レスベラトロールの脳への効果

· 9月 13, 2015
レスベラトロールは、私たちヒトの体内では生成できない成分ですが、多くの有効な働きが確認されており、毎日摂取していきたい成分のひとつです。

レスベラトロールは、ブドウの果皮や赤ワイン、ピーナッツの渋皮などに含まれるポリフェノールの一種で、酵母の長寿遺伝子を活性する可能性があると言われています。また、心臓血管系、ガン、肥満、糖尿、コレステロール、そして脳の活性にまで役立つと信じられています。

レスベラトロールの働き

レスベラトロールは、カキやピーナツ類、クワの実、ヌガー、ブルーベリー、ワインやブドウの絞り汁またその関連食品等に含まれており、私たちは知らず知らずのうちに、この効果的な物質を摂取しています。

赤ワイン

レスベラトロールは1940年に発見され、当初はがんの治療薬としてのみ使用されていました。今現在では、老化防止等にも効果があると信じられており、活性酸素を除去し細胞の老化を防ぐために、カプセルやクリームに加えて販売されています。薬品としては認知されていませんが、栄養補給剤や健康食品として売られています。

こちらもご参考に:
赤ワインが体に良い10の理由

レスベラトロールの効果

ぶどう

  1. 活性酸素の除去
  2. 特に乳がんなどのガン防止効果
  3. 抗炎症剤効果
  4. 抗線維化、高コレステロール、心臓血管系の疾患への効果
  5. 血糖値低下の手助け
  6. 身体能力の向上
  7. 糖新生効果をアップさせ、神経系を保護

疑問点として

この実験はいまだ人体実験の症例が少なく、まだ研究途中ですので、注意する必要があります。

検証中の点

  1.  糖尿病等、代謝機能が乱れることによる脳構造への酸化的損傷
  2. 高齢者の精神的安定と動作の改善への効果
  3. 人体への影響

レスベラトロールの脳への効果

脳への効果

レスベラトロールが、これほどまでに注目を集めてきた理由は、私たちの体の大切な部分、脳に効果があると言われているからです。

脳細胞は平時その働きを維持するために酸素を必要とします。しかしながら考えたり、勉強したり、また記憶するためには通常以上の量を必要とします。レスベラトロールを摂取すると脳の血流が良くなり、酸素が有効に使われると言われています。

また、これらに含まれる酵素は細胞の変成を遅らせることが可能だとの研究もあります。レスベラトロールが脳細胞を保護し、酸素不足による脳卒中やDNAの損傷を防いだり、アルツハイマー病等の痴ほう症の進行や発生を防ぐのです。

ご存知でしたか?:
アルツハイマー病の進行を止めることはできるのか

最後に

レスベラトロールについては、たくさんの素晴らしい効果が報告されていますが、まだ実験段階であるということを忘れないでください。

また、レスベラトロールと薬との併用摂取は注意が必要です。薬は摂取した後、肝臓の薬物代謝酵素によって薬の作用が弱められ、体外に排出されます。

レスベラトロールは、肝臓の薬物代謝酵素の働きを抑制、または亢進することが報告されています。つまり、レスベラトロールが一緒に飲んだ薬の作用を増強させたり、逆に弱めてしまう恐れがあります。基本的には薬を摂取している場合は、併用しないことをお勧めします。もし、併用する場合には医師、薬剤師に相談した上で利用するようにしましょう。