胃バイパス手術を受ける利点と副作用

17 2月, 2019
胃バイパス手術はとても一般的で効果的な手術です。深刻な肥満に悩む多くの人がこの手術を受け、医師の指示にきちんと従うことでネガティブな副作用やリスクを受けずに生活しています。
 

胃バイパス手術は胃のサイズを小さくし、小腸へと直接つなげる手術です。これにより食べたものは長く伸びた小腸へと迂回しますので、カロリーや栄養の吸収を減らすことにつながります。胃が小さくなることで食べる量も減り、満腹感を早く感じるようになるでしょう。

この手術はダイエットを繰り返しても成功できない太り過ぎの人に理想的だと言えるでしょう。また、深刻な肥満状態の人にも良いでしょう。体重が減ることで、関節、背中、循環のトラブルなど太り過ぎからくる健康問題を解決することになるかもしれないからです。

ですが、すべての手術に言えるように、胃バイパス手術にもリスクや副作用があると考えられます。Obesidad UC というウェブサイトには、胃バイパス手術は”チリを始め世界中の肥満患者に共通した手術”であると述べられています。

Obesidad UCではまた、この手術を行うことで”一年で60%〜70%の率で減量に成功しており、太り過ぎに関連する健康状態もはっきりと改善されている”としています。

 

胃バイパス手術の利点

胃バイパス手術

  • 手術は肥満度指数(BMI)がある一定値を上回る人に対し、特に推奨されています。深刻な健康問題のリスクを抱えているからです。
 
  • 肥満と闘っている人に効果的で、回復期間も短いでしょう。
  • 体重の70%まで減らすことができるでしょう。半年〜1年をかけて体重が減るのが一般的です。ですが、術後2年たってもまだ体重が減り続ける患者も多いようです。
  • 快復は早く、特に問題もないでしょう。患者は通常、術後3日で退院が可能となり、8〜10日後には通常の生活に戻ることができるでしょう。
  • 安全で効果的な手術ですので、健康的に生きるための人気の選択肢として選ばれつつあります。

どの手術にも言えることですが、胃バイパス手術も、患者によっては何らかのリスクを与える場合もあります。ですが、体重を減らさないと危険な状態になるかもしれない人にとっては、この手術は安全で効果的だと言えるでしょう。

手術を考えたら経験のある医師に相談しましょう。また、健康的な食事をするポイントや生活習慣を送るアドバイスに従いましょう。

こちらもお読みください:体重を減らしたい時に気をつける朝食の5つのルール

副作用

主治医の指示に従わなかったり、食事ルールを守らないと様々な副作用が現れるでしょう。どのようなことが起こりうるか、いくつかご紹介しましょう。

1. 栄養不足

鉄分
 

手術の後、小腸の一部が基礎栄養素(鉄分、カルシウム)を受け取らず、これら栄養素を吸収できなくなります。そのため、鉄分やカルシウムの欠乏状態となります。貧血や骨粗しょう症のような健康トラブルへと繋がるでしょう。これらの栄養素の欠乏を防ぐビタミン剤を摂取することが大切です。

こちらもお読みください:ビーツをもっと食べるべき3つの理由

2. 栄養不良

必要な栄養を十分に受け取っていないため、体は様々な感染症にかかりやすい状態となります。免疫系が弱まってしまうのです。

3. ダンピング症候群

胃を押さえる男性

ダンピング症候群とは食後20分ほどで起こる胃の状態です。腸に入った食べ物に含まれる脂肪のせいで吐き気や嘔吐を引き起こします。また、炎症や突然の腸の拡張を引き起こしますので、下痢や激しい腹痛が起こるでしょう。

指示された食事法に従わない、甘いものや脂肪の多い食べ物を過剰に食べるなどをするとダンピング症候群を引き起こすでしょう。食生活をゆっくり改善し、より体に良い食べ物を食べることが消化トラブルを回避するためには大切です。

4. 腸閉塞症

便秘のような感覚と共にお腹に激しい痛みを感じるかもしれません。手術では腸の一部をうっかりと動かしてしまうことがあります。ですが、この手のミスが起こる確率は極めて低いでしょう。

 

胃バイパス手術の後は…

スープ

  • 主治医が推奨するよう、流動食を進めましょう。主治医と相談し、徐々に固形物を加えていきます。
  • 主治医の指導に従うことで体の回復が順調に進むでしょう。
  • 消化管が変化しますので、ビタミンやサプリメントを摂取しましょう。
  • 医師はそれぞれのケースを勉強し、ベストの方法を教えてくれますが、あなた自身も手術をする前には知識を得ましょう。
 
  • Díez del Val, I., Martínez-Blázquez, C., Valencia-Cortejoso, J., Sierra-Esteban, V., & Vitores-López, J. M. (2004). Bypass gástrico. Cirugia Espanola. https://doi.org/10.1016/S0009-739X(04)72311-8
  • Garciacaballero, M., Reyes-Ortiz, A., Toval, J. A., Martinez-Moreno, J. M., & Miralles, F. (2014). Development of type 2 diabetes mellitus thirty-one years after Billroth II in a patient asking for diabetes surgery. Nutricion Hospitalaria. https://doi.org/10.3305/nh.2014.30.1.7472
  • Rubio, M. A., Rico, C., & Moreno, C. (2005). Nutrición y cirugía bariátrica. Supl Rev Esp Obes. https://doi.org/10.1016/S0737-0806(02)70026-9
  • Herrera, M. F., Zarain, A., & Arceo, R. (2005). Cirugía bariátrica. Revista de Gastroenterología de México. https://doi.org/10.1016/S0716-8640(12)70296-1