リキッドバイオプシーとは

4月 19, 2020
リキッドバイオプシーとは、血液、尿、胸膜液など、バイオマーカーを測定できる任意の体液から行う生検のことです。これには、従来の生検に比べていくつかの利点があり、癌患者のモニタリングに非常に役立つ手法です。

リキッドバイオプシーは腫瘍を発見する方法の1つで、「血液を用いたバイオマーカー検査」としても知られます。これまで、患者の腫瘍の種類を判断できる唯一の方法は、組織生検でした。しかし、組織生検には制限があります。それを克服するため、リキッドバイオプシーなどの侵襲性の低い新しい技術の開発が促されました。

このタイプの方法では、特定のタイプの癌患者の血液中を循環している腫瘍細胞、そしてその腫瘍細胞の核DNAまたは腫瘍DNAを探し、定量化し、特徴付けることが行われます。最も目的とされることは、血中の腫瘍細胞を数えて生存可能性を予測することです。患者の腫瘍細胞が多いほど、予後は悪くなると予測されます。このタイプの方法は、とりわけ乳癌、前立腺癌、結腸癌、直腸癌、および肺癌に適用されます。

リキッドバイオプシーは、血液、尿、胸膜液など、あらゆる体液から採取できます。これらの液体は、組織生検と同様に、バイオマーカーを生成した組織を表す元のバイオマーカーを特定することができます。

組織生検の限界

リキッドバイオプシー 組織生検の限界

先述の通り、組織生検は、腫瘍の特性を知るために用いる最善の方法の1つですが、いくつかの制限があります。まず、腫瘍サンプルが必要という点が挙げられます。つまり、患者にとって不快である手術を必要とする侵襲的な方法なのです。

すべての手術に言えることですが、デリケートな状況に晒されている患者や、すでに病気が進行した患者にとって適切なオプションではない場合があります。もう1つの制限は、生検用に選択された組織が最適ではない可能性があることです。腫瘍の全体的な評価には関係がない部位を採取してしまう場合があるからです。それに加えて、結果が出るまで数日かかる場合があります。

そして、組織生検では、特定の時点での腫瘍の変異状態しか知ることができません。したがって、患者の状態をフォローアップするには、疾患が進行するにつれ、いくつかの手術を受ける必要があります。また、サンプルがもうずっと前のもので、患者の状態は現在は別の段階にある場合、以前のサンプルを使って意思決定をすることは最良の選択ではない可能性があります。

最後の制限は、腫瘍の場所によっては、生検を実施できない場合があることです。これらの場合、リキッドバイオプシーが助けになります。

こちらもお読みください:新型コロナウイルスとガン:知っておくべきこと

リキッドバイオプシーの利点

リキッドバイオプシーには、患者と医師の両方にとって、特定の腫瘍の変異を敏感に、利便性よく、かつ信頼できる方法で迅速に検出できるという利点があります。また、利用可能な最良の治療法を決定するために、血液中にあるDNAの変異を検出することもできます。

さらにこの方法は、従来の生検よりも侵襲性がはるかに低いものです。リキッドバイオプシーを行うには、医療専門家は血液検査を行い、BEAMing法という技術などの、高度で超高感度な分析技術を適用するだけで良いのです。

必要なのは採血のみなので、患者の健康に影響を与えることなく生検を行うことができます。さらに、組織生検よりも多くの患者に行うことができ、この事実は、リアルタイムで疾患データを取得できる可能性を示唆しています。

最後に、リキッドバイオプシーは腫瘍の一部だけでなく、腫瘍全体を診ることができるという点も言及する必要があります。また、時間をかけて病気をモニタリングすることができ、この点でも従来の生検の制限を克服しています。

こちらもお読みください:知っておくべき原発性骨腫瘍の主な症状5つ

リキッドバイオプシーはいつ行うべきか

リキッドバイオプシー

リキッドバイオプシーは、医師が組織生検から十分な組織を採取できなかった場合に最適です。リキッドバイオプシーを行うべきもう1つの兆候は、腫瘍がメスの届きにくい場所に位置する場合です。届きにくい場所とは、例えば下記などです。

さらに、今の治療法で結果が出ていない場合や、患者が別の従来の生検を受けることを拒否した場合にも推奨されます。

まとめ

リキッドバイオプシーは、侵襲的な組織生検に取って代わることができる非常に有用な方法です。従来の生検に比べて多くの利点がありますが、さらなる用途を発見すべく研究が重ねられています。

  • Barcat, J. A. (2015). Biopsia líquida. Medicina (Argentina).
  • Silva, A. S. F. da, Cavichio, M. W. E., Machado, A. L., Tokura, E. H., Andrade, L. E. C., Lázari;, C. dos S., … Carvalho, M. H. B. de. (2017). Biópsia líquida. Fleury Medicina e Saúde. Revista Medica: N: 5 Edição 2 ;2017.
  • Salinas Sánchez, A. S., Martinez Sanchis, C., Gimenez Bachs, J. M., & García Olmo, D. C. (2016). Biopsia líquida en cáncer. Actas Urologicas Espanolas. https://doi.org/10.1016/j.acuro.2015.06.008