レモンを使ったスリムダウン方法

· 2月 26, 2019
レモンはその豊富なビタミンCの含有量で知られていますが、実は減量効果や満腹感を持続させる効果、そして老廃物を体外に排出させる効果が期待できる食品です。

栄養価の高いレモンを水と混ぜたレモンウォーターには、健康への効能が数多くあります。

そのため、レモンウォーターを、健康的でバランスのとれた食生活と組み合わせることで、減量効果を促進するのに役立ちます。

本記事では、レモンを活用してスリムダウン効果を促進する方法をご紹介しましょう。

レモンの栄養価

レモンの栄養価

豊富な栄養を含むレモンの100gあたりの栄養価をご紹介します:

  • 27.66カロリー
  • タンパク質 0.69 g
  • 炭水化物 3.16 g
  • 食物繊維 4.7 g
  • 脂肪 0.3 g

レモンには、カルシウム、鉄分、ヨウ素、マグネシウム、亜鉛、セレン、ナトリウム、カリウム、リンなどのミネラルと、そしてビタミンA、B(B1、B2、B6、葉酸)、C、そしてDが豊富に含まれています。

また、グルコース、フルクトース、およびスクロースのような炭水化物、そしてパルミチン酸およびリノール酸のような脂肪酸を含みますが、わずかな量しか含まれていません。

これらの豊富な栄養価により、レモンは健康的な食生活に欠かせない食品と言われています。

レモンの特徴である強い酸性の風味が苦手だという方もいるかもしれませんが、絞ったレモン果汁を水で希釈したレモンウォーターには、多くの効能があります。

次に、レモンを摂取することで期待できるスリムダウン効果をご紹介しましょう。

こちらもご覧ください:レモンウォーターを飲むことで得られる効能

減量促進にレモンを役立てる方法

減量効果が期待できるレモン

レモンは、腎臓や膀胱のような体内器官を介して毒素を取り除くのを助ける天然の利尿剤として作用します。

レモンを定期的に摂取すると尿の量が増え、腎臓を清潔で健康的に、そして活動的に保ちます。

レモンには血液中の脂肪を減らし、動脈壁に脂肪がたまるのを防ぐフラボノイドが豊富に含まれています。

レモン果汁の成分は、人間の唾液に似ており、胃での胃液の生成を促進することにより、消化プロセスをより簡単かつ迅速にするサポートをします。

レモンには、体内の酵素の機能を最大化するのを助けるクエン酸が豊富に含まれているため、肝臓がより効果的に機能するのを助けます。

そして人間の健康に欠かせないビタミンCを豊富に含んでいるため、免疫システムを最高の状態に保つのに役立ちます。

前述したように、レモンには大量の可溶性食物繊維、特にペクチンが含まれているため、通常よりも満腹感を得られる効果が期待できます。

そのため、食べ過ぎを予防することで、減量効果を促進すると言われています。

レモンはまた、ストレスや不安を軽減することによって気分を高揚させます。

消化不良、胃酸過多や逆流、ガスの予防、体内の炎症や体液貯留を緩和することで、体調がよくなります。

ご存知ですか?:腎臓結石にはレモンとオリーブオイルとアップルサイダービネガー

レモンの利点を活用して減量効果を促進する方法

搾りたてのレモン果汁に、白湯または冷水を加えて飲みましょう。

白湯には腸の動きを改善する効果が期待できるため、レモン白湯が腸の浄化と便秘の解消に役立つと言われています。

レモンを定期的に摂取することで、便秘を解消するのに役立つ上、利尿作用があるため、尿を通じて老廃物や体液を排出する効果が期待できます。

  • 毎朝、レモン果汁と水(または白湯)を加えたものを1杯飲んでください。
  • 食事の30分前に飲むと、脂肪に効果的に働きかけるだけでなく、体内に脂肪が蓄積されることによって起こる健康上のリスクを軽減するのに役立ちます。

最後に、レモンの酸味が平気な場合は、レモンを一切れ食べるか実を吸うことで、お口の健康維持効果があります。

これは、レモンに含まれる抗菌物質により、ある特定の口腔疾患を予防する効果が期待できるからです。

  • Fukuchi, Y., Hiramitsu, M., Okada, M., Hayashi, S., Nabeno, Y., Osawa, T., & Naito, M. (2008). “Lemon Polyphenols Suppress Diet-induced Obesity by Up-Regulation of mRNA Levels of the Enzymes Involved in β-Oxidation in Mouse White Adipose Tissue”, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 43(3), 201–209
  • Kang DE1, Sur RL, Haleblian GE, Fitzsimons NJ, Borawski KM, Preminger GM., “Long-term lemonade based dietary manipulation in patients with hypocitraturic nephrolithiasis”J Urol. 2007 Apr;177(4):1358-62; discussion 1362; quiz 1591.
  • Aras B, Kalfazade N, Tuğcu V, Kemahli E, Ozbay B, Polat H, Taşçi AI., “Can lemon juice be an alternative to potassium citrate in the treatment of urinary calcium stones in patients with hypocitraturia? A prospective randomized study”, Urol Res. 2008 Dec;36(6):313-7.