最新のセックストレンドピーガズム:危険なオーガズム

12月 21, 2019
性的な快楽やオーガズムを体験する方法はたくさんありますが、最新のセックストレンドである「ピーガズム」を聞いたことはありますか? これはとても奇妙なものであるだけでなく、健康に悪影響を及ぼすトレンドです。

ピーガズムと呼ばれる最新のセックストレンドは、とても奇妙な女性のオーガズムを感じる方法です。

この言葉を聞いたことがない人も、この奇妙なセックストレンドについてしっかりと理解することが大切です。

ピーガニズムとは、オーガズムに達するために可能な限り排尿を我慢することです。

このセックストレンドは、ソーシャルメディアで火がついたと言われています。

ある女性が、排尿を我慢することでオーガズムを感じると投稿したところ、その意見に賛成する人が相次いだ一方で、排尿を我慢するのは苦痛でしかないという意見も数多く見られました。

一部の男性も、排尿を我慢する時のオーガズムに関する投稿への返信をしましたが、喜びを感じると主張した男性は少数でした。

奇妙なオーガズム:ピーガズム

幸せな女性
多くの女性にとって、排尿を我慢することは、性的興奮とそれに続くオーガズムにつながるという意見があります。

女性の健康の専門家であるパトリシア・ゲラティ氏によると、ピーガスムは体の異常な反応ではありません。

「腎臓がいっぱいになりすぎると、周囲のすべての臓器に圧力がかかりますが、これにはクリトリスも含まれます。つまり、女性が排尿すると、この圧力がなくなり、性的オーガズムに似た反応へとつながります。」

他の理論は、尿が出るのを防ぐために、尿道の周りのすべての筋肉が緊張することで刺激を得られることを示唆しています。

これは、尿道も性感帯であるため、リラックスした後により強い緊張感を感じることがあるからです。

発見:五感を刺激することで性的喜びを与える方法

ピーガズムの危険性

ピーガズムが、必ずしも機能障害と見なされるわけではありませんが、安全または健康な方法ではありません。

また意図的に行う場合も、たまたま排尿を我慢する場合も、健康上のリスクをもたらします。

いくつかを見ていきましょう。

腎臓の感染症

最新のセックストレンドピーガズム:危険なオーガズム 腎臓
排尿を我慢して尿が濃縮されると、尿路の感染症のリスクが高くなります。

排尿を我慢すると、尿路の自然な殺菌作用が停止します。

その結果、腎臓に害を及ぼす可能性のある細菌が残り、腎臓感染を引き起こすだけでなく、尿路にも感染する可能性があります。

尿失禁、前立腺の腫れ、膀胱および尿道の損傷

ピーガズムによって引き起こされる他の感染症には、尿失禁、前立腺の腫れ、膀胱および尿道の損傷が含まれます。

腎臓の筋肉が過剰な水分で満たされると、通常よりも伸びます。

これが頻繁に起こると力を失い、尿の流れを調節するのに十分に収縮できず、引き伸ばされたままになります。

排尿を我慢することで、尿道と膀胱に沿った神経に圧力がかかり、その機能を変化させてより敏感になります。

刺激の大きさに関係なく、刺激に反応して排尿衝動へと繋がります。

男性の場合、腎臓と尿路の感染症は、前立腺の慢性的な腫れと炎症を引き起こす可能性があります。

まれに、過剰な圧力が膀胱と尿道を引き裂くことさえあります。

これは、腹部への尿の漏れにつながり、感染を引き起こす可能性があります。

こちらもご参考に:最高のセックスをするためのエクササイズ6選

セックスを楽しむより安全な方法

マスターベーション
他の様々な方法で、マスターベーションと呼ばれる自慰行為を行うことができます。

ピーガズムによるオーガズムを楽しむ人は、排尿を我慢する時の圧力が、性器の最も敏感な神経を刺激しているからだと考えられますが、これは、性行為の最中にこれらの神経が正しく刺激されず、十分な興奮を得られていないからかもしれません。

性的刺激を介して、これらの神経を刺激する多くの健康的な方法があります。

  • 自慰行為:性器のさまざまな部分を触りながら、自慰行為を行いましょう。
  • 外部刺激を求める:身体的、視覚的、または聴覚的な刺激を活用して、神経の感度を高めてください。特に音は興奮につながる可能性が高い感覚です。

ピーガズム以外の方法を試しても満足が得られない場合は、専門医に相談する必要があります。

排尿を我慢することで刺激を受けるのではなく、代替えとなる安全な方法を医師と一緒に見つけてください。

恋人やパートナーとの性行為や自慰行為を通じて「通常」のオーガズムに達することができている人が、楽しみや好奇心のためだけにピーガズムを試そうと思っているならば、ぜひ考え直してください。

健康的な性生活を送っているのに、自分の健康を危険にさらす必要はありません。

セックスは楽しいものであり、性的刺激が私たちの健康に有害になるものであってはいけません。