レプチン値に関係する7つの食材

1月 22, 2019
レプチンはダイエットの心強い味方ですが、バランスのとれた食事と適度な運動を欠かしてはいけません。

レプチンは脂肪細胞から生産されるホルモンです。体の脂肪の欠如や過剰さを脳に伝えます。体内に蓄積された脂肪の量が増えると、血流に流れ込み、体内に十分な脂肪があることを伝え、食欲を抑える働きがあります。

レプチンと肥満の関係性を証明した研究もあります。レプチンの生産量が多くなると、ダイエットに繋がるということです。科学的な商品や、リスクの高い手術などをせずに体重を落とすことができる、健康的な方法です。

レプチンの生産を高める食品は、食欲を減らし、抑制してくれます。レプチンはダイエットの心強い味方ですが、バランスのとれた食事と適度な運動を欠かしてはいけません。

レプチンを増やしてくれる食べ物

レプチンは食材に含まれる成分ではありません。しかし、レプチンの生産、働きを促す食材は、代謝を高めダイエットに効果があります。

1、グレープフルーツ

グレープフルーツ レプチン値

グレープフルーツは柑橘系の果物で、脂肪を燃やし代謝を高めてくれる働きがあります。しかもビタミンCを多く含み、食べた物を効率よく、早く消化させてくれます。よって、たくさんのカロリーが燃焼され、脂肪の蓄積量が減るということです。

こちらの記事もお読みください:グレープフルーツを食べて糖尿病を予防しよう

2、全粒の穀物

全粒の穀物は栄養価が高く、その複雑な炭水化物の性質で、代謝を高め、インスリンの値を一定に保ってくれます。玄米、オートミール、フラックスシードなどが一例です。また、全粒の穀物はコレステロールの値を下げてくれます。

3、ブロッコリー

ブロッコリー レプチン値

ブロッコリーはビタミンCとカルシウムをを多く含み、脂肪の燃焼を助け、代謝を促します。また抗酸化成分も多く含みます

こちらの記事もお読みください:ブロッコリーの健康効果

4、魚

魚の油、サーモン、イワシ、マグロはオメガ3脂肪酸を含み、体内のレプチン値を下げるのに適した食材です。体内のレプチン値が上昇しすぎると肥満と関連があります。

5、アーモンド

アーモンド レプチン値

アーモンドはビタミンE、食物繊維、他の栄養素、健康に良い一価不飽和脂肪酸を含み、バランスのとれた代謝を促します。

6、ほうれん草

果物や野菜の中でも、ほうれん草は食物繊維を豊富に含み、レプチンの生産を高めてくれるので、満腹感を感じやすくなります。

7、人参

人参 レプチン値

人参はカロチンのかたまりで、抗酸化物質が脳のレプチンに対する敏感さを高めてくれます。人間の体はレプチンを消化システムから摂取、吸収できないので、生産するしかないのです。

これらの食材がどのように体に影響するか?

上記で紹介した食べ物は、レプチンの値に対する敏感さを高める働きがあります。よって、素早く体重を落とせるということです。また、

などの働きもあります。

レプチンを活性化させるために

レプチンには、脂肪細胞から放出された場合、食欲を抑制してくれる働きがあります。レプチンの働きや、体重の管理を考え、下記のことに注意しましょう。

  • 日中の食欲を抑える:脂っこい食べ物を摂取するほど、レプチンのサインを受け取るのに鈍感になってしまいます。
  • 睡眠不足でレプチンに鈍感になる:十分な休息と睡眠を取ることが大切です。
  • 睡眠不足に悩まされている方は、体重に悩まされていることが多いです。
  • 毎日同じ時間に6〜8時間の睡眠を取るのが良いとされています。
  • ストレスを制御するために毎日適度な運動をしましょう。
  • 1日30分の運動をすると、体は新しい筋肉を育てようとします。すると、脂肪の燃焼スイッチが入ります。
  • また運動は、喜びや、欲と関わりがあるオキシトシンを促進しすることで、ダイエットの効果を高めてくれます。
  • 炭水化物と砂糖の摂取を少なくする。
  • 食事の時間を決めましょう。少量を時間を決めて食べることで、体重も減り、レプチンを活性化することができ、食欲を抑制することができます。

Klok, M. D., Jakobsdottir, S., & Drent, M. L. (2007). The role of leptin and ghrelin in the regulation of food intake and body weight in humans: A review. Obesity Reviews. https://doi.org/10.1111/j.1467-789X.2006.00270.x

de la Garza, A. L., Etxeberria, U., Haslberger, A., Aumueller, E., Martínez, J. A., & Milagro, F. I. (2015). Helichrysum and Grapefruit Extracts Boost Weight Loss in Overweight Rats Reducing Inflammation. Journal of Medicinal Food. https://doi.org/10.1089/jmf.2014.0088

Jensen, M. K., Koh-Banerjee, P., Franz, M., Sampson, L., Grønbæk, M., & Rimm, E. B. (2006). Whole grains, bran, and germ in relation to homocysteine and markers of glycemic control, lipids, and inflammation. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/83/2/275 [pii]

Aborehab, N. M., El Bishbishy, M. H., & Waly, N. E. (2016). Resistin mediates tomato and broccoli extract effects on glucose homeostasis in high fat diet-induced obesity in rats. BMC Complementary and Alternative Medicine. https://doi.org/10.1186/s12906-016-1203-0

Jönsson, T., Granfeldt, Y., Erlanson-Albertsson, C., Ahrén, B., & Lindeberg, S. (2010). A paleolithic diet is more satiating per calorie than a mediterranean-like diet in individuals with ischemic heart disease. Nutrition and Metabolism. https://doi.org/10.1186/1743-7075-7-85

M., H., L., S.-K., K., M., & J., K. (2014). The effect of almond consumption on satiety and the postprandial metabolic response in high-risk pregnant women. FASEB Journal.

Cao, G., Russell, R. M., Lischner, N., & Prior, R. L. (1998). Human Nutrition and Metabolism Serum Antioxidant Capacity Is Increased by Consumption of Strawberries , Spinach , Red Wine or Vitamin C in Elderly Women 1 , 2. The Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1093/jn/128.12.2383

Potter, A. S., Foroudi, S., Stamatikos, A., Patil, B. S., & Deyhim, F. (2011). Drinking carrot juice increases total antioxidant status and decreases lipid peroxidation in adults. Nutrition Journal. https://doi.org/10.1186/1475-2891-10-96

Martins, A. S., Crescenzi, A., Stern, J. E., Bordin, S., & Michelini, L. C. (2005). Hypertension and exercise training differentially affect oxytocin and oxytocin receptor expression in the brain. Hypertension. https://doi.org/10.1161/01.HYP.0000175812.03322.59