レプチン値に関係する7つの食材

レプチンはダイエットの心強い味方ですが、バランスのとれた食事と適度な運動を欠かしてはいけません。
レプチン値に関係する7つの食材

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 06 12月, 2022

レプチンは脂肪細胞から生産されるホルモンです。体の脂肪の欠如や過剰さを脳に伝えます。体内に蓄積された脂肪の量が増えると、血流に流れ込み、体内に十分な脂肪があることを伝え、食欲を抑える働きがあります。

レプチンと肥満の関係性を証明した研究もあります。レプチンの生産量が多くなると、ダイエットに繋がるということです。科学的な商品や、リスクの高い手術などをせずに体重を落とすことができる、健康的な方法です。

レプチンの生産を高める食品は、食欲を減らし、抑制してくれます。レプチンはダイエットの心強い味方ですが、バランスのとれた食事と適度な運動を欠かしてはいけません。

レプチンを増やしてくれる食べ物

レプチンは食材に含まれる成分ではありません。しかし、レプチンの生産、働きを促す食材は、代謝を高めダイエットに効果があります。

1、グレープフルーツ

グレープフルーツ レプチン値

グレープフルーツは柑橘系の果物で、脂肪を燃やし代謝を高めてくれる働きがあります。しかもビタミンCを多く含み、食べた物を効率よく、早く消化させてくれます。よって、たくさんのカロリーが燃焼され、脂肪の蓄積量が減るということです。

こちらの記事もお読みください:グレープフルーツを食べて 糖尿病を予防しよう

2、全粒の穀物

全粒の穀物は栄養価が高く、その複雑な炭水化物の性質で、代謝を高め、インスリンの値を一定に保ってくれます。玄米、オートミール、フラックスシードなどが一例です。また、全粒の穀物はコレステロールの値を下げてくれます。

3、ブロッコリー

ブロッコリー レプチン値

ブロッコリーはビタミンCとカルシウムをを多く含み、脂肪の燃焼を助け、代謝を促します。また抗酸化成分も多く含みます

こちらの記事もお読みください:ブロッコリーの健康効果

4、魚

魚の油、サーモン、イワシ、マグロはオメガ3脂肪酸を含み、体内のレプチン値を下げるのに適した食材です。体内のレプチン値が上昇しすぎると肥満と関連があります。

5、アーモンド

アーモンド レプチン値

アーモンドはビタミンE、食物繊維、他の栄養素、健康に良い一価不飽和脂肪酸を含み、バランスのとれた代謝を促します。

6、ほうれん草

果物や野菜の中でも、ほうれん草は食物繊維を豊富に含み、レプチンの生産を高めてくれるので、満腹感を感じやすくなります。

7、人参

人参 レプチン値

人参はカロチンのかたまりで、抗酸化物質が脳のレプチンに対する敏感さを高めてくれます。人間の体はレプチンを消化システムから摂取、吸収できないので、生産するしかないのです。

これらの食材がどのように体に影響するか?

上記で紹介した食べ物は、レプチンの値に対する敏感さを高める働きがあります。よって、素早く体重を落とせるということです。また、

などの働きもあります。

レプチンを活性化させるために

レプチンには、脂肪細胞から放出された場合、食欲を抑制してくれる働きがあります。レプチンの働きや、体重の管理を考え、下記のことに注意しましょう。

  • 日中の食欲を抑える:脂っこい食べ物を摂取するほど、レプチンのサインを受け取るのに鈍感になってしまいます。
  • 睡眠不足でレプチンに鈍感になる:十分な休息と睡眠を取ることが大切です。
  • 睡眠不足に悩まされている方は、体重に悩まされていることが多いです。
  • 毎日同じ時間に6〜8時間の睡眠を取るのが良いとされています。
  • ストレスを制御するために毎日適度な運動をしましょう。
  • 1日30分の運動をすると、体は新しい筋肉を育てようとします。すると、脂肪の燃焼スイッチが入ります。
  • また運動は、喜びや、欲と関わりがあるオキシトシンを促進しすることで、ダイエットの効果を高めてくれます。
  • 炭水化物と砂糖の摂取を少なくする。
  • 食事の時間を決めましょう。少量を時間を決めて食べることで、体重も減り、レプチンを活性化することができ、食欲を抑制することができます。
こちらの記事もおすすめです。
満腹ホルモンレプチンの真実5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
満腹ホルモンレプチンの真実5選

