認知症について掘り下げる:認知症患者の生活とは?

4月 28, 2019
認知症患者の生活は、患者本人だけではなく家族をはじめとする周りの人々にとっても簡単なものではありません。本記事では、認知症の人が対処するべき問題に加えて、周りの人々がどのように患者の生活の質を改善する手助けをできるかについてお話しします。

認知症を発症している患者は、アルツハイマー病、パーキンソン病、およびビンスワンガー病などを併発している可能性があります。

これらの病気は、認知症の症状である精神面での機能や能力のゆるやかな喪失または衰弱が一般的に起こります。

認知症を引き起こす疾患は、記憶力や理性が変化するだけでなく、状況を悪化させたりイライラさせる行動障害が起こるため、患者とその家族の両方にとって困難な日々となることがあります。

本記事では、認知症患者に対応する際に、考慮すべき側面をご紹介します。

認知症患者のうつ病

認知症を発症している人に影響を与えるのがうつ症状です。

認知症患者自身、自分が何をしているのかわからないという事実や、自分を混乱させる記憶の喪失、そして周りの人々との交流がうまくいかないことによる落胆などがうつ症状へとつながります

外を眺める男性

認知症への対処法を知らない人が多いため、周りの人が次のような間違いを犯すことがあります:

  • 認知症患者を子供のように扱う:患者が目の前にいてもいないものとして、または理解できないものとして会話をし、大人に対する会話を行わない傾向があります。
  • 患者を怒鳴るまたは叱る:認知症を発症している人が、何をしているか自分でわからない行動をしている時に怒鳴ったり叱ったりすると、罪悪感だけが生まれ、患者自身が自分の行動や状況を理解しようと思わなくなります。
  • 患者を無視する:認知症患者に対して大人に話しかけるように声をかけない、怒鳴る、そして無視をするのは、患者が孤独を感じる原因となり、うつ症状を引き起こす可能性もあります。

認知症患者は、周りからの理解と愛情、そしてサポートを得ていると自ら感じることが大切です。

認知症患者の家族や周りの人は、患者の気持ちになり、認知症を発症するのは誰にとっても簡単なことではないと理解する努力しましょう。

こちらも記事もご参考に:気分を改善し、うつ病と闘うのに役立つ食べ物10選

自立できるサポートをする

認知症患者は、周りからのサポートが必要なのは間違いありませんが、家族のサポートなしに自分でできることがあります。

例えば、シャツのボタンをかけるのが難しくなってきたら、シャツのない服を買うようにしたり、靴ひもが結べなくなったら靴紐のない靴を買うなど、できる限り自分でできることを見つけてそれをサポートしてください。

また記憶力の喪失が深刻になってきた場合は、浴室のドアに「浴室」と貼っておくなど、家族が常に一緒にいなくても患者自身が自分の居場所を理解できるようなサポートを行ってください。

認知症を発症すると、記憶が失われるため靴の紐を縛るなど一般的に考えたら簡単なことができなくなり、患者自身が混乱します。

そのため、難しいことは排除しながら、できることを見つけてサポートすることで、患者が混乱することも減り、患者と周りの家族との衝突も軽減するのに役立ちます。

ご存知ですか?:認知症のリスクを下げる6つの健康習慣

できる限り外出する

認知症患者の家族は、迷子の危険を考えるとできる限り家から出て欲しくないと考えるかもしれませんが、一日家にこもっているとうつ症状を引き起こす可能性があるため、できる限り外出するようにしましょう。

外を眺める認知症患者

患者の家族や周りの人々が、一日中お世話できない場合は、プロに任せる方法があります。

外出を促進すると言っても、一人で外出させるのではなく、誰かと一緒に外出するようにしましょう。

散歩に出かけたり、公園に行ったり、庭で日光浴をしたりするなどの楽しいアクティビティーを行いましょう。

認知症患者は、家族のサポートや愛情を感じることが大切であり、これは孤立や孤独感を防ぐのに役立ちます。

また、家族が忙しい場合は、認知症専門のデイケアセンターなどで行われている、認知症患者専用のアクティビティーやサポートグループに参加するのがおすすめです。

認知症患者同士が交流できる専門の施設もあるため、できる限りの支援を受けながら、認知症患者が生き生きと生活するサポートを行いましょう、

  • Rankin, K. P., Gorno-Tempini, M. L., Allison, S. C., Stanley, C. M., Glenn, S., Weiner, M. W., & Miller, B. L. (2006). Structural anatomy of empathy in neurodegenerative disease. Brain. https://doi.org/10.1093/brain/awl254
  • Krueger, C. E., Laluz, V., Rosen, H. J., Neuhaus, J. M., Miller, B. L., & Kramer, J. H. (2011). Double Dissociation in the Anatomy of Socioemotional Disinhibition and Executive Functioning in Dementia. Neuropsychology. https://doi.org/10.1037/a0021681
  • Barba, A. L., Kelly Changizi, B., Higgins, D. S., Factor, S. A., & Molho, E. S. (2012). Dementia. In Parkinson’s Disease, Second Edition. https://doi.org/10.1201/b12948
  • Curran, E. M., & Loi, S. (2013). Depression and dementia. The Medical Journal of Australia. https://doi.org/10.5694/mjao12.10567