軽度の火傷の痛みを自然に緩和する方法

10月 16, 2019
皮膚の表面にできた軽度の火傷であれば、自宅で自然療法を用いて治療することができます。ただし、深刻な火傷の場合は、合併症などを予防するためにも医師の診察を受けて、正しい治療を開始する必要があります。

火傷は、症状の重症度によっていくつかのレベルに分類され、症状によっては損傷した組織を治療するための医師の診療と治療が必要です。

火傷が深刻な状態ではない場合は、いくつかの自然療法を活用して、痛みや症状を和らげることができるでしょう。

ここからは、火傷の痛みを和らげるいくつかの自然療法をご紹介します。

火傷による痛みを緩和する方法

表面にできた火傷は、自然療法を使用すると完治までに時間がかかりますが、火傷の痛みを和らげながら傷跡を防ぐのに効果的です。

また火傷に役立つ自然療法は、日焼けの症状を和らげる効果も期待できます。

1. 天然のハチミツ

軽度の火傷に効果のあるハチミツ

多くの自然療法に使われるハチミツの主な利点は、血糖値のコントロールと、消化機能の改善ですが、火傷を消毒するための軟膏として使用できるのをご存知ですか?

おいしい甘味料であるハチミツは、肌の保湿を助ける保湿成分が含まれていることが証明されてることに加えて、細胞の再生を助け、傷跡を防ぐ強力な抗酸化剤として機能します。

  • ガーゼまたは包帯にハチミツを注ぐか塗布します。
  • 患部に3時間以上置いてください。
  • 包帯を取り外します。完治するまで繰り返してください。

こちらもご参照を:子どもの手や指の怪我について:応急処置の注意ポイント

2. 玉ねぎジュース

軽度の火傷を自然に緩和する玉ねぎジュース

玉ねぎジュースは、火傷の痛みを和らげながら傷跡ができるのを予防します。

玉ねぎなどの野菜には、抗生物質としての作用と治癒特性があります。

そのため、玉ねぎジュースには硫黄化合物と抗酸化物質が多く含まれており、燃えるような痛みと赤みを抑えるのに役立ちます。

玉ねぎジュースは、火傷直後に痛みや水ぶくれが起こる可能性を減らし、感染症を引き起こす可能性がある細菌からも皮膚を保護します。

  • 玉ねぎジュースは、玉ねぎを半分に切ってブレンダーに入れて作ります。
  • 清潔な布に玉ねぎジュースをつけたら患部に塗布します。

3. ラベンダーオイル

エッセンシャルオイルは、昔からあらゆる種類の病気を治療するために使用されてきました。

その中でも、ラベンダーオイルには皮膚を保護する鎮痛作用および抗菌特性があるため、火傷の痛みを和らげながら、皮膚組織を迅速に修復し、傷跡ができる可能性を最小限に抑えるのに役立ちます。

  • 火傷にラベンダーオイルを使用するには、きれいに洗った清潔な手か清潔な布を使用して、火傷の患部にエッセンシャルオイルを塗ります。
  • 火傷が完全に治癒するまで、少なくとも1日2回使用してください。

こちらもご参考に:妊娠線、シワ、やけど跡やシミに効く/ナチュラルジェル

4. トマト

栄養価の高いトマトは、幅広い料理に使用されています。

火傷を和らげる自然療法として用いる時は、トマトの果実を使います。

抗酸化物質が豊富に含まれているトマトは、火傷による傷跡や斑点などを予防しながら、皮膚をより早く再生するのに役立つと同時に、火傷による痛みを軽減しながら、水ぶくれを軽減します。

  • トマトをいくつかにスライスしたらなかで、患部に適用します。
  • 20分間そのまま放置したあと、たっぷりの水で洗います。

5. 紅茶

紅茶に含まれるタンニンが火傷の熱を和らげ、火傷による痛みや刺激を軽減します。

  • 冷水に入れたティーバッグ2〜3袋を使います。
  • このティーバッグを火傷の患部に当て、15分以上そのままにします。
  • ガーゼを使用してティーバッグを火傷に適用することもできます。