主要な満腹ホルモンであるレプチンは「すでに満腹である」ことを伝える一連のメッセージを脳に伝える役割を担っています。本記事では、満腹ホルモンと呼ばれるレプチンの主な作用と、レプチンを体内で正常に機能させるための方法もご紹介します。ただし、ホルモンバランスの乱れが気になる時は必ず医師の診断を受けて...



  • Aparicio A, Salas González M, Cuadrado Soto E, Ortega R, López Sobaler A. El huevo como fuente de antioxidantes y componentes protectores frente a procesos crónicos. Nutr. Hosp. 2018; 35(spe6): 36-40.
  • Banks WA, Coon AB, Robinson SM, Moinuddin A, Shultz JM, Nakaoke R, Morley JE. Triglycerides induce leptin resistance at the blood-brain barrier. Diabetes. 2004 May;53(5):1253-60.
  • García Soto N. Leptina. Revista de Endocrinología y Nutrición. 2007; 15(3): 132-37.
  • Fogteloo AJ, Pijl H, Roelfsema F, Frölich M, Meinders AE. Impact of meal timing and frequency on the twenty-four-hour leptin rhythm. Horm Res. 2004;62(2):71-8.
  • Hou Q, Li Y, Li L, Cheng G, Sun X, Li S, Tian H. The Metabolic Effects of Oats Intake in Patients with Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-Analysis. Nutrients. 2015; 7(12): 10369-87.
  • Izquierdo AG, Crujeiras AB, Casanueva FF, Carreira MC. Leptin, Obesity, and Leptin Resistance: Where Are We 25 Years Later? Nutrients. 2019 Nov 8;11(11):2704.
  • Kelesidis T, Kelesidis I, Chou S, Mantzoros CS. Narrative review: the role of leptin in human physiology: emerging clinical applications. Ann Intern Med. 2010 Jan 19;152(2):93-100.
  • Kraemer RR, Chu H, Castracane VD. Leptin and exercise. Exp Biol Med (Maywood). 2002 Oct;227(9):701-8.
  • Mendoza-Herrera K, Florio AA, Moore M, Marrero A, Tamez M, Bhupathiraju SN, Mattei J. The Leptin System and Diet: A Mini Review of the Current Evidence. Front Endocrinol (Lausanne). 2021 Nov 24;12:749050.
  • Mozaffarian D, Wu JH. Omega-3 fatty acids and cardiovascular disease: effects on risk factors, molecular pathways, and clinical events. J Am Coll Cardiol 2011; 58: 2047-67.
  • Paz-Filho G, Mastronardi CA, Licinio J. Leptin treatment: facts and expectations. Metabolism 2015; 64: 146-56.
  • Rosado EL, Monteiro JB, Chaia V, Do Lago MF. Efecto de la leptina en el tratamiento de la obesidad e influencia de la dieta en la secreción y acción de la hormona. Nutr Hosp 2006; 21: 686-93.
  • Simón E, Del Barrio AS. Leptina y obesidad. Anales Sis San Navarra. 2002; 25(supl. 1): 53-64.
  • Soo Yook  Y, Rakwal  R, Shibato  J, et al. Leptin in hippocampus mediates benefits of mild exercise by an antioxidant on neurogenesis and memory. Proceedings of the National Academy of Sciences. 2019; 116(22): 10988-10993.
  • Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E. Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index. PLoS Med. 2004 Dec;1(3):e62.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。