はとても深刻な状態で、皮下組織に到します。神経を損傷して、永久的なしびれを引き起こす可能性があります。

一般的に3度の火傷は、大規模な火災、そして電気や化学物質への暴露が原因です。

表面に起こる軽度の火傷は、主に発赤と痛みを引き起こします。さらに、皮膚が腫れたり水泡が起こることもあります。

軽度の火傷の場合、痛みや腫れを和らげるために自宅でできる基本的な治療があります。

続きを読む:ポットマリーゴールドの効能

浅達性熱傷の応急処置

軽度の火傷:浅達性熱傷の治療方法 火傷の応急処置

火傷をした患部を、清潔に保ちながら再生クリームを塗布することで、治癒過程を促進することができます。

浅達性熱傷と呼ばれる表皮の火傷を負った時には、まず皮膚を冷やしてください。

冷水を使って冷やすことは大切ですが、氷を使わないでください。これは、氷が皮膚により大きなダメージを与える可能性があるためです。

可能ならば、冷たい水を流したまま数分間皮膚を冷やし続けましょう。

火傷が表面的なものであることを確認したら、石鹸と水でそっと患部を綺麗にします。

水ぶくれができている場合は、破いてはいけません。

水ぶくれが開いてしまうと、ここから感染して症状が悪化する可能性があります。

火傷の患部を覆うときは、傷口に繊維が残らない物を選んでください。

マスタード、バター、歯磨き粉、オイル、卵白などを使う民間療法について聞いたことがあるかもしれませんが、これは良い方法ではありません。

薬局で入手できる、火傷用の薬を購入してください。

痛みに耐えられない場合は、アセトアミノフェンイブプロフェンなどの市販の鎮痛剤を使用できます。

通常は、火傷に迅速に対応することで、痛みとその後の症状を効果的にコントロールできますが、コントロールできない痛みを感じたら、必ず医師の診察を受けましょう。

ここからは、軽度の火傷に効果的な自然療法のいくつかをご紹介します。

アロエベラゲル

軽度の火傷:浅達性熱傷の治療方法 アロエベラの自然療法

アロエベラは、単独、またはカレンデュラなどの他の植物と組み合わせて、火傷した肌の再生を促進します。

アロエベラには多くの素晴らしい特性がありますが、その中でも、刺激、痛み、腫れを和らげるのに最適です。

また、抗菌性があるアロエベラは、表面にできた軽度の火傷による不快感を和らげる、自然で安全で自然療法の一つです。

マリーゴールドクリーム

カレンデュラクリームとしても知られているこの方法は、火傷による刺激や腫れを緩和するのに非常に効果的な方法です。

マリーゴールドクリームを選ぶときは、人工的な着色や香料が含まれていないことを確認してください。

続きを読む:ワセリンを使った6つの民間療法

ハチミツ

軽度の火傷を和らげる迅速で簡単な治療法を研究する中で、研究者たちは、抗菌作用と抗炎症作用があるハチミツが、軽度の火傷の治癒を促進することを発見しました。

2014年に行われた1つの研究の一つによると、ガーゼと少量のハチミツで患部を覆うと、表面に起きた軽度の火傷がより早く治癒することが明らかになりました。

実際、抗生物質の軟膏や包帯のみで治療した火傷よりも、治癒が早くなったことがわかっています。

軽度の火傷用クリーム

軽度の火傷を緩和するのに役立つ、自然療法を活用したクリームがあります。

火傷による不快感を緩和しながら、皮膚の再生機能を促進するのに役立ちます。

一般的には、エッセンシャルオイルと、抗酸化成分、抗炎症成分、そして皮膚再生特性を持つさまざまな成分を組み合わせて作られており、真皮に効果的に働きかけることを目的としています。

最後に、より深刻な火傷を負った場合は、救急外来などすぐに病院に行って診察を受けることが大切です。

医師が火傷の度合いを診察して、症状に適した治療法を決定する必要があります。

  • Ana Peñalba Citores, Rafael Marañón Pardillo .Sección de Urgencias Pediátricas. Hospital Universitario Gregorio Marañón. Madrid. Tratamiento de las quemaduras en urgencias. Extraído de: https://www.aeped.es/sites/default/files/documentos/tratamiento_de_las_quemaduras_en_urgencias.pdf
  • Miguel Aladro Castañeda, Sara Díez González. Revisión del tratamiento de las quemaduras. Extraído de: https://www.seapaonline.org/UserFiles/File/Revistas/invierno%202013/Revision_del_tratamiento_de_las_quemaduras.pdf