理解を深めよう!健忘症の症状と予防法

11 12月, 2019
健忘症は、情報を記憶または保持できないことを特徴とする記憶障害です。今回は、健忘症の一連の症状について説明します。
 

健忘症の初期症状は、部分的または完全な記憶の喪失です。

厳密に言うと健忘症は記憶障害の一つであり、以前保存された情報の一部保持または記憶することができません。

健忘症についてより深く理解するためには、記憶とは何か、そしてどう機能するかを知ることが重要です。

記憶とは、中枢神経系(CNS)が過去の出来事から学び、それを整理し、新しい計画などを立てる能力です。

記憶力の働きで、符号化、保存、そして呼び出しという3段階で発達する複雑なメカニズムを通じて、様々なデータを記憶して保存します。

健忘症を発症すると、記憶とそれに伴う全ての過程を発達させる能力を失います。

健忘症の原因は何ですか?

脳 健忘症の症状と予防法
健忘症の原因はさまざまですが、そのいくつかは、脳または心理的現象への直接的なダメージと関連があります。

健忘症の引き金となるのは、器質的または機能的な要因です。

器質的な要因としては、病気や外傷、あるいは鎮静剤などの特定の薬物の使用などによる要因が、脳への損傷を引き起こすケースです。

機能的原因には、防御メカニズムなどの心理的要因が含まれます。これは、心的外傷後健忘症候群として知られています。

この一般的な2つの分類とは別に、麻酔の直後に起こる健忘症などもありますが、これは、麻酔が記憶統合のメカニズムの混乱を引き起こすためです。

また自然発生する一時的な健忘症があります。これは、中年及び高齢者に起こりやすく、特に男性の有病率が高くなる傾向があります。

 

このタイプも健忘症は、通常は24時間未満に解消されるでしょう。

続きを読む:ご存知ですか?認知症とアルツハイマー病の違い

健忘症:症状と予防法

健忘症の症状

健忘症の症状は、記憶への接続の喪失などを中心に起こります。

日付、名前、または過去の一般的な情報など、あらゆるタイプのデータを思い出すことができない場合があります。

健忘症の主な2つをご紹介します。

  • 前向性健忘症:健忘症の原因となる損傷などが発症した後に生じた出来事を記憶できなくなるなど、新しい情報の学習が難しくなります。
  • 逆行性健忘症:これまでは覚えていた過去の出来事や情報を、思い出すのが難しい状態です。

健忘症は、人間の知性、一般的な知識、認識、注意力、判断力、人格、またはアイデンティティとは関係がないことに留意してください。

特に注意するべき症状と兆候をご紹介します。

  • 実在しない記憶の存在:健忘症を発症している人は妄想的であり、完全に新しい記憶を作り出すか、本物の記憶から実在しない記憶を作り出すことがあります。
  • 混乱や見当識障害などの症状を発症します。
  • 個人的な人間関係の悪化が生じる可能性があります。

ただし、健忘症と認知症を混同しないでください認知症は健忘などの記憶障害に加えて、健忘症の患者には起こらない様々な認知機能障害を発症します。

こちらもご参考に:記憶力を向上させるトレーニング5選

健忘症の予防

健忘症の症状と予防法
脳の構造に影響を及ぼす可能性のある健忘症の予防は、脳の損傷を回避するための方法が用いられます。
 

脳に影響を与える損傷によって怒る健忘症は、その予防が大切です。

チアミンやビタミンB1の不足を引き起こす可能性がある、アルコールの過剰摂取や長期的な摂取は、健忘症の原因の一つとなる可能性があるため、できる限り避けてください。

自転車やオートバイに乗るときは、必ず安全基準をクリアした質の高いヘルメットを着用してください。事故などによる脳への損傷は、健忘症を引き起こす主な原因の一つです。

感染症が脳に広がる可能性を減らすためにも、感染症を発症したら迅速かつ効果的に治療してください。

脳卒中や脳動脈瘤の兆候や発症しそうな症状が見られる場合は、すぐに医師の診察を受けて治療を開始してください。注意すべき症状は、重度の頭痛、痺れ、または麻痺状態です。