ローヤルゼリーの6つの効果と作用

11月 14, 2019
ローヤルゼリーは高コレステロールと闘い、免疫システムを強化し、また精神の健康にも役立ちます。鬱や不安症、感情の問題に効果があります。

ローヤルゼリーは自然の奇跡を生み出す素晴らしい効果があります。体のバランスを整える天然のサプリメントです。栄養が豊富で様々な治療効果があり、大人から子供まで広く使うことが出来ます。

今回はローヤルゼリーの効果と作用についてお伝えします。

こちらもご覧ください アスピリンとハチミツを使った角質除去法

 

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーとはハチが作る100%ナチュラル成分。幼虫の生後数日間の食糧であり、女王の生涯の食べ物でもあります。彼らが生き延びるための物であるだけでなく、より良く繁殖するのを助けます。

ハチ ローヤルゼリー

ローヤルゼリーには成長を刺激する素晴らしい能力があります。働きバチは3日間しかそれを食べませんが、1か月から1か月半生きることが出来ます。一方女王バチは頻繁に食べることで約5年生きます。つまり栄養が豊富なのです。

黄色くて濃い物質で、少し酸っぱみがあります。また水分、タンパク質、必須アミノ酸をたっぷり含んでいます。またミネラル、ビタミンA、C、D、E、ビタミンB(BA、B2、B5、B6、葉酸)も含まれています。

神経系を刺激する作用もあり、集中力やエネルギーレベルを改善します。座りっぱなしの生活や、過剰な労働、ストレス、不眠症などは健康的な問題を引き起こします。更なるエネルギーを必要とするなら、ローヤルゼリーは強い味方です。

またストレスの多い人、心身的な負担の多い仕事をしている方にもおすすめです。例えばプレッシャーの多い仕事、学生、主婦の方など。栄養不足を予防するというだけでなく、食事、治療、栄養面にも役立つという利点があります。

こちらもご覧ください 長生きの7つの秘密を試してみませんか?

 

ローヤルゼリーの6つの利点と作用

ローヤルゼリー

 

1.神経系を刺激する

ローヤルゼリーは脳内の神経や神経伝達物質に栄養を与え、機能を正常化させるのに役立ちます。これは脳内の酸素濃度を増加させるため、集中力アップに繋がります。

また気分の改善にも役立ちます。鬱や疲労、虚弱などを改善します。つまりメンタルヘルスの改善に素晴らしい力を発揮します。

 

2.免疫系を強化する

ローヤルゼリーには、抗ウイルス、抗菌、抗真菌作用があります。つまり免疫系を改善します。風邪やインフルエンザの時に便利です。

ほんの少し食べるだけで、感染症や真菌から身を守ることが出来ます。また、傷を癒す効果もあります。

 

3.成長を促す

蜂同様、人間の成長にも役立ちます。ですので小さいお子さんや青年期のお子さんなど、成長期に取り入れることをお勧めします。

食欲を増進するので、よく食べ良く成長することへと繋がります。

 

4.コレステロール値を低下させる

ローヤルゼリー 血液

ローヤルゼリーには、血中の脂肪分を減らすという素晴らしい力があります。これは血流を改善するためです。

これらの脂肪分は悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれ、これらの数値が下がると心血管の病気になるリスクも下がります。またしゃっくりや高血圧の改善にもなります。

 

5.エネルギーを与える

ローヤルゼリーは体にエネルギーを与えてくれます。食欲増進効果があるので、疲労感のある人や貧血のある人にはお勧めです。

脳内の酸素濃度を高めることで、体のエネルギーが増し、心身の活動を改善します。この奇跡のローヤルゼリーをほんの少し食べるだけで、エネルギーを100%活用することが出来るようになるのです。

 

6.男女ともにメリットがある

ローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーは、更年期や生理など女性ホルモンによる不調を和らげます。ローヤルゼリー、はちみつ、花粉、その他ミツバチが作るものには、閉経期の女性の卵巣が適切に機能出来るように手助けをする力があります。

男性には、不妊とインポテンツの自然治療に使えます。ローヤルゼリーを摂取すると男性ホルモンのテストステロンの分泌が高まるためです。

 

まとめ

ローヤルゼリーには数えきれないほどの健康効果があります。何を目的に摂取するにしても、必ず健康的なメリットを得ることが出来ます。自然療法に使うには、間違いなく素晴らしい材料と言えます。

ですが専門家の中には、6か月以上使用しない方がいいと主張している人もいます。

  • Barnutiu, L. I., Marghitas, L. Al, Dezmirean, D. S., Mihai, C. M., Bobis, O., Bărnuţiu, L. I., … Bobiş, O. (2011). Chemical Composition and Antimicrobial Activity of Royal Jelly – Review. Animal Science and Biotechnologies.
  • Mishima, S., Suzuki, K. M., Isohama, Y., Kuratsu, N., Araki, Y., Inoue, M., & Miyata, T. (2005). Royal jelly has estrogenic effects in vitro and in vivo. Journal of Ethnopharmacology. https://doi.org/10.1016/j.jep.2005.04.012
  • Morita, H., Ikeda, T., Kajita, K., Fujioka, K., Mori, I., Okada, H., … Ishizuka, T. (2012). Effect of royal jelly ingestion for six months on healthy volunteers. Nutrition Journal. https://doi.org/10.1186/1475-2891-11-77