幻覚特性を持つ麻酔薬ケタミンについて知っていますか?

8月 30, 2019
ケタミンは主に動物の鎮静剤または麻酔薬として使用されるリラックス作用のある物質で、幻覚作用を引き起こす可能性があります。

ケタミンは麻酔薬および幻覚特性を持つ薬剤です。医学での使用は非常に限られており、速効性のある麻酔薬として主に使用されています。

また、大型動物、特に馬を鎮静するために獣医学では広く使用されていますが、このような特定の目的のために20世紀の終わりに合成されて使用が始まったと言われています。

ケタミンを誤用すると、強力な幻覚剤として働くだけでなく鎮静作用もあるため、レイプ目的で使われる危険性があります。

ケタミンの働きとは

ケタミン とは

ケタミンはフェンシクリジンの誘導体で、NMDA(グルタミン酸作動薬であるN-メチル-D-アスパラギン酸)受容体拮抗薬の一部です。

この物質がアゴニストである場合、それは別の物質の効果を強化することを意味します。

また、物質が拮抗薬である場合、それは別の物質の作用を遮断することを意味します。

ケタミンは、グルタミン酸の活性を高めるNMDAの活性をブロックする働きのある麻酔薬です。

グルタミン酸は、神経系および脳のさまざまな領域でシナプス接続の大部分を占める神経伝達物質であり、学習や記憶などを司る領域である海馬体では、グルタミン酸受容体が存在します。

ケタミンがグルタミン酸を遮断すると、シナプスは興奮性情報を伝達せず、神経系は弛緩状態に入るため、服用量に応じて、薬は鎮静剤として機能します。

こちらもご参考に:アメリカ食品医薬品局が片頭痛予防薬を承認

ケタミンの使用目的

上記のように、ケタミンは主に獣医学の世界で鎮静剤および麻酔薬として使用されます。

危険な副作用を持つため、人間の医師がケタミンを使用することはほとんどありませんし、劇薬とされています。

ケタミンは、人の精神状態を変化させる物質ですが、発展途上国などでは安価に手に入るケタミンを麻酔薬として使用することがあります。

ケタミンが向精神性物質である理由とは

ケタミンには、解離性障害を引き起こす強力な幻覚作用があります。

これは、服用した人の体内の感覚を変化させる症状で、一般的には、明るさ、浮遊、そして幽体離脱など感覚が現れると言われています。

子供や高齢者に低用量で使用したときに、多くの患者がケタミンの影響で感じたことを話し、医師はそれを記録しました。

医師達は、低用量であってもケタミンには強力な幻覚特性があることを最終的に発見するまで、数多くの研究を実施し、ケタミンを麻薬と定義する危険な特性があることを発見しました。

ケタミンによる副作用はすぐに起こるため、正しい投与量を測定することは困難です。

たとえば、最小限の投与量ではリラクゼーション効果が得られますが、服用量をわずかに増やすだけで、死に近い体験をするリスクがあるからです。

こちらもご参考に:抗うつ剤について覚えておきたい5つのこと

ケタミンの副作用とは

ケタミン の副作用

ケタミンによる幻覚作用以外にも、記憶力を変え集中力を欠乏させるなどの副作用があります。

高用量では、不整脈、心拍数または心音の乱れなどの問題が現れるだけでなく、高血圧、徐脈、心血管不全、頭蓋骨内の圧力上昇などの心血管系の障害を発症するリスクが高まります。

ケタミンは、気道を塞ぐ喉頭の痙攣を引き起こす可能性があるため、子供が使用した場合には、死亡のリスクがあります。

また副作用として、てんかんの発作やジストニアに苦しむことがあります。

ジストニアは、筋肉の緊張に異常が起こることにより、様々な不随意の収縮が起こることを指す医学用語で、ケタミンの服用が原因で起こる場合は、通常非常に痛みを伴い、神経系が正常に働かなくなっている状態を反映しています。

上記のすべての理由により、医師はほとんどの場合ケタミンを使用しません。

ケタミンによって起こる合併症はとても多く、頻度も高く危険であるため、マイナス面がその利点を上回るのが理由の一つです。

アルコールなどの物質と組み合わせることで、ケタミンの危険度はさらに増します。

誰かがケタミンを服用したと思われる場合は、救急車を呼ぶなどの緊急の対応を取ってください。

次に服用した可能性のある人を、静かな部屋に連れて行きます。

電気を暗くして静かな状態を保つことで、刺激を与えるリスクを軽減しましょう。